<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

親愛なる読者の皆さまへ・・・

 4年前の4月に「いろは塾二年目に突入」でデビュー以来、途中お休みしたり、連続更新やランキングにチャレンジしたりしながら続けてきたブログですが、標記「農のいろは塾」が閉塾し、古代米組との合同打ち上げ試食会が終了するとともに田畑の活動記録も完了する時が来ました。

 思い起こせば、文字通り「農のいろは」から始めなければならなかった未熟者のはたけ番mizki^^;ですが、この4年間畑や田んぼの現場で得たものの豊かさと幅の広さ、それと同時進行して個性的なブロガーの方々から大いに勉強させていただいたことに感謝の思いで一杯です。
 先ほど、お馴染みリンクサイトなどをひと回りしてきました。うーん、皆さまとの4年間にはずっしり充実感があります! 皆さまが、これからも農と食への思いあふれる暮しの中から発信されることを期待し、↓ エールを送ります ↓(順不同)。

More 以下につづきます
[PR]
by midori-net21 | 2009-01-31 22:49 | ご挨拶 エトセトラ...

八ヶ岳南麓 冬来たりなば 春遠からじ

d0035025_1726155.jpg
 1月31日。梅の蕾がほんのり淡く色づいている。このところ妙に温かいせい?
 
d0035025_17274374.jpg
  4日前の1月27日ーー畑の堆肥場の屋根を取ってみた。相変わらず発酵の気配も見られず冷たいまま。うーむ、2月15日(日)が天地返しの予定なんだけど……。その日畑で青々と元気なのは、日本ホウレンソウだけだった。
d0035025_17281872.jpg
 それから田んぼに立ち寄る。まさに冬枯れの景色である。ここで、古代米組一期生がわいわい働いていた頃が遠く、と お く 思える。初めての苗代づくり、どしゃぶりのお田植え、水で一喜一憂したり、いもち病の発生を見つけて卒倒しそうになったりもしたっけ……。
 予期しなかった出来事は、シカの食害だったが、最近こちらのサイト猪猟師・「山の野生動物」を語るを読んで、野生動物対策について考え込んでしまった。里山にいるヒトにとって動物は増えているように感じられるけれど、本来の生息地(山)では減っているのだと。春からまた田んぼを始めるのだが、次回はより複雑な悩みが待っていそうだなぁ……。
d0035025_17282935.jpg
 ヒト(特に国の官僚)のNO政、浅知恵や私利私欲(特に だれ?)が引き起こす数々の問題が山積しているのが日本の農業なのかもしれない。そこで、むむ〜っと文句垂れたいはたけ番mizki^^;だけれど、こうしてスカーッとして微笑って応えてくれる八ヶ岳。そうです、"やつ" は、自然は、永遠です。    撮影日 1月27日

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-31 17:57 | 農的生活・喜怒哀楽

パッと陽気なイタリア野菜のタネ 新しいいろは畑の夢が咲きそう!

           イタリア在住のHIROさんから送られてきた野菜のタネ
d0035025_965335.jpg
 昨年は、記事「今春の農のいろは塾は、ちょっぴりイタリアン! お洒落な野菜畑になりそうです」で紹介したように、見慣れぬイタリア野菜、黒キャベツやロマネスコ、紫カリフラワーなどに挑戦してドキドキすることが多かった。
 手作り・手料理がお得意のHIROさんが料理研究家ではなく、なんとオペラ歌手! と知った時には驚いたり、納得したりであったが、今年もお忙しい中また送られてきたのが上の画像のタネである。夏に記事を載せた「フルーツほおずき」も入っている。「日本じゃ高いですね、イタリアではスーパーで売ってますよ」とのこと。他にもパープルインゲンや風変わりなトマトなど。HIROさん、応援有難うございます。イタリアも寒そうですが、健康第一でお仕事頑張ってくださいね!

 「農のいろは塾」は終了したが、畑は今後も借り続ける予定だ。年は召されていても常に革新的だった農の生き字引、小林師匠亡き後、無い知恵しぼって新しい企画について話し合うことすでに数ヶ月ーーな、長過ぎる!ーーそろそろ結論出さなくっちゃ……。
 タネは育苗のプロである "どんぐり" さんに渡してあるので、そのうちに彼女の花ブログ、八ヶ岳南麓の花畑 花遊び(そこでは "ニャオー"さん)に様子が掲載されることと思う。私、はたけ番mizki^^;も、やっとスペースの出来たサンルームでちょっぴり試みるつもり。
 「塾」は無くなっても、今年もまた "いろは畑"の 春に乞うご期待!

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-29 09:51 | いろは塾 2004ー2009

今晩7時 FM八ヶ岳"ヒューマン&ネイチャー"のゲストは

                  葉を付けたまま鉢の中で夏を越した耐寒性シクラメン
d0035025_16201898.jpg
 ゲストに環境カウンセラーMKさんが初めて登場されたのは、先月のこと。新年が明け、1月20日(金)に収録した分の放送日がなんと今日だった! イベント準備でわさわさしていて、うっかりしてしまった。
 今回もテーマは「環境活動」。環境省環境カウンセラー市民部門に登録10年というKさん(長坂町在住)がゲストで、子どもエコクラブなどについてお話を聞いた。番組収録後、立ち話をするうちに彼女が子ども時代に体験した農業の思い出話が始まりーー私としては初耳でーーいつまでも盛り上がってしまった。

 今夜26日(月)午後7時からが再放送。Kさん、遅れて済みません。花違いですが、ささやかながら画像をプレゼントします。

 周波数82.2Mhz、FM八ヶ岳ーー多様なゲストによる興味深いお話が聞ける "ヒューマン&ネイチャー"。土地勘のある地域のラジオ放送って、なかなか面白い。聴取可能な方は、どうぞ聴いてみて下さい! 

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-26 16:39 | 地域活動の現場 レポート

お米のイベント開催 田畑での一年間の活動の総まとめの日

d0035025_16582621.jpg
 畑と田んぼに分かれて活動した2008年度もそろそろ年度末。生協さんとの共催で合同イベントを開催することになり、特に古代米組の皆さんが零下7度の早朝から張り切って集まってくれた。では、レポートを……。
d0035025_16592533.jpg
 スタートは、研修室で座学。生協の食育スーパーバイザーGさんが環境保全型の米づくりや新潟のJAを訪問した時のお話をしてくれた。生産者と消費者のつながりを大事にする生協ならではの企画だ。「米を一日二食以上食べる人」は、この集まりでも三分の一に満たなかったが、自分が食べている米の作り手の顔を知っている人って、日本中にどれくらいいるのだろうか。
d0035025_16594697.jpg
 さて、第二部は三種類のおにぎりの試食会。生協提供の「コシヒカリ」の塩にぎり、 9組の作り手が集まった古代米にぎり(米1合に小さじ1の割合)の登場である。赤米は赤飯のルーツ、黒米はおはぎのルーツと言われるが、それぞれに味わいがあってしみじみ見つめてしまうのであった。
d0035025_16595886.jpg
 そしてフィナーレは餅つき! 12月中旬にも行ったので、手慣れたものである。今回使ったのは、長坂自然農の会のもち米3升(玄米を5分づきにしたもの)。う ま い !
 こうやって毎回熱心に見守るおチビちゃんだから、将来はきっと立派な"餅つき人"になることだろう。この子の餅を食べる日まで長生きしたいものだなぁ。
d0035025_1701051.jpg
 シンプルに「おろし餅」と「きな粉餅」の二種類としたが。青首に辛味大根と紫色のも加えて3種類のおろしが好評だった。画像右手の道具、持ち主が30年前にどこかで買ったという「鬼おろし」板に「いいなぁ、ほしいなぁ」という声がしきり。良い道具を大切に長く使うーースローライフのお薦め、ここでもね。

 さあ、今年も田んぼを続ける。第二期いろは古代米組が始まるのは3月22日だ。春の訪れはまだ遠い先だが、自分でつくった米を口にして、じわっとした感動を味わっている……。皆さんも、寒い中どうもお疲れさまでした。

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-25 18:05 | いろは田圃の稲パワー!

ロンドンのバラ・マーケットって楽しそう! 5/5

d0035025_2034839.jpg
 トマト屋さんだろうか。ちょっとメタボ系のおにいさんが、「可愛いトマトだろっ」なんて威勢良くしゃべってる感じ。右手には、 美味しいチェリートマト、Piccolo ピッコロがどっさり並んでいる。その左隣は、判読できる日までお待ちください、

 
 左は、セミハード系のチーズ屋さん。この他にも、実に豊富なチーズのお店が出ている。中央は、パン屋さん。イギリスでは、カリッと焼けた薄いトーストが美味しかったことを思い出してしまう。右は、チョコレート屋さん。そう言えば、日本ではまもなく熱いバレンタインの日が来るなぁ……。

 ロンドンでのバーチャル・ショッピングもそろそろおしまい。農のいろはブログが終わりに近づいた今、ステージを風吹く八ヶ岳の麓にもどさなくては。明日25日は、野菜畑と古代米田んぼの合同イベントの日である。コープやまなしとの共催で、親しみ深いお米がテーマなので、どうぞお楽しみに!
[PR]
by midori-net21 | 2009-01-24 20:45 | うまい 美味い 巧い!

大寒 北巨摩に降る雪に真夜中の散歩者の置き土産 発見!

                     下の画像は1月12日(月)撮影のもの。
d0035025_17372655.jpg
 閑話休題。タイトルとして、「北杜(ホクト)市に降る雪・・・」じゃ、まるで天気予報になってしまう。由緒と地域色のある「北巨摩」でなくっちゃ! 
 はたけ番mizki^^;が住んでいるのは、5年前の秋に町村合併する前は北巨摩郡と呼ばれるひなびた(?)地域だった。それが、なぜか「北巨摩市」にならなかったという不透明ないきさつがあり、だからこそ将来道州制が導入される暁には、信州側と合併して「八ヶ岳市」(フリガナいりませんよね)になるのでは…、と期待する人も決して少なくないはず。ふふっ。
d0035025_1738588.jpg
 今朝はどんよりして、いかにも降りそうだったが気温はやや高めで、いくら見上げても何も降って来なかった……。さて、雪が降った後に辺りを見回ると、日ごろ見かけない足跡がいっぱいだ。いや、ヒトの足跡じゃないでしょ、これは。
d0035025_17383486.jpg
 ズームアップして見るまでもなくヒトのよりも遥かに小さいし、決して長靴の跡には見えない。時としてお土産も残されていたりするーー犬のものとは違うそれをご覧になりたい方、います?

 去年の夏、田んぼで悩まされた彼らが健在であることをしっかり確認できた真冬の朝。今年の田んぼの行く末を思うと武者震いが止まらないのである。ぶるぶるっ。

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-20 18:29 | 庭・畦・小径でこんにちは

9月のバラ・マーケット 4/5  季節が香るきのこ屋さんにて

                      写真提供 スタッフのS(ホオノキ)さん
d0035025_17214278.jpg
 きのこ屋さんで見つけた英語、"PLEASE DO NOT TOUCH"ーー誰でも分かる表現だが、この大きめでふわっとした感じのビーフステーキ・マッシュルーム(キロ14ポンドーー昨年9月なら、£1は¥200くらいか?)に、触って確かめたがる人が多いのだろう。このビフテキもどき・きのこって、ちょっと食べたくなる魅力があると思う。どなたか、味わった感想をお聞かせください!

 さて、その後ろの列にもたくさん並んでいる。
・まず、左から Chanterelle(シャンテレル うすたけ)、キロ18ポンドとは高い! 二つ置いて右の Girolle (ジロール、うすたけ)とは同じアンズタケ科で、ほんのり甘い香りがするそうだ。値段に差があるのは、高い方がずっと美味しいからか。
・その右は、Shitaki(シタキ)、キロ10ポンドとは、買いやすい値段ーーと思って、よく見ると、「しいたけ 椎茸」なんですね(笑)。
・そのお隣の Pied de Mouton(ピエ・ド・ムートン、英語名 Wood Hedgehog)は、知る人ぞ知る貴重なきのこらしい。値段もキロ18ポンド。

 その後ろの列にも、日本でもお馴染みのエリンギやマッシュルームのようなきのこが並んでいるが、写真では判別が難しい。かく申すはたけ番mizki^^;、山梨に来るまでは自生するきのこを採って食べた経験がほとんどない。こちらに来て、初めてハナイグチ(この地域ではジコボウと呼ぶ)だのクリタケだのに毎年お目にかかるようになった。
 山梨日々新聞社発行の「山梨のきのこ」という本によると、県内には185種ほどのきのこがあるそうだ。先ほど登場したアンズタケについては、「日本ではあまり利用されないきのこだが、味は良い。おまけに、乾燥させると、アンズに良く似た芳香がある」とのこと。「あ、あれね、そうそう」という方、どうぞ感想と食べ方を教えてください。

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-18 18:14 | うまい 美味い 巧い!

9月のバラ・マーケット 3/5  どさっと積まれたアーティチョーク

                      写真提供 スタッフのS(ホオノキ)さん
d0035025_18234642.jpg
 あれ、どこかで見かけた変な植物……とお思いかな? そう! 4年前の夏に、我らがいろは塾のキッチンガーデンでボリュームある花 をつけていた、あの アーティチョーク である。  
 フランスやイタリアでは食卓の人気ものだし、9月のロンドンでもこうやって売られている。日本の気候はアーティチョークの生育に適さないと言われ親しみがないせいか、味にしても、少々手間のかかる料理法にしても、「うむっ、これが噂のアーティチョークね。でも、それほどのもん?」と首を傾げる方が多いようだ。
 しかし、目の覚めるような美しい花は一度見たら忘れられない。畑の傍を通りかかる人によく、「あのー、あれは何の花でしょうか?」と聞かれたっけ。そーね、今年も植えてみようか?
d0035025_21275139.jpg
  3年前の9月に撮ったゴージャスな花。この姿がないと八ヶ岳の畑は寂しいかも……。団子より花、か!?

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-15 18:47 | うまい 美味い 巧い!

ロンドンのバラ・マーケットって楽しそう! 2/5

                      写真提供 スタッフのS(ホオノキ)さん
d0035025_170016.jpg
 ロンドンの Borough Market(バラ・マーケット)では、値段は決して安くはないけれど、野菜に限らず、イギリス産に限らず、ヨーロッパ大陸からの多種多様な食品も販売されている。特に買い物しなくても、こういう雰囲気の中をぶらついたり、気に入った食べ物屋さんに入ってみたりするのが楽しそうなんだな。
 イタリアからのグリーン・オリーブ、ブラック・オリーブなどの漬け物・ピクルス類、ギリシャ・チーズもあるでよ!  
d0035025_1701476.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-13 17:14 | うまい 美味い 巧い!