<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生協の「たまご学習会」で学んだこと

d0035025_17383245.jpg
 昨晩私たちの定例会がありました。いつもはさっさと議題に入るのですが、特別に生協さん(コープやまなしから二名)の「たまごや鶏についての出前講座」でスタートしました。 何故かというと、「農のいろは塾」はコープやまなしの助成を受けていて、そのために年二回講座か交流会への参加が要請されているからです。こういう条件って、(小声でこっそり言って)あまり面白そうではないですよね(笑)。
 ところが!! なのです。昨晩は予定の時間をオーバーするくらいノリがよかった。私がいつも食べているコープやまなしの卵がおから発酵飼料で育つ平飼いの鶏から生まれること、そのおからが、遺伝子組換えでない100%国産大豆からできていること、そして鶏が「卵生産機械」でなく「生きもの」の扱いをされていることを知ったからでしょう。

 「子どものころは、東京でも縁の下で鶏を飼っていた」「そう、そう」だの、「できれば今も飼いたいのに、朝がね、近所迷惑かなぁ」とか、「ここにはイタチやキツネや野犬がいるから」などと生協さんそっちのけで話がはずんでしまったのでありました。
 はい、話がとんでもない方向へ飛んで行ってしまうのが私たちの定例会の困った特徴なのです。昨晩もとんでもない議題があれこれ出没したのですが、それはまたの機会にご披露するとして、みんながニコニコ顔で喜んだ生協さんからのお土産(10個入りを1人1パックのサービス!)と下記の柿(仲間からのお土産)をここでご紹介します。

 これは、次郎柿だそうです。これって甘柿ですよね、うれしい〜!
d0035025_21224082.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-11-29 21:26 | 地域活動の現場 レポート

農のいろは塾 竹の野焼きと自然素材の堆肥場づくり

d0035025_136462.jpg
 竹の野焼きは毎年一番人気の炎のイベントです。
畑で一年作業を支えてくれた古竹を燃し、その灰は畑用にリサイクルします。カヤやワラや米ぬかなどでつくる昔ながらの堆肥場づくりもエコ度満点! 
寒さに負けず、手づくり無農薬小豆でつくった熱いお汁粉を楽しみにご参加ください!

 日時  12月 2日(日)午前9時〜午後12時
 会場  北杜市長坂町小荒間の畑
 持ち物 防寒具・帽子・長靴・軍手・タオルなど
 参加費 1,000円(カップル 1,800円)


 お申し込みは緑のネットワーク21 ホームページからどうぞ!

More(甲州丸の画像はこちらへ)
[PR]
by midori-net21 | 2007-11-26 13:17 | いろは塾 2004ー2009

11月のいろは塾 カヤ刈って、畑片付けて、風除けつくって、お茶!

 11月18日。今は亡き小林師匠に黙祷を捧げてからスタートした。
d0035025_10355120.jpg
 快晴の朝、風花が舞う中いろは畑から徒歩で数分ほど下ったカヤ畑に向かう。ぶ〜ん、ぶ〜んと刈払機で、ざっ、ざっと鎌でカヤ刈りをした。軽トラに積込みロープがけ作業をしていると、しみじみ「冬が来たなぁ」と感じる。

d0035025_1036916.jpg
 いろは畑にもどって、ネギ、大根、人参など最後の収穫をする。ぼやぼやしていると凍り付いて引き抜けなくなってしまうのだ。

d0035025_10362781.jpg
 最後に八ヶ岳おろし対策。先月播いたホウレンソウの可愛い芽のためにカヤで風除けをつくる。この日の夕方にはぱらぱらと霰のような雪が舞った。初雪だ!

     
 この日のお茶うけはデラックスだった。メインの栗の渋皮煮のほかに差入れの栗の砂糖漬けと奈良漬けもあった。5分間発表は"どんぐり"さんが甲州小丸(柿)で干し柿づくりのコツを披露した。紐でくくった後、熱湯につけるのが秘訣。

 うちの庭の富有柿は今年は250個くらいの実をつけたので、家人が先週がんばって吊るしてある。富有柿を選んだのは植木屋さん。「百目柿の方が大きくてよかったのに……」と今更仕方ない文句を言うはたけ番^^;である。

[PR]
by midori-net21 | 2007-11-24 11:00 | いろは塾 2004ー2009

農のいろは塾 畑の冬支度 

d0035025_15362292.jpg
 実りの秋も深まり、冬の予感が高まる季節。畑の冬支度を始めましょう。カヤ刈り、軽トラへの積み込み、ロープがけの実習をし、畑にもどって自然素材の風除けづくりと収穫野菜の防寒・保存方法を習います。どうぞ奮ってご参加ください!
 日時  11月18日(日)午前9時〜午後1時
 会場  北杜市長坂町小荒間の畑
 持ち物 弁当・飲み物・帽子・長靴・軍手・タオルなど
 参加費 1,000円(カップル 1,800円)


    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 師匠の初七日が済みました。そして11月の実習の日が近づきました。カヤ刈りをする場所は亡き師匠の農地です。高い空から、私たちを見守ってくださいね……。がんばろ〜! はたけ番^^;より
[PR]
by midori-net21 | 2007-11-16 15:49 | いろは塾 2004ー2009

お く や み

 農のいろは塾の父であり師匠、小林甲子さんが昨日7日甲府の山梨県立中央病院において逝去されました。私が4日に見舞った折には顔色は良かったものの、体力的に以前よりもかなり衰えているようなのが気がかりでした。
 皆と一緒に甲子さんと語らい、作業に励んだ過去数年の歳月が走馬灯のように心をよぎって止まりませんが、ここに謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。
 
 なお、通夜は今晩ご自宅で、告別式は10日(土)午後1時より JAりほくセレモニー八ヶ岳ホールで執り行われます。 
 電話 0551−32−1194  住所 北杜市長坂町大八田6811−95

 私の農のいろはブログは10月17日に甲子さんのことを記事にして以来更新していませんが、また皆で畑に立つ頃には元気を取り戻して再開したいと願っています。

[PR]
by midori-net21 | 2007-11-09 08:58 | ご挨拶 エトセトラ...