<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

5月下旬 畦で見つけた植物

d0035025_15265158.jpg
5/27の シロツメクサ を参照
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-30 15:25 | 庭・畦・小径でこんにちは

北日本は低温注意

先日畑の入口で立ち話をした。お相手は二三年前に定年退職して田んぼを始めた方。「今年はいつまでも寒い」というのが最近のトピック。14日の遅霜でズッキーニがやられ、15日に植えた稲が白っぽくなってしまったそうだ。
そう言えば、今年は桜の開花が遅かった…。植付は山の残雪の形を見て、コブシまたは桜が咲いてから、カッコウが啼いてから、などその土地によって様々な言い伝えがあるが、昔の人も天候には苦労したのだ。いろは塾のサブ師匠は「田植えは5月20日まで待つ」とズバリ言う!<オニヤンマ>
_______________________________________
5/26付の日本農業新聞によれば、「5月前半は低温が続き降雨も多かったことから、北日本の農作業や生育に遅れが出ている」また「夏に北日本が低温となる可能性は30%程度。列島北側上空の気圧配置が大きく蛇行し、寒気が流れ込みやすい形になる。その状況が大冷害をもたらした1993年と似ているため、一時的に北日本を中心に寒気が流れ込む恐れがある」と気象庁が注意を呼び掛けているそうだ。
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-28 08:19 | 季節と天気と生きものと

5月下旬 畦で見つけた植物

d0035025_1994347.jpgシロツメクサ
丸い花は、たくさんの小さな花の集まり。アカツメクサも含めて、英名クローバ。ともに、枯れ草が江戸時代に輸入したギヤマングラスの梱包用に使われたので、詰草(ツメクサ)の名がついた。明治時代以降は牧草として繰り返し移入され栽培されていたという。
♧ ちなみにわたしは、この花のアレルギー。花を良く見るとかわいいので、数本コップに挿してキッチンに置いたら、くしゃみと鼻水。かつて、庭にいっぱい咲いていた過去があるからか。<フキノトウ>
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-27 18:48 | 庭・畦・小径でこんにちは

5月の畑 ボリジの花が咲いた

d0035025_15343788.jpgボリジ
和名 ルリチシャ・ルリジサ。血液をきれいにすると言われるハーブの一種。
ブルーの星型の花はサラダのトッピングや砂糖漬けにしてケーキの飾りに利用、メルヘンチックな花は押し花にしてもかわいいですよ。
<どんぐり>
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-27 18:14 | 季節と天気と生きものと

5月22日 いろは塾 戦いすんで日が暮れる前

d0035025_18142125.jpg5月のいろは塾が無事に終わってホオ〜ッとした。塾終了後、自分の区画で大根の芽の間引きをしながら2週間前の大騒ぎをしみじみ振り返る。——となりの田圃が水を入れ始めたら予想もしない事態が起こった(去年は畑だったのに)。われらがいろは塾の畑が田圃になりかかった、さー大変!4月に植えたじゃがいも、ねぎが水浸し。必死に水路突貫工事、なんとか畑の形になったのだ。
田圃を作った先人達の苦労が少しだけ分かり、植え付ける野菜に向ける目が一層愛に満ちてきたようだ。<ホオノキ>
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-27 18:12 | いろは塾 2004ー2009

5月22日 いろは塾 フレッシュ・ハーブティーパーティー 

d0035025_1842563.jpg
 休憩は、カモミールにレモンバームを加えた熱いハーブティー。優しげなうす緑色のお茶は香りも上品で、みんなが何度もお代わりしたくらい旨かった!撮影係が飲むのに夢中になり過ぎ、写真撮り忘れの大失敗。次回は気をつけろよな! <オニヤンマ>
[写真 カモミール畑、ボリジの青紫色の花も見える]
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-27 18:03 | いろは塾 2004ー2009

5月22日 いろは塾 ピンチヒッターの講師を迎えて 2.

 今年は、プチトマトに最初から柵を立てた。去年は、自分たちで頑張って柵に取り組んだが、最初の台風であっけなく倒れてしまい、ご近所の方々に心配をかけたという苦い経験がある。今回は、さすがピンチヒッターとはいえ元農協に勤めていた方である。黒ビニール紐の扱いもパッパ、パッパと要領よく、押しても引いても大丈夫そうな柵が完成した。

d0035025_19141834.jpgd0035025_1918454.jpg
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-26 19:17 | いろは塾 2004ー2009

5月22日 いろは塾 ピンチヒッターの講師を迎えて 1.

 古老小林師の体調が芳しくないため、今回は古老のご近所の方に講師役をお願いした。二人は遠い親戚同士らしいが、世代がちがう。教え方にも異なる点があるが、我々がそれをいかに捉えて自分のものにするかが大切なのだ——いろは2年生なのだから。
[写真 先月植えたジャガイモと長ネギの説明、プチトマトやなすの苗の植付け準備]

d0035025_1951144.jpgd0035025_1983570.jpg
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-26 19:07 | いろは塾 2004ー2009

5月8日

昨日、大雨でしたが 水はうまくひいてくれたようです。<カラマツ>
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-09 22:23 | 農的生活・喜怒哀楽

ここの畑に多様な植物が見つかる理由

私たちがここの畑を気に入っている理由は、眺望が素晴らしいからだけではない。

d0035025_1250994.jpgここは、近頃めずらしく圃場(ほじょう)整備がされていない手作りの棚田だからだ。コンクリートブロックではなく、石積みの土手。直線による画一的な圃場ではなく、自然なカーブがついた不ぞろいで個性的な地形。機能的ではないかもしれないが、重機で土地をかきまわされなかったため、元からの植物が自生している。地域の植生が判る場所なのだ。そしてフキ、ノカンゾウ、セリといった食草を摘み、食卓に並べる楽しみもある。

あちこちで「市民農園で都市交流」が注目されているようだが、都会人が好むのは、このように自然を生かし、野生の植物や生き物ともふれ合える農地なのだということをぜひ知ってほしい。<みず木>  
  主催 緑のネットワーク21     農のいろは塾 ホームページ
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-05 12:22 | いろは塾 2004ー2009