<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

10月17日 秋の朝、恵みの稲ワラを束ねに集合!

d0035025_15282724.jpg
 稲ワラの恵み」という16ミリ映画(民俗映像文化研究所1997年作品/111)を見るために "シネマ&トーク" を開催したのは2003年の夏だった。その折に「私の農業人生」のお話しをして頂いた師匠とのご縁で、農のいろは塾は一気に開設の運びとなる。しかし、それこそ農のいろはも分からない はたけ番^^;が企画者とあって、さすがの師匠も驚き、あきれ、あきらめ(笑)の境地に陥ったにちがいない。「3年続けばたいしたもんだ」とよく言われたものだが、なんとビックリ! 来春で5周年を迎えようとしている……。

 去年仕込んだ堆肥は、14日(日)のいろは塾を最後としてご覧の通り(左下の画像)見事にからっぽになってしまった。3日後、「うちの近くでワラがもらえるから」という "どんぐり" さんからの連絡でそれ〜っと集まった6人は、ワラをせっせせっせと束ね、どっさどっさと軽トラに積み込んだ。

   

 これらの作業は、12月に行う恒例の「竹の野焼きと自然素材の堆肥場づくり」のためのものである。古い記録をパラパラめくると、初めて堆肥場づくりを習ったのは2003年12月19日(金)朝のこと。冬のこととて用水路に水が流れていなくて大焦りしたっけ。教えを乞われた時にプロのお百姓である師匠は、「昔の堆肥場の作り方なんぞ覚えても何の役にも立たん! だが、そんなに知りたいんなら教えてやろう」と重い腰を上げたのだが、それが毎年一番人気の作業で、"いろはっ子" たちがわいわい集まるようになろうとは、「世の中変わったもんだ」にちがいない。

 下の画像は最初の堆肥場づくりの時(翌年3月の天地返し)のものである。あれから4度目の冬が近い。我らが師匠の体調は年を追う毎に少しずつ衰えてはいるが、習った技術は今もしっかり受け継がれている。

d0035025_16422255.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-19 16:43 | いろは塾 2004ー2009

10月の農のいろは塾 恒例の収穫と初めての植付けと

d0035025_16511084.jpg
  10月は、一年で最も多様な収穫が楽しめる月とあって、参加者もスタッフもいそいそと集まった。主な収穫物は、落花生(カラスの被害がなくてラッキー!)、サツマイモ(丸々とした見事な芋に歓声が上がったが、今回はツルが不人気だったのはなーぜ?)、カボチャ、シモシラズ(在来種の豆)、トラマメ、大根、秋ミョウガ、トウガラシなど。朝晩の冷え込みで葉がちぢれてきたトマトは、赤、青、黄色ぜんぶ採ってしまうこととし、活躍してくれた雨除けも片付けた。
d0035025_1761090.jpg
 今回植付けたのはニンニク(画像左、生協で購入した青森産)、のらぼう("どんぐり"さんが育てた苗)、種まきは日本ホウレンソウ(画像右、種はいずれも野口種苗さんのもの)。ニンニクものらぼうも初めての試みなので、来年がとっても楽しみ!
 
   

   
   〜当日の模様のスライドショーはこちらのサイトでご覧になれます〜
[PR]
by midori-net21 | 2007-10-17 17:20 | いろは塾 2004ー2009

小海線に乗って清里へ カンティフェアがオープン!

d0035025_16332423.jpg
 先週末は久しぶりに清里のカンティフェア(ポール・ラッシュ祭)に出かけました。アメリカ、ケンタッキー州との国際交流事業も今年で20周年だそうです。晴天とあって、芝生に思い思いにシートを敷いてくつろぐ人々、子どもたちや犬たちでいっぱい! 山並みを背景にしたステージではバレエが演じられていました。
 なんといってもこのフェアの魅力は、いかにも高原らしい広々とした牧草地を利用した会場、そして山々を望む景色のよさ、♪ブルーグラスが流れる大らかで明かるいケンタッキー風の雰囲気です。今回はあまり寒くならないうちに引き上げましたが、来年はもっと厚着して、夕暮れまでコンサートを愉しみたいものです。
 
   

 これは、世界初のハイブリッド鉄道車両です。甲斐小泉駅にたまたま停車していたもの。貸し切りとのことで、写真撮影だけしてみました。これにも、次回はぜひ乗ってみたい。このカンティフェアが終わると、八ヶ岳南麓には冬が急ぎ足で近付いてきます……。さびしいっ。
 
d0035025_16461167.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-15 17:01 | 地域のイベント レポート

八ヶ岳南麓で「六カ所村ラプソディー」満員御礼!

d0035025_17405985.jpg
 「監督のお話とUAさんの歌が聞けて1000円はお得です!」とあちこちでチケット売りに励んだこの一ヶ月。本日最初の回、特にトークは満員でした。きっと夜の部まで大勢の人が詰めかけることでしょう。よかった! 子育て世代が多いスタッフのチームワークもよく、会場で配布された資料も(チラシ同様)特製で、上映会スタッフが知恵をしぼったエコ・カルタ(下記にいくつか紹介)が面白い。重いテーマでも愉しみを見つけながら行動するのは賢いですね。
 自ら利用する新宿駅の改札口には歩く振動で発電するエコ装置が設置されていると語り、ドイツ製発電バッグ JUICE BAG を使っているという鎌仲ひとみ監督のお話にも、「みんなの意識が変われば、生活の中から変えていけることが沢山あると気づいてほしい」という希望のメッセージが込められていました。



 想いのこもるボーカルの余韻を感じながら暮れ残る道をお家に向かいました。上映会に関わった皆さん、お疲れさまでした。来月の甲府上映会(11月25日(日)山梨県立文学館講堂)の成功を祈ります。


 __・__・__・__・__・__・__・__・__・__・__・__・
エコカルタを紹介します(抜粋)
便座カバー あればいらない 暖房便座  掃除機の かわりにほうきと 雑巾を  
電気ポット そんなにお湯が いつもいる?  湯たんぽで 電気使わず あたたまろう  
天ぷら油で トラクターを 走らせる  刈った草 稲わら米ぬか 役に立つ  
自販機を 半分減らせば 原発4基

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-12 18:17 | 地域のイベント レポート

「六ヶ所村ラプソディー」が北杜市にやって来る!


チラシは八ヶ岳オリジナル版。サイト 六ヶ所村ラプソディー in 八ヶ岳

昨年から全国各地で上映会が行われているこの映画をご存知ですか。
私が見たのはちょうど一年前のこと。東中野の小さな劇場(客席数97席)は
ほぼ満員でした。多くの有機、自然農の団体が応援しているそうで、劇場入口
(下の写真)に新鮮野菜を売るスペースがあったのがいい感じでした。

当日行われた鎌仲ひとみ監督のトークも本音モードで、「前作の『ヒバクシャ』
の時とちがってメディアが全然取り上げてくれないんですよ、本当に参りました
よぉ」と。それを聞いて、「北杜市でも上映会ができばよいけれど、難しいか
なぁ」と、やや悲観的な感想を抱いた私でしたが……。

今夏、まるで入道雲が湧きあがるように、この北杜市で上映の企画が持ち上がっ
たと聞いて驚きました。それも甲府に先がけてというのですから! 
主催者は八ヶ岳音楽倶楽部。そこのヨハナ・エリザベートさんが
お友達の歌手、UAさんと意気投合して一気に上映にこぎ着けたのだそうです。

 日時 10月12日(金) 上映 13:00  16:00   17:30
    (鎌仲監督のトーク&UAミニライブ 15:00  18:15)
 会場 長坂コミュニティホール(定員440名)
 前売り1000円 当日1200円、高校生300円、中学生以下無料

そういう訳で、ささやかながら緑のネットワーク21も協力しています。
でも、前売り券の売れ行きが予期したより伸びていないらしいのが気がかりで……。
監督のトークと歌が聞けるまたとない上映会ですよ。北杜市民がんばってます! 
ぜひお出かけください

_________________________________________

d0035025_16492651.jpg^^; マスコミはあまり報道しないようですが、六ヶ所村の核燃料再処理工場が昨年3月から試運転を始め、放射性物質を海や大気中に放出しています。
  青森県の農水産物の種類と生産量は全国でもよく知られていますが、汚染域は三陸沿岸だけでなく北海道から千葉まで広がると言われています。
  今年7月に起きた新潟県中越沖地震の後、11月に予定されていた本格稼働が来春に延期になっていますが、青森三陸の農海産物を安心して食べたい人は、無気力、無関心に陥ってはいけない。
この映画を見て、何が実際に起きているのかを知ってみませんか。

過去記事 農産物への影響は?  六カ所村ラプソディー上映会

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-09 16:53 | 地域のイベント レポート

秋晴れ わが町の体育祭に行きました

d0035025_13343885.jpg
 ここは北杜市長坂町にある総合スポーツ公園です。夏にはオオムラサキの里まつりが開催されるこの競技場の緑の芝生はいつ見ても生き生きしています。雲の後ろにうっすらと南アルプス、見えますか。

 案内状を頂いていたので、朝の日射しを浴びて出かけました。昨日の山梨は今年一番の冷え込みだったそうですが、今朝はさらに記録更新でしょう。もう木綿の服じゃ耐えられない、ぶるぶるって感じの寒さでした。まだ衣替えしていないはたけ番^^;です。

 
     左画像は聖火入場、中央は向日葵を象った聖火台から競技場を望む、右は地区旗集合 

 適度な運動というのは、こうしてイベントとして集まったり、どこかの施設に通ったりしないと習慣づけるのが難しいとはよく耳にする話。怠けはたけ番^^;にとって今日の収穫は、開会式プログラム最後の方にあった「準備体操」です。飛んだり跳ねたりせずストレッチ中心で気に入りました。きっと中高年向きなのでしょうネ。「これなら、毎日でもできそう」と感じたのですが、しかし明日はないんですよね、体育祭……。

d0035025_14203944.jpg
  それじゃ歩こう、野菜畑への道を。高いトンネルのてっぺんで青いトマトがまだ元気いっぱい!

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-07 14:34 | 地域のイベント レポート

10月の農のいろは塾 暮しに役立つ農具・小道具の使い方を学ぶ

d0035025_13464250.jpg
 
雑木林に爽やかな風が吹き、毎日少しずつ秋が深くなる八ヶ岳南麓です。
野菜畑でせっせと働けるのもあと一ヶ月半余 ……。気をひきしめて通いましょう。
さて、野菜畑の作業でいつも頼りになるのが、様々な農具とロープやひもなどの小道具。
それらの選び方、使い方、手入れ方法をしっかり身に付けます。
また、ニンニク(青森産)の植付けや青菜の播種の実習、そして落花生やサツマイモなどの収穫を楽しみます。どうぞ奮ってご参加ください!
 
 日時  10月14日(日)午前9時〜午後1時
 会場  北杜市長坂町小荒間の畑
 持ち物 弁当・飲み物・帽子・長靴・軍手・タオルなど
 参加費 1,000円(カップル 1,800円)

周辺地図はホームページに掲載されています。お申し込みもホームページからどうぞ!

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-05 13:56 | いろは塾 2004ー2009