<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

秋 高原で見つけた可愛い実の七変化

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_21263373.jpg
 晩夏の頃に熟し始めたこの実。それらがどう変わっていくかというと……。毎年のことながら、鮮やかなお色直しぶりなのだ。[撮影 8月25日]
d0035025_21264621.jpg
 ノブドウ(野葡萄 ブドウ科 つる性落葉低木 Ampelopsis brevipedunculata var. heterophylla)は、野にあってトルコ石や瑠璃などの宝石を思わせる実をつける。実の形がふぞろいなのは、虫こぶのせいらしい。ヒトは食べてはいけない。小鳥に好まれるとみえて、今はかなり実の数が減っている。[撮影 9月12日]

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-30 18:03 | 八ヶ岳の里山を歩けば…

9月28日午後 静かな森の中のお別れ会に出席した

d0035025_17484335.jpg
 訃報が届いたのは一昨日だった。自治会会員の中で最年長でいらした丸尾俊介牧師が、突然倒れて亡くなられた、と……。以前回覧板を我が家にお持ち頂く折によく立ち話をしたもので、いつお会いしても温厚な微笑を浮かべておられたのを覚えている。
 健康上の悩みをお持ちだったようだが、シベリア抑留体験のあるキリスト者として、平和を守るために常に毅然とした態度でおられた方である。

  参考 エッセイが掲載されたサイト中 自己責任について
d0035025_18103935.jpg
 実は、三月にも自然と山を愛した別荘の知人を亡くしている。昨秋亡くなった農のいろは塾の師匠を初めとして、この地で知り合い、親しんだ先達が次々とこの世を去って行く季節に差しかかったことを感じながら、枯れ葉の積もる森の小径をゆっくり、ゆっくり辿って家路についた。

[お別れ式での賛美歌 298 やすかれわがこころよ、404 やまじこえて、 II-144 すみわたる大空に 聖書の一節<マタイに福音書6章25〜30節>]。ご遺族は、丸尾牧師が生前自らそれらを選ばれていた、と語ってくれた。

はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-09-29 18:43 | ご挨拶 エトセトラ...

祝 北杜市市制施行四周年記念式典 ハイライト♪

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_97161.jpg
 北巨摩の地に住んで14年。" 人と自然と文化が躍動する環境創造都市 " 北杜市になって4周年。秋晴れの今日、祝賀式典に出席した。世の中に堅苦しいセレモニーが好きな人間はあまりいないと思うが、今回は "見逃せない、聞き逃せない" 本邦初演のプログラムがあったため、それを心待ちにしていた参加者が多かったと思う。私もその一人。

 北杜市の歌、「北の杜讃歌」・混声合唱組曲「YATSUGATAKE」を作詞家村田さち子さんの朗読、作曲家池辺晋一郎さんの指揮で、小学生から中高年までの約150人から成る北杜市の歌記念合唱団が熱唱した。組曲は、「山嶺の祭壇 〜山のこころ〜」、「春告げ鳥が歌いだすと」、「おかやん」、「山々に抱かれて」の四曲で構成され、最後の曲が「北の杜讃歌」として選ばれた。
 平成18年7月の地域委員会市政報告会後に池辺さんの講演会があり、駄洒落まじりの軽妙なお話に吹き出しながら、組曲完成の日を楽しみにしたものだ。
d0035025_973595.jpg
 作詞家、作曲家と市長によるトークの模様。♪ 西に甲斐駒 北に八ヶ岳 東に茅・瑞がき 南にはるか 富士の山……。八ヶ岳を初めとする四方の山に囲まれた北杜市の魅力と歌が生まれるまでのエピソードが楽しく語られた。

 合唱団は公募され、オーディションもある狭き門だったと聞く。約一ヶ月後の市長選・市議選を控え、時として熱い風が吹いてきたりする中、多くの参加者は、親しみやすく格調高い歌に人心を浄化するような力を感じたのではないか。私もその一人。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-28 20:42 | 地域のイベント レポート

秋晴れの一日 高原で見つけた青い実 3.

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_1855047.jpg
 ソヨゴ(戦 別名フクラシバ モチノキ科 Ilex pedunculosa Miq.)の実。雌雄異種だが、実がつくまでは見分けるのは難しい。寒さに強い常緑広葉樹として庭木に用いられるが、信州木曽山中などに多く自生しているそうだ。「ソヨゴっておもしろい名前だな」と思っていたら、葉が風にそよそよ音をたてること、つまり戦(そよ)ぐから来ているという。 *ネット検索すると、和名は「冬青」となっているのを見かけるが、私が調べたのは、北隆館の「原色樹木大圖鑑」である。

 日がよく当たる場所の実は、下の画像のようにそろそろ赤みを帯びてきた。これが冬には真紅となる。それを見るのが待ち遠しいような、そうでもないような……。まだ9月なのに、寒さに向かってまっしぐらという気配だから。
d0035025_1829155.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-27 18:37 | 八ヶ岳の里山を歩けば…

八ヶ岳南麓 秋雨が止み、空がうっすらと染まった

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
          
d0035025_18305130.jpg
 八ヶ岳南麓に住んで以来、雨なんて平気さ、とHONDAの50ccで出かけるのには慣れている。でも、段々気温が低くなると強がってばかりもいられない(のが悔しい)。

 今日は日曜日の晴舞台(?)のためにヘアサロンに出かけてから、畑に立ち寄って帰宅する。ふと西の方角を見上げると、空がやけに澄んで見えるではないか。バッグからデジカメを取り出し何枚か撮っていると、みるみるうちに空が薄桃色に染まって行く。あぁ、秋は来ぬだなぁーー今年の冬の訪れはかなり早そうな予感がするが、どうだろうか。
d0035025_18401151.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-26 18:41 | 季節と天気と生きものと

郷土資料館で「長坂駅は90歳 !! 展」を見る

「JR長坂駅ができたのは、大正7年。90年前のことでした。明治にできた日野春駅小淵沢駅はトップダウンで国がつくった駅。大正にできた長坂駅は「駅がほしい!」と住民がつくった駅。つくったのは駅だけではありません。駅前を「峡北の中心に!」と、当時の日本でも珍しい「都市計画図」に基づき、10年計画の商店街形成を押し進めたのです」(北杜市長坂郷土資料館 第20回企画展 チラシより)
d0035025_20551068.jpg
 〜駅とともに歩んだ商店街〜 という副題がいい。現在は(全国地方都市の多くの駅同様に)かつての賑わいはないものの、東京は私鉄沿線の駅前商店街に馴染んで育った私には、お店が並ぶ長坂駅は好きな駅の一つだ。今日、前回同様企画展の終了近くになって、やっと駆けつけることができた。
d0035025_21114586.jpg
 展示品は、長坂小学校児童が描いた「長坂駅物語」や開駅当時の商店街駅前計画図、商店看板、「よくとっておいたな」級の商店チラシなどの他に、昭和初期の「ガラス窓広告」(上の画像)がレトロな雰囲気を醸し出している。(佐藤定男・故人蔵)

d0035025_21263893.jpg 隣室で、この木製表示板を見つけた時には「あ、ここにあった!」と、大声になる。長い間「どこに消失してしまったのか」と嘆いていたものだ。
 かなり前に投稿した新聞記事はこちら。今も問いたいーー駅名から日本語を追い出したのは、何故だ?


はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-09-25 21:37 | 地域のイベント レポート

菜っ葉よ、菜っ葉、なぜこんなに違うのか?

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_19393816.jpg
 朝6時過ぎの畑。一番ハツラツとしていたのはハクサイだった。ネットの中からパチリ! 右側に見えるのは、先日垣根結びを練習した即席の竹垣。来月も練習できるようこのままにしてあるのだ。
d0035025_19584620.jpg
 蒔き直したダイコンの双葉の一部には、心配していた菜ガメが5、6匹うろうろと……。キッ! 特製ハーブスプレーで対処しているけれど、どうかなぁ。 
d0035025_19522556.jpg
 夕方八重ばあさまに頂いた菜っ葉。左がダイコンの間引き菜(ほら、もうこんなに大きい)と、なんだか分からない柔らかそうな菜っ葉。たかが菜っ葉でも、運命が大きく分かれてしまった今年の野菜畑である。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-24 20:04 | 農的生活・喜怒哀楽

秋の日のトンボの気持、シカの気持、ヒトの気持……

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_17313053.jpg
 トンボたちが威勢良く飛びまわる田んぼ道を歩いた。この夏アカネは、だいぶ前にシカの食害を受けた畦マメの茎のてっぺんがお気に入りらしい。「葉っぱなんてない方が具合がいいやぃ」って感じ?
d0035025_17425316.jpg
 すぐ上の田んぼ、悲惨! とうとう畦まわりの稲まで倒伏してきた。これじゃ、鎌で刈る方が早そうだ。
 さて、ここでシカたちに謝罪しておきたい。確かに田んぼに入り込んだ形跡はあったが、こう派手に稲が倒れた原因は「過肥料のせい」と古代米の尾形講師を含む数人に指摘されたのだ。シカさん、濡れ衣着せてごめんね……。でも、畦マメの葉っぱを食べちゃって、枝豆を味わう楽しみをヒトから奪ったのは君たちだよね。
 
d0035025_1822332.jpg
 刈り取りを待つソバ畑に今日も日が暮れかかる。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-23 18:05 | 庭・畦・小径でこんにちは

9月のいろは塾 待ってました! 秋の味覚

はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_1782444.jpg
 第1部の垣根結びの後は、お茶の時間。栗の渋皮煮の甘みにしみじみと秋の訪れを感じたり、料理法の説明に耳を傾けては、「4回も煮こぼして時間をかけないとここまで美味くならないのかぁ」と、早々にあきらめたり……。
[画像左から 甲州小梅・梅干しタケノコまじり、葡萄三種、栗の渋皮煮]
d0035025_17174452.jpg
 第2部は、刈払い機の安全な使い方の実習。昨年もお願いした小林さんの登場だ。畑の奥(東側)にカボチャを植えたはずが、忘れ去られて草の原になってしまったのを活用して(?)初心者が大きな眼鏡をかけて次々にトライした。「平らな場所はいいが、土手など足場の悪いところでは事故も起こるので、よーく注意をすること」が肝心である。詳しい注意事項は昨年の記事をご覧ください。
d0035025_1717621.jpg
 第3部は、畑の作物の手入れ。蒔き直したダイコンの双葉を前に間引きについての解説。匂いに閉口するカメムシは、水を入れたペットボトルに落としていくのも対策の一つという。他には、ホウレンソウの種蒔きなどをする。
d0035025_1718748.jpg
 この日のお持ち帰りは、日本ホウレンソウの種。八重子ばあちゃんが丁寧に種採りしてくれたものだ。今が旬のシモシラズ(豆)は莢ごと煮付けたり、天ぷらにしたりと重宝するので人気者である。

 テントの下でお弁当を食べ終わるころには雨が烈しく降り始め、夜半になっても勢いが衰えなかった。明け方には雷鳴が轟いて驚く。雨が多い秋のようだが、午前中のいろはの時間を無事に過ごせたことに感謝したい。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-22 17:48 | いろは塾 2004ー2009

9月のいろは塾 泣き出しそうな空の下で垣根結びを習う

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_16221324.jpg
 台風の後秋雨前線が張り出して来た日曜日。畑の片隅に用意された垣根の前に立つ参加者はどことなく浮き浮きして見えた。左側、シュロひもを手にしているのが今回初登場の先生、若手植木職人の小松さん。きりりっとカッコ良いのである。しかも自営業とは頼もしい。一瞬「私もなりたかったなぁ……」と感じたはたけ番^^;だが、垣根結びは職業上の必須技術と聞いて、すぐ腰砕けに(笑)。
d0035025_16231021.jpg
 小松さんが苦労して毎日家で練習を積んでやっと覚えたという難業である。ポイントを押さえた丁寧な説明を受けて、挑戦する参加者たちはみな真剣な表情だ。

 「12月の堆肥場づくりには、必ず正しい垣根結びを!」が当面の目標だ。見た目にも機能的にも優れたこの技を生かして、今年こそ今までの "やっつけ結び" とは縁切りにしたいものである。

   
 
 左画像は、縦横の竹が接する箇所に「割りを入れて」次の行程に進んだところ。割りは、たるみを無くすために必ず入れる。  右で完成。これとは別に「引っ張れば即ほどける」仕上げ方法も習った。
 さて、3ヶ月後、何人が正しい垣根結びを実践できるだろうか。健闘を祈る!

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-21 17:20 | いろは塾 2004ー2009