また一難が去って…もう大丈夫?

d0035025_11361439.jpg明日から天気が崩れるとの予報。朝8時から畑レスキュー隊員3名がジャブジャブと泥をさらった。去年はセリの宝庫だった辺りだが、今年はこうやってかき出すしかない。西の道路際の水路もしばらく使われていないために土や枯れ草が積もっている。ここもさらわなければーー黙々と励むうちに小一時間が経過し、排水パイプへ流れ込む水音が聞こえ出して、ワ〜イ (^_^)v
田んぼが休耕になるとどうなるか、(特に田んぼにとって大切な)水とどう付き合うのかーー身体で学習できたのは貴重である。ポイント獲得!
[写真 疲れて看板に寄りかかっている私たちではなく、役立ってくれたすぐれモノの道具たち]
[PR]
# by midori-net21 | 2005-05-05 11:56 | 農的生活・喜怒哀楽

5月上旬 畦で見つけた植物 

d0035025_192125.jpgハルジオン
花がつぼみのときは下を向いていて、開くときにピンと上を向く。花はピンクまたは白。春に咲く(紫苑)として、牧野富太郎博士によって名づけられたが、よく似た植物にヒメジョオンがあり、その名前にひかれて、ハルジオンになってしまった。
北アメリカ原産、1920年に日本にやってきた。

若芽を茹でて、水でさらして、おひたしにして食べられる。押し花にすると、花が紫色になる。ほかの植物の押し葉と混ぜて、額縁に入れ、かざりものにする。ヒメジョオンは同じ帰化植物で、花がハルジオンが終わってから咲き出す。(♡今日、カモミール畑で花摘みをしていた夫が、花の変種があるといったので見に行ったら、白いハルジオンだった)。 <ふきのとう>
[PR]
# by midori-net21 | 2005-05-04 19:01 | 庭・畦・小径でこんにちは

サブ師匠、排水パイプからワイルドに泥をかき出す

d0035025_18542267.jpg夕方、サブ師匠が来てくれた。「午後見に来て、水詰まりの原因を突き止めたよ」だって。第一に、我々が掘ったつもりの水路の深さが足らないこと。第二に、西側道路際の水路につながるパイプ(写真)に泥が詰まっていること。「両方とも手で(!!)泥をかき出したら、やっとちょろちょろ流れ出したけどさ」と。なるほど、確かに水が流れ出ている。
先日、細腕三人で「これ、な〜に」と首をひねった地中のあの塩ビのパイプは、先人達の苦労の跡だったのだ。

よって、明日からまた交替でドブさらいが始まる、ギャア! 手で泥をかき出したという親方方式を、即座に名付けて「ワイルド農法」ーー私たちのは、まだまだ半端農法のようだ(詠嘆)。
[PR]
# by midori-net21 | 2005-05-04 18:57 | 農的生活・喜怒哀楽

明日は雨ー−大丈夫だろうか

d0035025_17525449.jpg山梨県中西部ではずっと乾燥注意報が出ていたから、雨は有難いはずなのだが。
夕方畑に行って見て心配になった。相変わらず東から水が流れ込んでいる。水路の際も、この通り湿地状態になっている所もある。もし今日の西日本のような雨量になると……暗い気分で帰宅した。4月はえらい強風で始まったが、水難の相もあったとは(詠嘆)。<オニヤンマ>
[PR]
# by midori-net21 | 2005-05-01 15:55 | 農的生活・喜怒哀楽

馬鈴薯レスキュー部隊かく働けリ

d0035025_13264816.jpgd0035025_1433496.jpgスコップ持って現れた救助隊員は細腕3人。サブ師匠の指示通りに土木作業にかかる。石や即席土嚢で水止めしながら黙々と励むこと2時間余、応急処置が終わった。「開拓の人々の苦労が判る」としみじみしたり、「見事な働き!天才かも」と自画自賛したり。右写真が作業後。
田んぼの水路にはおたまじゃくしが泳ぎ、イトトンボがすいすい結婚飛行中。四月最後の日はのどかに暮れそうだ。
[PR]
# by midori-net21 | 2005-04-30 13:56 | 農的生活・喜怒哀楽

ジャガイモ畑が、なんと水田になっている!

d0035025_18994.jpgおう、のう!と叫んでしまった、日本語で。
入院中の師匠を見舞った帰りに畑に寄ってみたのだ。「上の方で圃場整備をしたから、水の使い方がかなり多いぞ。梅雨の頃までに水路をつくるといいな」と言われたが、誰もの想像範囲を越える事態発生だ!愛しいジャガイモ畑がこんな有様になっている(涙)。いやいや、メソメソしてはいられない。「あれ〜っ、助けてえ」なんてお姫さまごっこをやっている場合ではないのだ。

More(つづきはこちら)
[PR]
# by midori-net21 | 2005-04-29 18:13 | 農的生活・喜怒哀楽

あ〜っ、こんなに水が押し寄せて!

d0035025_1663167.jpg朝から大騒ぎ。東の畑の水路から我らがジャガイモ畑にじょじょじょっと水が流れて来るではないか!大慌てで頼みの親方に聞くと、「かえって乾燥防止になって良い結果が出ることもある。それが自然というもの。焦ることないよ」と言われて、ほ〜〜っ。
実は、春の準備の基本として北側に水路をつくるよう師匠から言われたのに怠っていた。甘かった!お蔭で花の連休というのに、スコップかついで畑に出勤となりそうだ。<オニヤンマ>
[PR]
# by midori-net21 | 2005-04-28 16:18 | 農的生活・喜怒哀楽