<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

8月のいろは塾 夏よ、トマトよ、いつまでも輝け!

d0035025_1005945.jpg
 「真っ赤なトマトって大好き!」と叫びたくなるような、はちきれそうに健康的なトマトである。去年は多雨とトマトの病気に泣かされたため、今年は思い切って立派な雨よけをつけた。ところが8月上旬、下の画像のように葉が枯れ、実も「あー。具合わるぅ」という情けない感じのものが目立ってきた。
 ある日不安でたまらなくなったはたけ番^^;が、現物をつかんで師匠の元に駆けつけると……。「ふーむ、ベト病だな。原因? 現場を見なきゃ分からんが、狭い畑だから連作障害という可能性もある」というお言葉だった。「え〜っ、もしそうなら5年も作れないわけぇ、トマトは夏のシンボルなのに……」と気の短い^^;の頭の中には連作障害、連作障害という言葉がガンガンと響きわたっていた。

  

 いろは塾当日師匠による点検の後、畑リーダーの"どんぐり"さんがテキパキと説明し、作業を開始した。芽かき・摘花・摘果の大切さ。芽かきは早めに確実に行うこと! (いろは塾ではスケジュールが固定しているため、実習が遅れがち) 枯れた葉や病気のトマトを取り除き袋に入れること! (不安だったわりには、柵の下方に適当に放っておいた^^;) ベト病は伝染るので焼却処分すること! (病気かな、と思ってもおろおろするだけだった^^;)。
d0035025_1113671.jpg

 そして参加者一同がんばった結果が下の画像である。左が作業前、右が終了後。すっきりしていて、病後には見えない。あれは恐らく一時的な現象だったのだ。やはりトマトの頼もしい味方、雨よけが威力を発揮してくれたというわけだ!  
 健康な赤いトマトは、その日の収穫としてお土産になったことは言うまでもない。

   

 来年の課題 コンパニオンプランツ
 5月の植付け時に試みたノビルは、いつの間にか消えてしまった。夏眠する性質があるので、コンパニオンプランツとしては不向きのようだ。そこで、来年は本「農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ(家の光協会)」にある「トマトとニラーーニラの根に繁殖する菌がトマトの病原菌を防ぎ連作が可能になり、また混植することで土壌中の微生物相が多様化して豊かになる」を必ず試すことと決める。他にも本を購入してある^^;のだが、ダイニングの上で置物化している。あ〜あ。冬の宿題がまた一つ増えそうだ。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

8月に行った他の実習項目は以下の通り。
 ・種の採取(ルッコラ) ・植付け(ハクサイ) ・収穫(ビーツ、トウモロコシ、スイカ、マクワウリなど)  もちろん、お楽しみの種まきも。これが生育するとともに冬が近付いて来る。なんだか寂しい。夏よ、終わるな! 残暑よいつまでも続け!

    


More(8月のお茶うけとミニ発表は?)
[PR]
by midori-net21 | 2007-08-30 12:19 | いろは塾 2004ー2009

8月炎天下のいろは塾 野菜畑の主役はだ〜れ?

d0035025_13221430.jpg
 8月19日の天気予報「午前中晴、午後から曇り」に大喜びしていたのだが、当日は午後に入ってもジリジリ太陽が照りつける一日であった。一人だったら「野良仕事なんて絶対にやだね」という日だったにも関わらず、大勢の参加者が集まって、いささか暑苦しさも加味された(失礼!)作業となった。
 上の画像は採り時トウモロコシである。師匠曰く「肩が怒っている。その上をつまんでみるとスカスカッ。それが採り時!」なるほど、よく見ると、なで肩モロコシもあるではないか。そうか、怒り肩になったら、ボキッとすればいいんだね。

   

 この日の主役はトウモロコシだったが、それを支えた影の功労者、あるスタッフのご夫君のことを述べておきたい。左画像がその人。あのド!暑い中で火を起こし、蒸し器を準備してくれたのだから、感謝 感激 感涙 である。右は、お茶の時間にああっという間に減ってしまった主役たち……。
 ^^;では、この場をお借りして、内助の功でいろは塾を支えてくれる夫たちに感謝の気持を一言二言。いつも、いつも、有難う! これからも男女共同参画で堅いこと言わず発展していきましょーね! 

 この日の夕方激しい雷雨に見舞われてほっとしたものの、夏が行ってしまうことを惜しんだりもした。では、 もう一つの主役トマトについてはまた次回に。


More(トウモロコシの肩の違い)
[PR]
by midori-net21 | 2007-08-23 14:03 | いろは塾 2004ー2009

スピード出すな! 八ヶ岳広域農道レインボーライン 

d0035025_7364693.jpg
 自転車が行く早朝の広域農道。右手は下水処理施設、左は標識と電柱がずらりで、景観はよろしくありませんが、前方には南アルプスの山々が顔を出しています。このまま進むと甲斐駒ケ岳も見えてきます。
 ここは、通称レインボーラインの名前で知られる八ヶ岳広域農道。全線開通までに十数年もの歳月を要しました。私、はたけ番^^;がこの地に移住した頃は、ウィキペディアも知らず、農道がコーイキ? それともコーエキ? なんで建設省じゃなく農水省が道路つくるわけ? と、都会人ゆえの無知を発揮していましたが、田舎歴10年を越えると農道系にはすっかり詳しくなりました。  

   

  サイクリングやジョギング姿もよく見かけるこの道路は小学校裏を走っています。前回述べたように、私たちが危険度調査をしようと思ったのは、近辺の住人として常日頃から「あっ、あぶない!」と冷や冷やすることが多々あるため。特に土地の事情に明るくない別荘・観光客が増える連休や夏期は、「わーい、信号が少なくってハイウェイみたい! いい道ぃ♪」という派手なドライブぶりが目立ちます。この事故も県外車によるもので、こんなにウルサく黄色の標識が立っているというのに、カーブを曲がりきれずに左手フェンスに突っ込み、休耕地に落っこちたわけです。幸い軽症ですんだと聞きますが、もし電柱に衝突していたら? 休耕だからよいものの、活き活きしている田畑に落っこちたら……? お〜、ゾッとさせられます。

 ここのカーブだけが危険な箇所ではありませんが、何か対策はあるのでしょうか? 標識をもっと大きく? 10本並べる? それとも20本? 安心安全にプラスして景観への配慮も望む住民としても良いアイディアを募集したいところです!!
 用地買収の都合で、通ってほしくない箇所にできてしまったこの道ですが、住民や観光客が増えるにつれて問題点が浮き彫りになってきたようです。皆さま、何処の広域農道でも制限速度は40キロですよーースピードの出し過ぎにはご用心! 

 最後に、道端で見かけた植物をお口直しにご紹介します。左はキンミズヒキ(金水引 バラ科 キンミズヒキ属 Agrimonia pilosa var. japonica)、右はヒオウギ(中の実はヌバタマ)。いつの間にか花が終わっていましたので、下欄に花の画像を載せておきます。


   

More(8月10日撮影 ヒオウギの花)
[PR]
by midori-net21 | 2007-08-21 08:53 | 八ヶ岳の里山を歩けば…

里山の広域農道を歩いて クリーン・キャンペーン

d0035025_18132084.jpg
 今朝は、自治会のゴミ拾いの日。早起きして6時にゴミステーション前に元気よく集合したのは7人。私は薄暗い4時半に起きたが、特技である探しものをしたせいでビリだった……。
 山梨県では「自治会活動」が盛んに行われているが、私たち"寄せ集め新住民の自治会"としては初めてとも言える試みである。今期の会長が町の地域委員会の助成金制度に注目し、「何か地域にとって意義のあることをしませんか」と提案したのがきっかけだった。
 今日は、その2回目。1回目の6月には、草や雑木が繁茂していたゴミステーションの周囲を刈払い機や鎌で整備した。私だちのステーションは交通量が多い広域農道沿いにあるので、環境や景観にも気を使ってしまう。3回目は9月の予定で、広域農道を小学校の裏手から西へ2キロほどの区間を、ゴミ拾いを兼ねた「身近な道路の危険箇所の調査」を行う計画である。

   
 [左 護岸伝いに降りて川のゴミを拾いに行く勇敢な会員  右 お盆休暇後だから大収穫を期待したが、少なめ。使用したのは旧町のゴミ袋・リユース]

 さて、最終回に予定されている「危険な箇所調査」なのだが、10日ほど前に起きた自動車事故のせいで、今回早くもスタートを切った感がある。明朝はパワー全開の「農のいろは塾」があるので、この続きはまたの日に。
 明日こそ「探しもの」をしないで、完璧なスタートを切りたいものだ ^^;

[PR]
by midori-net21 | 2007-08-18 18:42 | 地域活動の現場 レポート

暑〜い! 真夏の野菜畑ではじけたボディー

d0035025_18554482.jpg
 「ここ(高原)では、残暑が長いほどいいんだ」と師匠宣わくだし、低温が続いた今年、野菜のことを思えば暑くても暑過ぎても文句は言えない。しかし、日中外に出られないくらいのギラギラ猛暑日の今日ともなると……、
 あさって19日の農のいろは塾を控えて、昨日そして今日と畑で見回りや準備作業をしていた"フキノトウ"さんが夕方我が家に立ち寄って「見てぇ」と手渡してくれたのが、これ! 「昨日は別に異常はなかったのに」とのこと。
 哀れ、あまりの暑さに、いろは塾の晴れ舞台を待たずしてはじけてしまったスイカちゃんのボディー……。なぜか同情し過ぎて立ちくらみしてしまったはたけ番である^^;
[PR]
by midori-net21 | 2007-08-17 19:10 | 季節と天気と生きものと

お盆さん でっかい入道雲 ささやかな収穫 

d0035025_14571534.jpg
 毎日のように最高気温が更新され、帰省ラッシュの模様も連日報道され、夏の盛りそのもの、お盆さんの季節です。何処にも帰省する当てのない私としては、今年は初めて地域の夏祭に参加することにしました。といっても、仕事で男女共同参画推進のためのパフォーマンス(寸劇)を演じに行きますっ! その練習に励まなくっちゃなのですが暑いし、早起きなので夜はついついしんなりしちゃって……。昨日の夕方、「ま、どうにかなるさ」と入道雲が西の空で笑っていました。

d0035025_14574379.jpg

 「おいおい、これだけかい?」というご先祖さまの声が聞こえそうですが、これっきり。キュウリはなぜか真直ぐで、見栄え最高。もちろん、味も。ナスの見てくれのことはムシ、無視。「花でごまかしてるな」という声には「はい」と素直に答えます。手前のミソハギはお盆の花。ただ今うちの畑で花盛りです。

   追伸 実は、この他に手提げ籠いっぱいのインゲンもありました。ご安心ください、ご先祖さま。

[PR]
by midori-net21 | 2007-08-12 14:19 | 季節と天気と生きものと

野菜畑から 残暑お見舞い申し上げます

d0035025_11573390.jpg

 やっと暑くなって喜んでいるうちに、早くも立秋を過ぎてしまいました。小中学生の頃は、今ごろになると夏休みの宿題のことを思い出しては、最良の日々が終わりゆく悲哀を蝉の声を聞きながら味わったものです。
 今は? そうですねぇ、紫外線が肌に痛いような畑で、カラスよけのネット張りながらもの想ったりします……。「干した梅、もう取り込んでいいかしら」とか「採れすぎたインゲンどうしてくれようか」とか、ははは ^^;

畑の隅の石垣に見つけたキイチゴ。熟れすぎて、触るとポロポロリでした。

d0035025_1262933.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-08-10 12:09 | 季節と天気と生きものと

八ヶ岳南麓 真夏の町なかのギャラリーと野菜畑の向日葵と

d0035025_1351832.jpg
  JR中央線長坂駅前から続く商店街の中ほどに「おいでや」さんという小さなギャラリーがあります。展覧会の案内をいただいていたので、昨日8月6日に久しぶりに立ち寄りました。「この頃あまり来んじゃんねぇ」と係の方に言われてしまって恐縮です。そう言えば、町なかをせかせか通り過ぎることが多い今日この頃ーーもっとゆとりを! ですね。この展覧会は、15日(水)まで無休で開催されます(0551-32-1161)。

    庭園にもアートが 左画像「にんげんをかえせ」 右画像「水をください」
   

 夕方畑に立ち寄ってみるとーー向日葵が心なしかうつむき加減で風に揺れていました。
d0035025_1394589.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-08-07 12:50 | 地域のイベント レポート

北杜市ながさかオオムラサキの里まつり2007 花火って最高!

d0035025_22133141.jpg

 朝から動き回って疲れ気味の一日でしたが、夕方になると、花火、花火と心が騒いでそわそわしてきました。
d0035025_21423491.jpg

 高原の花火って佳いものです。心から酔います。東京あたりで見るのと何がちがうかというとーー涼しさ、そして透明な空気です。会場も芋の子洗うほどではありませんーーでも、恥ずかしながら私がそう感じることができたのは、わりと最近のこと。町村合併して設置された地域委員会の委員になってからでした。それまでの何年かは、遠く100m上の自宅近くの畑から「わ〜、きゃ〜、きれい!」などと子どもだましやってたわけです。
 花火とは遠くから見物するものではなく、降り注ぎ花と散る火の乱舞の真下で、火薬の匂いをかぎながら凝視するもの! 地域委員やってた去年は、「予算の半分も花火に使っちゃうなんて!」と批判派委員の先頭(?)に立っていたものですが……。今宵ただの観客の一人として気楽に花火の真下に座って見た感想は、「来年も、再来年も、ずっと見たい花火だなぁ」でした(笑)。
 たった30分のコンパクトな音楽と花火のショータイムなのですが、創作花火なので、北杜市ながさかのシンボル「オオムラサキ」が夜空に舞うフィナーレが「世界でたった一つ」の感動です。写真の腕が悪くて素晴らしさが伝わらないのが残念!
d0035025_21415781.jpg

 そうそう、ひでちゃん、和太鼓もよかったですよ! 心から、お疲れ様でした。

[PR]
by midori-net21 | 2007-08-05 22:22 | 地域のイベント レポート

7月2回目のいろは塾 2. 梅雨明け? の畑で 可愛い野菜の花見ぃつけた!

d0035025_636474.jpg
 この日は、鎌の正しい研ぎ方をみっちり実習してから、草の扱いと処理について復習しました。前回取って放っておいたスベリヒユなどが敗者復活し、しっかり根づいていたのが教材です。「どれ? どれが脇芽?」で大騒ぎした前回でしたが、「脇芽? これ!」と自信がつくまでトマトの脇芽取りの復習をしました。 
 植付けはブロッコリー。今年の課題の「種の自家採取」はルッコラで行い、収穫はジャガイモ二種。最後に、前回播いたシモシラズ(豆)の柵をビシッと立てて終了となりました。
 今年は低温の日が多かったため、周囲の田圃も稲の生育が遅く、畑でもシロウリの生育がかなり悪い。まったく、お天気には悩まされます……。
 
 さて、^^;はたけ番mizkiとしては、今の時期畑のあちこちに咲いている野菜の花が気になります。上と下の画像それぞれが何の花だか当ててくださーい。



 お茶の時間のミニ発表は、自然農の田んぼをやっている蓮華草さんの「モグラの話」。 彼ならではの苦労話です。 

 今回のお茶請けは、どんぐりさんによる"桃のコンポート"(右)と参加者の方の差し入れの"キュウリの醤油漬け"(左)。甘いものと辛いものの取り合わせが好評でした。 
 
 


More(クイズ この花な〜に?)
[PR]
by midori-net21 | 2007-08-04 07:00 | いろは塾 2004ー2009