<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

7月2回目のいろは塾 メインは鎌研ぎとジャガイモの収穫! 

d0035025_9175894.jpg

 学校が夏休みに入って1週間。29日(日)は、曇天との予報を見事に裏切って、お日様ギラギラ、汗たらたらの晴天になりました。
 この日北杜(ほくと)市では人気イベントが余所でもたくさんあってーーJR小海線甲斐小泉駅から少々上がった所では「風林火山館」がロングラン中だし、畑から車で数分下った所にある長坂総合スポーツ公園 体育館では「NHKのど自慢(美川憲一 ・ 岩崎宏美 出演!)」、そしてもちろん参院選の投票日!ーーいろは塾が忘れられたらど〜しよう? と心配でしたが、今回も大勢の参加者が集まってくれました。有難うございます!  
 時節柄湿度が高く、山岳風景は楽しめませんでしたけれど、今回はポチくんも一緒にパチリと集合写真も撮りました。下記サイトへどうぞ!


 〜7月29日の農のいろは塾の模様のスライドショーは、こちらのサイト でご覧になれます〜
[PR]
by midori-net21 | 2007-07-31 09:56 | いろは塾 2004ー2009

八ヶ岳南麓 〜人類の宝とは〜 ある塾生のガーデン訪問記

d0035025_1091258.jpg
 先日見事に晴れ上がった日の午後、図書館に行くついでにある塾生のお宅に立ち寄りました。高台にあるその家は陽光がさんさんと降り注ぐ恵まれた立地条件にあります。坂を上って庭に入ると西側にはこの通り。トマトには、農のいろは塾での実習を活かした雨よけがしっかり立っていました。しかも竹を用いたお手製です。

   

 左画像は、軒下から地中へと取り付けられた豆用の支柱とそれを支える短めの支柱。右は、植木鉢に取り付けられた輪支柱。これら全て天然素材の竹。この塾生のご夫君は建築家ですので、計算から生まれる無駄のない機能美が感じられますね。
 ^^; こーいうのを見てしまうと、はたけ番の雨よけなぞはちょっと表舞台には出せないなぁ(汗)と感じながら美味しいお茶をいただいて、帰路につきました。
 「あ、ホームセンターに寄るんなら、手前の田んぼに立ってる看板見てね。頼まれて書いたものよ。ま、感想聞かせて」と言われて5分ほど走り、見つけたものは……。
 
d0035025_1029841.jpg

 平和を愛する塾生らしい立て看板でした。こんもりとした小山を背に風にそよぐ青い稲田、きれいに手入れされた畦、すいすい飛ぶムギワラトンボーーこういう心安らぐ平和な風景がいつまでも続いてほしいものです。
 さて、下欄ではこの周辺から見える八ヶ岳の写真をお目にかけましょう。いつもとちょっと感じが違います。どれが赤岳か、すぐ分かりますよね?


More(赤岳が見える八ヶ岳連峰)
[PR]
by midori-net21 | 2007-07-28 10:43 | 八ヶ岳の里山を歩けば…

梅雨の晴れ間に畑に行こう お山も早起き、元気いっぱい

d0035025_845676.jpg

 夏の早起きはよいものです。「私って何て健康的な生活してるんだろぅ」と、前向きな気分になります。今朝はパッと目が覚めたら5時前。迷わずサッと起きて、簡単に身支度をすませてから畑に出かけました。お〜、八ヶ岳も富士山もみんな起きてましたよ。この通り、元気いっぱいです。
 (注)ところで、いつもここ(JR小海線甲斐小泉駅を100mほど南に下る辺り)から撮る八ヶ岳には欠けているものがあります。それはーー何と八ヶ岳連峰の最高峰、赤岳(2899m)なのです! 見慣れているので、このなだらかさも悪くないや、と身びいきしちゃうんですが、赤岳を愛する方々にはどうも物足りないようです。富士山と違って、立ち位置によって姿を変えるのが八ヶ岳の面白さ、と言っておきましょう。

 小一時間ほど大豆の畝の草取りをして帰宅しました。爽快ですっ。でも。最近気が晴れないことが幾つかあるので、爽快度75%としておきましょうか。
 毎日中越沖地震の被災地の報道を見ていて、農地の被害がほとんど報道されないのが気になっています。調べてみたら、日本農業新聞にこういう記事 7月20日付7月23日付 を見つけました。自動車工場の被害ばかりが大きく報道されていますが、私たちの主食を育む田んぼの被害もこの通り。農家の方々のご苦労はいかばかりのことか……。
 というわけで、心身ともに爽快度100%になれるのはいつのことかな?

[PR]
by midori-net21 | 2007-07-24 09:35 | 季節と天気と生きものと

八ヶ岳南麓 梅雨時の雑木林はジメジメと不思議な世界

 この頃は誰と顔を合わせても「ちょっと寒過ぎじゃない?」という話になる。雨に文句は言えないのだが、低温続きなので野菜に気の毒なのだ。草ばっかりが元気に生育する野菜畑なんて、ぞぞっとするではないか。今日は畑には行かず、近くの林に足を向けてみた。遠くからぼーっと白いものがおいで、おいでしていたのである。
 「あ、これ、去年も名前が分からなかった。前に見た時よりおどろおどろしい感じ」と呟いてしまったのは左の(絶対食べてはいけない?)キノコ。クリックしてよーく見てください。右は、しっとりしとやかなフキの葉です。

   

 下画像は、鉢の中で長いこと咲き続けているツクシカラマツ(筑紫唐松 キンポウゲ科)。カラマツの葉に似た、ごく淡いピンク色の花。山野草好きの人はこれを見逃さず、「これ、私に分けてちょーだい、ちょーだい私に」と参院選の候補者よろしく連呼する人もいる。ーーや、やるもんか。去年お店で見つけて気に入って、冬越しさせたらこの通り鉢一杯に増えてくれたんだから! それにしてもよく降るなぁ……。

d0035025_17345927.jpg


More(晴れた日の白い毒? キノコ1.)
[PR]
by midori-net21 | 2007-07-21 18:10 | 八ヶ岳の里山を歩けば…

朝堀りの筍 いただきもので輝いた小雨の朝

d0035025_17393067.jpg

 こちらは、先日お騒がせしてしまったマダケ(真竹)、それも朝堀りです。今朝小糠雨降る中見回り当番にやって来た"どんぐり"さんからいただきましたっ。一緒に畑に出かけたところ、連日の湿気で通路が苔むして渋い雰囲気……。すくすく成長しているはずのウリもちぢこまったまま。こうなると、今年は温度が低すぎるのが心配の種です。
 8日は夏風邪でお休みした"どんぐり"さんですが、トマトやマメ、スイカの様子を仔細に観察して「29日にはまた復習からやらなきゃ!」ときっぱり。受講生の皆さま、覚悟してお出掛けくださいね。
 
 「来年は、この手で掘りたい」ーーマダケを茹でながら、 ^^;"はたけ番"の胸には、竹林整備2005や、竹林整備2006の情景が回転木馬のようにゆっくりと過ぎっていきます。

[PR]
by midori-net21 | 2007-07-19 18:05 | うまい 美味い 巧い!

八ヶ岳南麓 そろそろおしまい、ミツバ香る季節

d0035025_13465458.jpg

 上の画像は五月雨に打たれる野生のミツバです。湿った雑木林のあちこちに生えているミツバは日本原産(学名はCryptotaenia japonica)。元都会人の私が初めて野生のものに出会ったときは、ミツバなのか、ちょっと似ているウマノミツバなのか、じろじろ見つめ、茎を折ってくんくん匂いをかいでみるまでは不安でした。田舎暮しに慣れて来ても、川沿いの土の道や庭にまで進出してきたミツバのたくましさに今さらながら驚くばかり……。
 こちらも負けじと手に一杯摘んで、おひたしや素麺の薬味、お豆腐とサッと炒めるなど活用させてもらうようにしています。

d0035025_13591964.jpg

 6月末ころの様子です。保護色のジャケットをまとい、ちゃっかりミツバに溶け込んでいるのはーーキリギリス? どなたか教えてください。

d0035025_1471170.jpg

 昨日雨が止んで、ふと気づくともう花が咲いていました。こうして身近な土の道にも四季の自然が通り過ぎて行きます。香り高い野生のミツバとのお別れは、いつも寂しい。

[PR]
by midori-net21 | 2007-07-17 14:27 | うまい 美味い 巧い!

7月の農のいろは塾 3. 季節のお茶うけはマダケとラッキョウで

d0035025_1741282.jpg
  上画像は6月10日に撮影したものです。手前は梅酒、右手奥がラッキョウの甘酢漬け。この時期になるとどこでも誰でも漬けるもので、「だから、なに?」と聞かれるともじもじ、なのですが……。実はわたくし、生まれて初めてラッキョウを漬けたのですっ。生協のカタログで見て、なんとなく酢とセットで注文してしまったのがことの始まり。ラッキョウ酢は少々足らない感じだったので、ちゃんと自分で作って足しました。  
d0035025_17415938.jpg
  
 いろは塾では、定例会で翌月のお茶うけ当番を決めます。その折に"どんぐり"さんが「今年もマダケの煮物にしようかな」と言い、私もこの時とばかりに、「ほんじゃ、ラッキョウ!」と言ってしまったというわけ。右画像は当日撮影したもの。それで、評判は? 「あまり甘過ぎなくておいしい〜」とすぐ売り切れてしまいました。美味いマダケの煮物との相性も良かったのでしょう。ホッと胸を撫で下ろした"はたけ番"でした。

d0035025_17531619.jpg お茶の時間には、スタッフによる日頃の成果の「5分間発表」を行います。今回は"フキノトウ"さんによる「私の草対策と草取り」でした。
庭や畑の歩くスペースの
土をむき出しにせず、生えて来る草とうまく付き合い鎌や小型機械で芝生状態にしているというもの。悩ましい草とどう付き合うのか。これは、一つのヒントになりそうです。はい、拍手。
[PR]
by midori-net21 | 2007-07-13 18:06 | うまい 美味い 巧い!

7月のいろは塾 2. 古老の鎌使いにご注目!

d0035025_17452763.jpg
 
 勝負はこの月! というわけで、7月はいつも小林師匠の「鎌の話(鎌の種類、選び方、使い方)」からスタートします。今回は、"どんぐり"リーダーが夏風邪で倒れたため、師匠にはお話だけでなく老骨に鞭打つ(あ、失礼!)実技もお願いしました。それから草取りの実習へ。鎌なんか持ったことないという多くの参加者がサッサ、サッサと無心の境地で鎌を動かす様子は、ちょっと感動的でした。

     
 (左画像)この日は、前回の復習としてトマトの芽かきと誘引。初心者には脇芽がどれだかよく判らず大騒ぎ。(右画像)ニンジンの間引き。皆さん、ニンジンはこの通りしっかり握ってお持ち帰りです。サラダにも良し、かき揚げにも良し、まさに生産者ならではの楽しみです。

   

 (左画像)ネギの土寄せ。まずワラまたは干し草を寄せてから土を。これは師匠に伝授されたやり方です。(右画像)あ、生ってる、生ってる! という声があちこちに上がったスイカ。3本仕立てにしました。他には、ピーマンの芽かきと支柱立て、インゲンの柵立てなど。

d0035025_18134823.jpg

 最後の作業は、在来種のマメ、シモシラズの種蒔き。その前に「えいやっ」っと蓋を開けて、冬場にみんなで仕込んだ堆肥を取り出します。いろは塾では肥料を用いないで野菜を育てていますので、まさにこの堆肥が頼り。7月ともなると、こうしてかなり減ってしまいます。
 八ヶ岳は一日姿を現さなかったけれど、どしゃぶりの雨の中を決行した昨年の7月と比べれば、途中日射しがきつくなったものの何とも穏やかな一日でした。
 
 あ、お茶うけ! これなしには終わらないいろは塾ですが、ご紹介はまた次回に……。
 
[PR]
by midori-net21 | 2007-07-12 18:31 | いろは塾 2004ー2009

7月のいろは塾 またもや好天に恵まれたが、八ヶ岳はかくれんぼ

d0035025_1230735.jpg

7月8日の農のいろは塾の模様は、こちらのサイトでスライドショーがご覧になれます。
[PR]
by midori-net21 | 2007-07-10 12:30 | いろは塾 2004ー2009

ヘトヘトの週末明け 山椒の実の香りで元気が出そう!

d0035025_19264984.jpg

 日本全国どこの山野にも自生しているというサンショウ。ここ八ヶ岳でもそうで、我が庭にも気がついたら3本もにょきにょき……。春の若葉も佳いが、青い実がたわわに生ってくれる梅雨どきが毎年待ち遠しい。
 昨夕1階のテーブルに摘んだ細い小枝を置いて実を取っていたら、「匂う、匂うーーわかった、サンショウだ!」と、2階からはたけ番夫が叫んだ。気がつけば、眼も覚めそうな新鮮な香が家中に満ちている。縄文の土器から果実が発見されたこともあるというサンショウ。これが、香辛料や薬用に用いられた歴史は非常〜に古いのだ。

 新しい1週間の始まりーーお蔭で元気になりそう……ぴりりっとね!

[PR]
by midori-net21 | 2007-07-09 20:05 | うまい 美味い 巧い!