<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

菜種雑感・枯れ葉色の高原で ナタネがゆっくり生育中

d0035025_20192394.jpg
霜月の終り。強風が止んだ空に、枯れススキがすくっと。
d0035025_20194098.jpg
誰もいない畦。枯れアザミがふわふわっと。
d0035025_20195262.jpg
八ヶ岳もすっかり枯れ葉色。

コメづくりが終り、残るは畑のナタネのみ。去年の試験的栽培とは違い、広い面積で栽培するとなるとなんだかんだ新たな問題がつきまとうわけで、ナタネよ、ナタネと、ぶつぶつ唱えながらいつもの道を上っております。

夕なずむ八ヶ岳から、また明日! 風よ吹くな。雨降るな。
[PR]
by midori-net21 | 2010-11-30 20:43 | こちら 菜種クラブです

風吹く冬日 ずっしり重いカリンの実で何つくろうか?

d0035025_1712064.jpg
毎年今頃になると目につく花梨の実。ずっしり重そうな黄色い実が青空に映える。
d0035025_1712829.jpg
公共の場所だが、ほら、誰も拾わないと見えてたくさん落ちている、ふふっ。
d0035025_10193828.jpg
というわけで、今年も有難く我が家の窓辺におさまった。さて、カリン酒? それとも蜂蜜漬け? どちらも喉によいと言われる。自分で作る時のコツは、種も必ず使うこと。種のエキスが効くのだから。 
 ▶こちらのかりんのハチミツ付けサイトは、作り方の説明が親切。ご参考まで。

未明からやつ颪が吹き荒れた一日。西の甲斐駒一帯は高ぁい雲の屏風に暗ぁく覆われている。冬本番だ! 

では、ここで食前酒。熱いカリン酒の登場ということに。はい、いただきます♫
[PR]
by midori-net21 | 2010-11-29 17:37 | うまい 美味い 巧い!

籾すりの日 みんなの手づくり無農薬玄米を手にしてにっこり!

d0035025_15142594.jpg
日の出とともに起床し、隣町の籾すり会場へ。藁葺き、入母屋づくりの改造古民家は今年も冷えきっていた。座敷や板の間にいつになくワラ状のゴミが散っていたので、せっせと掃き出す。(注)藁葺き屋根に吹き付ける強風の仕業なのだそうだ。
d0035025_15221389.jpg
西に甲斐駒。誰もが嫌う北西の風が一日冷や冷やと吹いていた。
d0035025_15513813.jpg
d0035025_15512934.jpg
 一昨年、そして昨年に続き三度目の籾すり。籾すり機で二度する。出て来る玄米は、みんなの手づくり、正真正銘の無農薬のコメ! 感激の瞬間ね。
d0035025_1604987.jpg
地面に散らばったコメも一粒、一粒大事に拾う。自分がお百姓さんだったのだから、当たり前です! 

「収量は今後の課題」と尾形講師が総括。慣行農業では「一反十俵」が普通なのだが、自然農を試みるいろは田んぼでは、その四分の一とはこれ如何に?! 標高差、水源(湧水)が近く水温が低いこと、コメの品種、田植えの時期……。「これで納得」というレベルに達するまでにはあと数年はかかるのかもしれない。

シカや雀が何度も試食しに来たことを考えると味は良いはずだが(笑)
d0035025_16214983.jpg
最後に米袋を手にすると、みんな笑顔になる。苦労が報われる瞬間……。

次回は打ち上げ、新春餅つきイベントです。それでは、良き新年には佳き初夢を!
[PR]
by midori-net21 | 2010-11-28 16:31 | いろは田圃の稲パワー!

八ヶ岳南麓 畑の冬支度を淡々と続けています

d0035025_16503268.jpg
ぬくとく過ごしやすい日和だからと油断していると、夕方早いうちから急に冷え込んでくるのが高原の冬なのだ。早々に畑から引き上げて帰宅する。

明日は田圃で精出したコシヒカリの籾すりと来たもんだ。この作業の朝は、毎年決まってキーンと晴れ上がる。いえ、寒くない、寒くない!
d0035025_16504629.jpg
ダンコウバイの葉は、枯れても淡々と転がり、あるがままに堂々としている。
              サウイフモノニ ワタシハ ナリタイ……。
[PR]
by midori-net21 | 2010-11-27 17:28 | 季節と天気と生きものと

八ヶ岳の青空 11月26日(金)午後1時7分

d0035025_16574921.jpg
ぬくとく過ごしやすい一日だった。長期予報によると、12月は平年より寒く、2月は暖かいそうだ。11月に残された3、4日で庭と畑の冬支度をやってしまおう・・・できるか? 
[PR]
by midori-net21 | 2010-11-26 17:02 | 季節と天気と生きものと

モミジさん、さようなら、また会う日まで♫

d0035025_813536.jpg
d0035025_832029.jpg
暖かい初冬の朝。柔らかい針のような落葉松の葉が散り敷き、ヤマモミジはついにさよならモードに変わった。酷暑に見舞われた初秋の後に寒さが早めに訪れたため紅葉が格別に色鮮やかだったと聞く。いつまでも記憶に残る秋になるだろう。 
                              撮影日2010.11.24

[PR]
by midori-net21 | 2010-11-26 08:14 | 季節と天気と生きものと

今年最高のお弁当に感激!

d0035025_20414397.jpg
我が家の弁当といえば、農のイベント日にせかせか用意するおむすび2個と前の晩のおかずの残りものと決まっている。自分でつくる弁当って驚きがないしつまらない、と常々思っていたので、ジャ〜ン! このように手づくり、心のこもった家庭の味が丁寧に盛られて出されると感激してしまうのだ。
食材はすべて地元産という。大いに宣伝したいところだが、食べるのに夢中で説明を聞き逃してしまった。いつか詳しく紹介したいものだ。では、取り急ぎ。
 (注)左下、ラップの下はおこわと花豆。右横の野菜の天ぷらの下は普通のご飯。凝ってます。

[PR]
by midori-net21 | 2010-11-25 20:58 | うまい 美味い 巧い!

秋が散った庭に賑わう常連の野鳥たち

d0035025_16471869.jpg
     客人が去ったテラスに、ヤマガラ、シジュウカラが訪れる朝
d0035025_16393999.jpg
             ヤマモミジが散って行く。

[PR]
by midori-net21 | 2010-11-23 17:09 | 庭・畦・小径でこんにちは

八ヶ岳 晩秋の旅人たちに黄葉のプレゼントが当った♪

d0035025_10171151.jpg
やれ風か、霙か、小雪かと散々心配したけれど、うわぁ、素晴らしい朝が明けた。
d0035025_10172246.jpg
カラマツがお出迎えしています。はたけ番も今日は久しぶりのお休み。旅気分で一緒に過ごそう。
[PR]
by midori-net21 | 2010-11-20 10:25 | 季節と天気と生きものと

落葉松の黄葉が輝く夕べ 黙々と大根を抜く

d0035025_16533765.jpg
黄葉した樹冠がぎざぎざ連なる落葉松。すでに西の山並みが透けて見える。昨日の午後には気まぐれな雪がちらついたし、そうだ、冬はそこまで来ている。
d0035025_1585100.jpg
出かける前に畑に寄って大根を何本か引き抜く。源助大根。暑さが残る時期の種蒔きとなり、しつこいカメムシにやられて、追い蒔きを繰り返す羽目に。結果、去年ほど立派な出来にはならず。ざ、残念! おっと、ここにも可愛いテントウムシ見っけ。

[PR]
by midori-net21 | 2010-11-19 16:56 | 季節と天気と生きものと