カテゴリ:いろは田圃の稲パワー!( 84 )

八ヶ岳南麓 あぜまめの生育の明暗を分けた出会いとは

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_172955100.jpg
 田植えが機械化された今日では、「畦マメ? あぜまめって?」とキョトンとする方もいれば、「おー、懐かしいのぉ」と眼を細める(年輩の)方もいる。昭和三十年代末頃までは、つらい畦ぬり作業をしてから畦に大豆を二粒蒔いて、作業の締めくくりとしたもんだ(そうだ)。今、八ヶ岳南麓で畦マメが見られる田んぼはそう多くはないだろう。

 お田植えの頃、ローカルメディアに「古代の農法」という表現をされた我らの田んぼ。「古代」という言葉にこだわってカッカした田んぼ番^^;に比べ、尾形講師は「昔のやり方なんだから、いいんじゃないスか」と平常心であった。ふーむ、長坂自然農って思っていたより懐が深いのだなぁ……。
d0035025_17304236.jpg
 なんじゃい、こっちの貧相な大豆は! はい、これは、皆さんが「可愛い、可愛い」とおっしゃるシカたちと出会ってしまった畦マメの成れの果てである。両者を比較すれば、「光合成の主な舞台は植物の葉である」と理科で習った意味が理解できるというもの。
 同じ田んぼなのに、やられた所とそうでない所がはっきり分かれているのが興味深い。シカについていろいろ学習できたことだけは、確かだナ。
d0035025_17301497.jpg
 こちらは、昨日みんなで刈った草を隅にまとめておいた小山。「古代」では、刈った草の一本一本を無駄にせず、堆肥づくりに役立てたのだ。そう言えば、農のいろはの畑も大体同じ考えで運営している。そうか、「古代農法」かぁ……(笑)。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-08 18:00 | いろは田圃の稲パワー!

実り始めた古代米田んぼ 三回目の草取りに励む

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18161872.jpg
 残暑が続く日曜日、午前9時集合。地味な草刈り作業にしては大勢集まった。シカの食害を受けた畦マメについては、枝豆はあきらめて大豆にすることになった。尾形講師より、自然農では通常よりも苗間を広くとるので日光が根元まで入り丈夫な稲に育つと説明を受けた。収量はその分減ることになるが、納得する。

   
 
 吹き出る汗をものともせず、各自の持ち場で草刈りに励む。一心不乱に働くと、時間の経過が実に速い。お茶の時間までには畦もサッパリした。今日はこれで解散。
 次回は10月26日。ハイライトの稲刈りである! わくわく……。
 

d0035025_18213011.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-07 18:39 | いろは田圃の稲パワー!

八ヶ岳南麓 暴れシカよ、月夜の晩には気をつけろ!

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_17581698.jpg
 あれ以来観察を続けて来たが、一段上の田んぼの様子は日々惨憺たるものになってきた。見よ、稲穂の荒波! 毎晩どれだけのシカが運動に励んでいることやら。

d0035025_17595765.jpg
 下の古代米田んぼにもヘビー級のシカたちの跳躍によると思われる影響が出ている。石積み土手三カ所から上の田の水がジョロジョロと洩れ出して止まらないのだ。画像は、「どうしたものやら、こまったなぁ」と呆然とする農夫の姿。

d0035025_1802117.jpg
 田舎の美しい田園風景は農業がつくってきたものだ。なかでも田んぼが果たしている様々な役割は大きい。宇根豊さんの「田んぼの学校」によれば、「田んぼの働きは、百姓仕事がなされているから成り立っている。タダで得られる『機能』ではなく、お百姓の仕事で得られる『めぐみ』なんだ」。

 八ヶ岳を臨む眺めが素晴らしいこの地域の田畑全てに、来年はネットが張り巡らされてしまうのだろうか……。想像するだけで侘しい景色である。
 暴れシカよ、月夜の晩にはカメラを持った農夫に気をつけたまえ。眠さ堪えて撮影に励み、そのうちにYoutubeにのせてやるからな! 田んぼの恨みは恐ろしいんだから。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-06 18:34 | いろは田圃の稲パワー!

八ヶ岳南麓 秋の田んぼへの歓迎できない訪問者

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18345148.jpg
 先週の半ば頃田んぼの水当番の際に気づいた I さんが「畦マメの葉っぱがなくなってますよ、心配です」と知らせてくれていた。田んぼ番^^;が原村での研修からもどって駆けつけると、すでに上の画像のような状態となっていた。
d0035025_1841524.jpg
 見よ、この通りの裸状態。これじゃ、マメも太れない。
d0035025_18435356.jpg
 マメは残っているので、葉っぱだけの食害ーーで、ひらめいたのはシカ! フェンス寄りのスペースをよくよく見ると、あっ、足跡が。もちろん田んぼ番^^;のではない。
d0035025_18524096.jpg
 そこで、ふと上の田んぼに目をやると……。なんかヘン! なんで中央が窪んでいるの?
d0035025_18535482.jpg
 畦をよじ登ってその上の田んぼも見渡したところ……。そこは、まるでUFO離発着跡のような状態だった。しかし、稲に通り抜けた跡が残っているので、宇宙のロマン説ははかなく消えた。ニホンジカは群れて行動する。ここを仲間のお休み処にしたのだろうか。
 週に一度くらいしか来ないその田んぼの持ち主が見たら、腰を抜かすだろう。田んぼ番^^;だったら、一週間はへこんでしまいそう。
 「シカが出てくるのは地域の風物詩よ」なんてのたまわる方もいるようだが、年に一度の収穫を目指して生きるお百姓の気持への想像力が足らないなぁ、ぶつぶつ

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-02 18:51 | いろは田圃の稲パワー!

雨が上がった朝は水田の花に見とれ、午後は落葉にため息

  はたけ番mizki^^;ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_1692244.jpg
 この辺ではどこの田んぼにも咲いている花、オモダカ(面高 別名ハナグワイ オモダカ科 Sagittaria sagittifolia)。しばらく前から私たちの古代米田んぼにも目立つようになった。水田雑草なんて呼ぶのは気の毒な可愛らしい花だと思っていたら、やはり生け花にもよく使われるのだそうだ。お正月のクワイがこの仲間とは知らなかったけれど。
d0035025_1694059.jpg
 除草剤をまかない水田に咲くというコナギ(小菜葱 Monochoria vaginalis ミズアオイ科)。東南アジアから稲作とともにやって来た古の帰化植物だという。縄文後期? それとも弥生時代? 今ここでお目にかかれるとは、なんだか不思議。
 ところで次回9月7日の作業では、やはり鎌でこの花々を刈ってしまうのだろうか。
d0035025_16325780.jpg
 誰でも知っているツユクサ(露草 Commelina communis ツユクサ科)。たまに田んぼの中にも見かけるが、いつもの道端にも、林の片隅にも群れて咲いている。

 気の早い木の葉が散り始める今頃から、午後はどんどん短くなる。賑やかな休暇シーズンが終わり、いつの間にか別荘の窓は閉ざされてしまった。

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-26 16:44 | いろは田圃の稲パワー!

秋雨の候、傘をさして古代米田んぼの様子を見てまわる

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18444040.jpg
  赤米。花はもうお馴染みである。一部分けつが進まなかった箇所があって心配したが、そこにも穂がついているのを見つけた時はうれしかった。
d0035025_18445740.jpg
 黒米。他よりもやや丈が高く丈夫そうに見える。初めての経験なので、赤。黒、満月モチーー三種類の稲の生育をドキドキしながら見守っている。
d0035025_18455464.jpg
 それにひきかえ元気さ低迷中なのがプランター苗。あんたたち、そこじゃやっぱり不満? 困った、どうしよう……。

 気温が一段と低く感じられる今日の午後、ツバメたちが白い腹をちらつかせて稲田の上で低空飛行を繰り返していた。季節の移ろいは待ったなしだ。

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-25 19:12 | いろは田圃の稲パワー!

咲いた、咲いた! 赤米、黒米、稲の花

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18374517.jpg
 わくわく出かけた午前中は昨日のままだった稲たち。街なかに出かけた帰りにちょっと立ち寄ったところーーあぁっ、咲いてるぅ! 午後三時、烈しさの残る陽射しの中で、わたしたちの稲ちゃんが何本も穂を出して、咲いていた。感動と言うより、接写がうまく行くかどうかがプレッシャーだった……(笑)。上の画像は赤米。
d0035025_18462754.jpg
 こちらは黒米。地味な白い花には違いがない。稲の花盛りって、佳きものでしょうね。

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-13 18:54 | いろは田圃の稲パワー!

私たちの古代米田んぼ 稲の開花を待つ 2.

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18302924.jpg
昨日観察した黒米の一番穂にも、こちらの赤米の穂にもまだ花は咲かない。出穂して2.3日で開花するらしいから、小さな粉のように目立たない(と言われる)白い花が見られるのは、明日だろうか! わくわく……。

d0035025_18305071.jpg
 帰り道に大きな真っ白い蛾を見つけた。先日の朝国蝶オオムラサキを拾った道である。
 路傍で大往生を遂げたのは、オオミズアオ(大水青蛾 Actias artemis aliena 鱗翅目ヤママユガ科)。その姿は冴え冴えと美しかった。

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-12 18:46 | いろは田圃の稲パワー!

私たちの古代米田んぼ 稲の開花を待つ

d0035025_17152441.jpg
 こちらが真っ先に出穂した稲。朝9時から11時ころに花が見られると聞いて、わくわく出かけた暑い朝だったが、まだ咲かない! また明日来よう。

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-08-11 17:17 | いろは田圃の稲パワー!

緑風渡る古代米田んぼ 二回目の草取りに励む

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_1885458.jpg
 午前9時。すでに日は高い。炎天下の作業は辛いが、時折吹く風に生き返る。お盆休暇が始まり今回の出席者数は少なかったが、二組の参加者は昨日または今朝早く作業を済ませていた。出席者は各々鎌を手に土手、畦、自分の田んぼと草刈りにかかる。汗を拭いながら黙々と……。イヌビエが多く残り、頑健に生育しているのには驚く。
d0035025_18171786.jpg
 7月の1回目と同じ作業だが、稲の丈が高くなっていて、かがむと丁度顔にあたる。尾形講師から、「鋭い葉で眼を痛めるといけないから、ゴーグルか眼鏡の着用を」と事前に注意を受けていた。昔田んぼ仕事が手作業だった時代のこの季節は、眼医者さんが繁盛したそうだ。

     
 左画像は、草刈りが進み、稲の状況を説明してもらっているところ。赤米の一部に分けつが阻害された箇所が目立つ。そこではヒエも生育が悪い。しかし原因は不明。 
 右は、歓声が上がった初めて見る穂。黒米と赤米それぞれに一つずつ。明日の午前中には開花するそうだ。ぜひアップで撮影してお目にかけたい。
d0035025_18261782.jpg
 やっと来た、お茶の時間。よく冷えたミネラルウォーターに次々と手が伸びる。おやつを食べ、よいしょ、と重くなりかけた腰を上げる。「さ、あと一息!」なのであった。

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-10 18:52 | いろは田圃の稲パワー!