カテゴリ:はたけ番 お出かけの巻?( 31 )

冷たい春雨 ひっそりと咲く富士桜は三分咲き・・・

   
 
 フジザクラは、山梨の県花です。富士山を中心として広く分布しているそうで、私が住む八ヶ岳周辺では見たことがありません。と言うわけで、かねてより憧れていたこの桜を観る機会が昨日やっと訪れました。 
 雨模様の朝、かつての県立短大(今は県立大学)の講座のOB・OGと一緒に河口湖方面に出発。中の茶屋付近では、あまりの寒さに人も桜も震えていました。別名マメザクラというこの富士桜は、小ぶりの花がうつむき加減に咲いて、見れば見るほどに可憐で愛らしい。「山梨県民もこの花に似合うようにならなくちゃね」とつぶやいたら、講座仲間(みな山梨県人)は、「そりゃ、無理だ!」「言葉が荒いじゃんね」(一同笑う)。
 そうだ、も一つ言いたい。「山梨中に富士桜が似合うような緑の多い "まちづくり" を!」と。中央市から御坂峠までのあちこちで(農地・山林をつぶして造った)ピカピカの「ここにも道路!」を見かけたもんで。

 降りしきる雨とあまりの寒さにやる気をなくし、パッとした写真がありません。クリックして拡大しないようお願いします(笑)。 

[PR]
by midori-net21 | 2008-04-27 13:34 | はたけ番 お出かけの巻?

風土にとけ込んだ景観ーー竹富島に love, LOVE!  4.

d0035025_1631029.jpg
 いよいよ羽田へと向かう朝、赤瓦で平屋の家並、石垣、南国らしい植物ーーチュラシマーを離れることが寂しく、後ろ髪を引かれる想いでいっぱいでした。宿はネット環境になかったけれど、故郷の島を熱愛する女将と「まちづくり」のお話ができたし、何より「島には警察がない」なんて、今どき何て素晴らしい! 
 竹富島は重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。沖縄の原風景そのものの集落がいかに高い意識で守られて来たのかについては、こちらのサイトにも載っています。
 上の画像は、宿に向かう途中のお家で見つけて気に入っちゃったシーサー。ひょうきんなあの表情にもう一度会いたい!
d0035025_16311477.jpg
 集落にはこういう家ばかりが続いている。屋根に鎮座する可愛いシーサー。看板や標識を滅多に見かけないのは、当然規制があるからでしょう。似たような道が続くため、最初の日は頭くらくらして道に迷ってばかりだったけれど、それもまた楽しや、でした。
d0035025_16315037.jpg
 白い砂地の道を走るのは主にレンタサイクル。たまに自動車が通ると、それは観光業者さんとかの商売用です。そうそう、街なかではのったり、のんびり歩く水牛車にもよく出会います。稲作に向かない竹富島では、かつては畑に牛や水牛が使われていたのだそうですが、今はこうしてもっぱら観光用らしい。
 「温かいのは気候ばかりでなく、人情も温かいウチナンチュウ(沖縄人)」とは、まさにその通り! どうかウチナンチュウさん達よ、島と島に橋を掛けたり、高速道路ネットワークのまちづくりなんかに憧れないで、余所のどこにもない "温かく美しい風景" をしっかり守ってくださいね。
 島で5日、後は東京で過ごしたはたけ番mizki^^;のホリデイ報告、これでオシマイです。

[PR]
by midori-net21 | 2008-03-02 17:27 | はたけ番 お出かけの巻?

オン・ザ・ビーチーー竹富島に love, LOVE!  3.

d0035025_2073872.jpg
 珊瑚礁のチュラシマー(美しい島)を去る朝、ちょっと遠いビーチまで歩きました。明るく静かな浜辺には引き潮で岩場が現れ、白い浜には名前がよく分からない(イライラ……)植物が繁茂しつつありました。(下の右画像は)炎のランナー(古い!)ごっこをしたくなってしまった厚着堅太りのはたけ番mizki^^;です。なぜ赤い手袋って? "北海道並みの寒さ" というより強風のためちょっぴり寒かったのです。だから、ハイビスカス・カラー、ね。

   

 下は島で唯一つの小学校。南国らしさ溢れる入口と、沖縄の原風景の赤瓦の建物が素敵ですが、宿の女将に「今年の新入生は4人」と聞いて、う〜む。
d0035025_20455367.jpg
 
                                 ー つづく ー

[PR]
by midori-net21 | 2008-02-29 21:12 | はたけ番 お出かけの巻?

あったかい陽気、ほんわかした人々、竹富島に love, LOVE!  2.

d0035025_17555816.jpg
 沖縄では年明けからずっと曇り時々小雨という悪天候が続いていたのでーーせっかく飛ぶからにはしっかり調べていたのだ^^;ーーお天気にはあまり期待していませんでした。「曇っていても、山とちがって海は見えますもんね」というくらいの感じで。泡盛を買いに寄ったお店のおじいさまが「今年は、寒い! 北海道並みです」とおっしゃったのにはアハハハでしたが。
 それが、二日目のこと。午前中近くのビーチに出かけ、街なかで "大人のパフェ" を食べてから宿にもどって本を読みながらごろんごろんして、ふと眼を上げると、パ〜〜ッだったのです。こういう空がパ〜〜ッと。うぉっ! と叫んだりは(私は)しませんでしたが、太陽輝くビーチへと走って行ったのは言うまでもありません。
 竹富島では、たいていの観光客はレンタサイクルで走りまわるようですが、私どもは真面目に歩け、あるけ、歩けを実践してきました。だって……

d0035025_18131372.jpg
 お宿の食事が朝も夕も実に美味しく、たっぷりだったからです。上は二日目の夕食。メインは石垣牛です。刺身もうまかったぁ。 ※昼間のパフェは、軽めの昼食がわりというわけでした。
                             ー つづく ー
[PR]
by midori-net21 | 2008-02-24 18:21 | はたけ番 お出かけの巻?

あったかい陽気、ほんわかした人々、竹富島に love, LOVE!

d0035025_17343334.jpg
 沖縄の天気予報では「糸数では8.7度、那覇では10度……寒いです」なんて言ってました。えっ、寒い? 氷点下8度なんて普通の朝って感じの八ヶ岳から飛んできた身ですから、到着した日は曇天とはいえ鮮やかな緑、咲き乱れる紅いハイビスカスにうっとりどころか、「信じられな〜い」と農じゃなかった、脳のどこかがひっくり返ってしまいましたよ。そのわりには食欲が衰えなかったのはサスガです。

 [上の画像はブーゲンビリア、下画像の左はハイビスカスが咲く道、右の紅い花は石垣島でも生け垣にたくさん咲いていました。名前は? 八ヶ岳の野草は少しは詳しくなりましたが、沖縄では分厚い図鑑が必要!]

   
 
 ビーチに向かう土の小径には車がほとんど通らず、陽が高くなって気温が上がるとたくさんの蝶が乱舞していました。次は図鑑を持って来よ♬♫ と、かたく決心したはたけ番^^;であります。
 
  [左画像 リュウキュウアサギマダラ  右画像 スジグロカバマダラ]
   
                               ー つづく ー

[PR]
by midori-net21 | 2008-02-23 17:58 | はたけ番 お出かけの巻?

雪かき後10日間のホリデイへ! 

d0035025_181483.jpg
 朝の雪かきしたあの日はすでに遠く、そしてホリデイ気分も段々遠くなるぅでございます。残雪の高原に帰って以来いろいろ片付け仕事にかまけて、もう3日目……。そろそろアップしとかないと全部忘れちゃいそうです。
 というわけで、まずはこの画像から。ズッキィさんの「雪 のち リゾート」とは行きませんでしたが、パスポートの要らない異国ムード満点の島でした。と言えば、すぐお分かりですよね。あっ、もうこんな時間だぁ。この続きはまた明日のお楽しみ!

[PR]
by midori-net21 | 2008-02-22 18:15 | はたけ番 お出かけの巻?

2007年 はたけ番の十大ニュース 8.  秋の東京でお上りさんになる!

 山梨に住みついて10年を越える頃から、かつてのふるさと東京に出かけることが少なくなりました。晩秋のある日4ヶ月ぶりで中央高速バスに乗りましたが、すっかりお上りさん気分……。目的の一つは、あるお固い研修会へ初めて参加するためと、もう一つ、旧友たちとの再会でしたが、比べるまでもなく後者の比重の方が大きかった!

d0035025_12471762.jpg 左は、10月31日(水)環境カウンセラー関東地区研修会で配布された118頁の資料。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)に参加されている科学者西岡秀三さん(国立環境研究所)の講演「低炭素社会の到来 温暖化の現実」は、今年公表されたIPCC第4次評価報告書に基づく最新の内容を、熱っぽく伝えるものでした。
 午後の分科会は、全国から集まったカウンセラーたちが小グループに分かれて話し合い、結果を発表し合うワークショップ。初めての研修会が無事に終了し、その夜のバスでいざお山に戻ってみると、はて全部読み終わるのはいつのことやらとため息が出るような資料集ですが、新年を前に、これからも「農のいろは塾」の現場で少しずつ地域でできることをしていけたらと願うはたけ番^^;であります。

それでは、お上りさん報告を始めましょう!
d0035025_13112871.jpg
 10月28日(日) かつての職場の同僚たちと久しぶりに再会しました。それぞれが職場を去った後は別の道を歩んでおり、一人はロンドンでコンサルタント(お里帰り中)、もう一人は貿易会社経営のかたわら音楽にも打ち込むという生活、残る一人ははたけ番^^;です。この日は経営者兼ミュージシャンがたまたまJR大崎駅前で地域のお祭りにライブ出演するというので、それっと集合したわけ。曲目はウェスタンやブルーグラスが中心です。ところで左隅に有名芸能人がいますが、わかりますか?

d0035025_13185814.jpg
 出番が終わった彼の案内で移動した先は上野公園。日曜日なのでビッグイベントが開かれている最中でした。主催は東京都/ヘブンアーティスト運営実行委員会。南米のボリビア、ヨーロッパ各地、アジア、日本などから95組のパフォーマーやミュージシャンたちが繰り広げる大道芸に飽きることなし。
 お〜、東京はすっかり国際都市になったなぁぁ……。

d0035025_13301894.jpg
 その晩は、上野の杜にある老舗の料亭で会食。ロンドン帰りの元同僚も純日本的な佇まいに大満足。もちろんお料理も美しくかつ美味でありました。手前は、朴の葉(繊維)の上にあしらわれた紅葉と松葉。

 下欄は、「皇居が覗ける(?)と評判のフレンチ・レストラン」からの眺めです。


More(皇居を眺めるレストラン)
[PR]
by midori-net21 | 2007-12-29 13:57 | はたけ番 お出かけの巻?

2007年 はたけ番の十大ニュース 3. 同期のさくらに桜咲く

d0035025_16512187.jpg
 3月30日(金)快晴。新宿御苑でお花見をしました。八ヶ岳南麓の桜は東京より1ヶ月ほど遅いので、毎年うまく行けばニ回お花見が楽しめます。ラッキー!

 3月31日(土)晴。久しぶりに東急多摩川線※に乗って小学校の同期会に出かけました。懐かしのクラスメートたちとは8年ぶりの再会です。私は、大田区の東急池上線沿線で育ち、小学5年の春に目蒲線(今の多摩川線)沿線のーー「町工場」が集まる地域として知られていたーー町に引っ越しました。同じ区内とはいえ転校生の私は土地柄に馴染めず、数年ほどはおとなし〜く過ごしていたものです。
 卒業30周年の時に初めて盛大な同期会が開かれた時には、行こうか、どうしようか、と迷いました。そして、勇気を出して行ってみたら……。「お、おまえ、永生きできてよかったな、元気なくて弱そうな子だったもんな」とかつてのガキ大将に肩を叩かれたり、「覚えてる? あの時はありがとう」と感謝の握手を求められたり、思いがけないことの連続でした。子ども心に荒っぽい土地柄に恐れをなしていたのでしょうが、住んでいるのは、みんな気の良いあったかい連中だったのです。
 すでに両親が亡くなり、住んでいた家もなくなってしまい、訪れることもなくなってしまった街。多摩川沿いにあった大企業の跡地は公園になり、町工場も見かけなくなり、その代わりに川を見下ろす億ションが建ち並んでいます。橋に続く道は「けやき通り」と呼ばれ、自然樹形の見事なケヤキ並木になりました。かつてーー昭和三十年代まではーー野菜畑が広がり、ヒバリが薮から空へ飛んでいた川原は、今はどこまでも続くスポーツグランドです。蛇行する川の姿は昔のままですが、土手に吹いているのは頬に冷たい見知らぬ風でした。
d0035025_17493229.jpg
 この連中は3組。私は4組です。いつの間にか親そっくりになっている人もいて可笑しい。この後有志で元気に川を越えて歩き、同期生がやっているお店へ。二次会では、今年初のカラオケを楽しみました。    

※東急目蒲線は、東京都品川区の目黒駅と大田区の蒲田駅との間を結んでいた東京急行電鉄の鉄道路線。東京急行電鉄の母体でもある目黒蒲田電鉄が最初に開業させた路線である。2000年8月6日に多摩川駅(同日、多摩川園駅から改称)を境に以下の路線に分割され、「目蒲線」という名称は消滅した。(WIKIPEDIA 東急目蒲線

[PR]
by midori-net21 | 2007-12-17 14:40 | はたけ番 お出かけの巻?

2007年 はたけ番mizkiの十大ニュース発表 ・ 初雪や……

d0035025_11313335.jpg
 今年もあと半月を残すところとなりました。昨日の午後は一時アラレが降ったりしましたが、ずっとお天気の日が続いていて、柿に始まり白菜、大根……なんでも干したくなっちゃう今日この頃です。

 さて、はたけ番^^;が振り返る2007年とは? この年齢にしては、「初めて」という出来事が多い一年でした。それに「久しぶり」というニュースと合わせ、なるべく時系列に並べて記録することにしました。
 お正月。年の初めはのんびりしましたが、6日、7日と雪が降って真冬モードに突入! 8日には北杜市高根町長沢にある古民家(かつての本陣)に出かけました。目的は3月25日(日)に開催が決まっていた "シネマ&トーク" のための会場下見です。よくある改造古民家でなく、昔そのままの重厚なお屋敷をお借りするという初めての企画。3月の末のイベントでしたが、家の中はかなりの冷え込みでした。昔の人は忍耐強かったのですね。
 
d0035025_1150550.jpg
 こちらは、お正月に家人がつくった今年初めてのケーキ。ムラサキ芋をつかってのモンブランです。雪の散歩の後とあって、はい、美味しゅうございました ^^;

More(3月 シネマ&トークの模様)
[PR]
by midori-net21 | 2007-12-15 11:59 | はたけ番 お出かけの巻?

小雨のキラー通りと道玄坂でのウィークエンド♪

 先週末は、久しぶりに東京で過ごしました。高原を"オニヤンマ"気分ですいすいと出発したものの、新宿に着いたらむしむし、あぢ〜! 街中あれだけヒトであふれかえっていれば、温度が上がるのは当たり前というもの。それにしても、行く度に地方と中央の経済格差、しっかり感じます……。中央から下って来る人もそうなのでしょうか。

   
 
 画像左は地下鉄駅構内。紅白の転落防止ホーム柵が見えます。そう、丸の内線です。途中銀座線に乗り換えて下車したのは外苑前。「ふむふむ、キラー通りを上っていくのね」と地図を見ながら向かったのは、原宿のあるマンションの一室。そこでは、友人が着物地の手づくり小物やドレスの展示会を開催中で、昔の友人に出会ったり、手書き友禅染め作家の方などとおしゃべりが弾みました。その日は最終日。間に合ってよかった! 

   

 翌日は、JRで渋谷に出かけました。四方から騒音が降ってくる(ウルサいの苦手ぇ)駅前交差点から道玄坂を上がること数分で映画館に迷わずに到着。シルバー割引で、一人千円! 映画は河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」ーーカンヌ映画祭で審査員特別大賞グランプリを受賞した作品です。
 実は、十年前にこの監督の瑞々しいデビュー作「萌の朱雀」を見ており、今回もかなり期待していました。ところが、この「殯の森」はーーう〜む、出だしの森や稲田、茶畑の風景は素晴らしかったですが、後半で肩に力が入っている感じなのと、ストーリー展開に不自然な点が目立ってーーもう、疲れてしまいました。もっとも私以外の方々は絶賛されているようですから、この映画に興味のある方は、ご自分で判断してくださいね。

d0035025_19132681.jpg

 というわけで、飛びこんだお昼時のフランスレストラン。平日のせいか外国人ビジネス客の姿も目立ち、パリのどこかにいるような感じ……。映画で疲れて食欲がなかったので、頼んだ「リエット入りサラダ」でお腹はいっぱい。連れ合いは、「ホロホロ鳥のなんとかソースかけ」に満足げでありました。
 次々と再開発が行われて好景気に湧く(という)東京。だんだん見知らぬ無国籍巨人になっていくようで、やれやれ、そろそろお山の野菜畑が恋しくなったはたけ番です。

[PR]
by midori-net21 | 2007-06-27 15:39 | はたけ番 お出かけの巻?