コールラビがこんなに肥えて

d0035025_1673750.jpg
夕方畑に着くと、カラスが一羽バタバタと飛び去っていった。いやな感じ。悪さばかりする連中なのだ!昨夏のカラスの大群とのバトルを思い出す。
コールラビはこんなに丸々として、スリムとはとても言えない体型になって来た。これでいいのだろうか。<オニヤンマ>
[PR]
# by midori-net21 | 2005-06-06 20:13 | 農的生活・喜怒哀楽

これ、なんの幼虫?

d0035025_7111752.jpg

アカザの葉っぱの上にいました。
つぶしちゃダメ!
アブラムシを食べてくれます。

More(解答へ)
[PR]
# by midori-net21 | 2005-06-03 07:15 | 庭・畦・小径でこんにちは

6/1 みんなで追加作業に励んだ 2.

d0035025_18435627.jpgd0035025_18444366.jpg柔らかな春菊の間引き菜と、たっぷり太って押し合いへしあいしていた間引き二十日大根は、労働の報酬。
                <ふきのとう>
[PR]
# by midori-net21 | 2005-06-01 18:45 | 農的生活・喜怒哀楽

6/1 みんなで追加作業に励んだ

草抜き大好きという<みずき>、刈払機がなかなかの腕前の<ホタル>、支柱立てはやっぱり<どんぐり>におまかせ。<ふきのとう>

d0035025_18333530.jpgd0035025_18375867.jpg
[PR]
# by midori-net21 | 2005-06-01 18:40 | 農的生活・喜怒哀楽

5月下旬 畦で見つけた植物

d0035025_15265158.jpg
5/27の シロツメクサ を参照
[PR]
# by midori-net21 | 2005-05-30 15:25 | 庭・畦・小径でこんにちは

北日本は低温注意

先日畑の入口で立ち話をした。お相手は二三年前に定年退職して田んぼを始めた方。「今年はいつまでも寒い」というのが最近のトピック。14日の遅霜でズッキーニがやられ、15日に植えた稲が白っぽくなってしまったそうだ。
そう言えば、今年は桜の開花が遅かった…。植付は山の残雪の形を見て、コブシまたは桜が咲いてから、カッコウが啼いてから、などその土地によって様々な言い伝えがあるが、昔の人も天候には苦労したのだ。いろは塾のサブ師匠は「田植えは5月20日まで待つ」とズバリ言う!<オニヤンマ>
_______________________________________
5/26付の日本農業新聞によれば、「5月前半は低温が続き降雨も多かったことから、北日本の農作業や生育に遅れが出ている」また「夏に北日本が低温となる可能性は30%程度。列島北側上空の気圧配置が大きく蛇行し、寒気が流れ込みやすい形になる。その状況が大冷害をもたらした1993年と似ているため、一時的に北日本を中心に寒気が流れ込む恐れがある」と気象庁が注意を呼び掛けているそうだ。
[PR]
# by midori-net21 | 2005-05-28 08:19 | 季節と天気と生きものと

5月下旬 畦で見つけた植物

d0035025_1994347.jpgシロツメクサ
丸い花は、たくさんの小さな花の集まり。アカツメクサも含めて、英名クローバ。ともに、枯れ草が江戸時代に輸入したギヤマングラスの梱包用に使われたので、詰草(ツメクサ)の名がついた。明治時代以降は牧草として繰り返し移入され栽培されていたという。
♧ ちなみにわたしは、この花のアレルギー。花を良く見るとかわいいので、数本コップに挿してキッチンに置いたら、くしゃみと鼻水。かつて、庭にいっぱい咲いていた過去があるからか。<フキノトウ>
[PR]
# by midori-net21 | 2005-05-27 18:48 | 庭・畦・小径でこんにちは