カテゴリ:はたけ番 お出かけの巻?( 31 )

関西訪問(2) 秋の京都 京大原子核工学の研究室にて(動画)

d0035025_2251820.jpg

 八ヶ岳の片隅の農のいろは塾と京都の大学の原子核工学とは何の関係があるのでしょうか? 一年前ならあり得ない繋がりでした……。そうです、東日本大震災に伴って起きた原子力発電所の事故で生まれた小さな関わりです。

 4月に松葉の試料採取をした関係で研究者の河野さんとお知り合いになり、それから半年後の秋に、無謀にも研究室でお仕事中のところをお邪魔してしまった・・・という「今年の一字」なのでした(笑)

 試料(土壌)は訪問する10日ほど前に送付しておいたのですが、「できれば測定の現場を覗きたい!」というはたけ番の願いが叶った貴重な3分ほどの記録は、以下の動画「土壌の放射能測定・予備調査」でご覧になれます。研究者が行う「結果が出るまで待とう」式測定とは、いかに重々しくシビアなものかがお分かり頂けることでしょう。



 さて、2011年も残すところあと55分となりました。この記事が今年の最後を飾るとは、年明けには夢にも思いませんでした。一寸先は闇、ですね。それでも、新年には新しい光明が見えてくるよう祈ってやみません。

 以下いくつか参考サイトを挙げておきます。
朝日新聞静岡版(2011年10月04日)の記事 インタビューしずおか「できるだけ被曝避けて生活を」 
Kohnoのブログ(松葉による全国の測定結果、汚染状況、原子力などについて)
▷現代化学 2011年12月号 No.489
静岡放射線測定室 のアドバイザー。

   (注)この予備調査は4月3日のひろばの有志と共に行いましたが、まだ結果を発表する
    段階ではないことをお断りしておきます。

    
[PR]
by midori-net21 | 2011-12-31 22:39 | はたけ番 お出かけの巻♬

関西訪問(1) 秋深まる京都で 目指したのはある研究室

d0035025_17482722.jpg
 京都駅プラットフォームです。遠い昔、まだ市電が走っていた頃にも何度か訪れた古都、京都……。ここから眺めると、かつての駅前風景が蘇って来るようです。
 さて、11月末に伊賀で開催された「菜種オイルソムリエ研究会」に出かけた折にここで下車し、今まで訪れたことのない或る場所へと向いました。

 じゃ〜ん! ここは洛中、親鸞聖人洛中寓居跡(光圓寺)です。さて、何処へ?
d0035025_1748405.jpg
 
 可愛いパン屋さんに寄り道。京都は、すっかりクリスマス・モードでした。
d0035025_17485883.jpg
 
 紅葉がちょうど見頃の鴨川べり。河原を自転車が行き交い、そぞろ歩く人も多く、観光客で賑わう名所旧跡よりも心地よい雰囲気でした。
d0035025_17491320.jpg
 
 閑話休題。目的地に到着です! わ、(私には)タイムスリップというか、デジャヴュの世界でしたが、正門を抜けてどんどん進み、迷子になったりしてたどり着いたのが・・・?
d0035025_22135620.jpg
  ↓  これ、なんだ? 謎の物体かな……?  ↓    
d0035025_17492298.jpg
〜京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻 河野益近さんの研究室〜 (続く) 
[PR]
by midori-net21 | 2011-12-25 18:08 | はたけ番 お出かけの巻♬

8月8日 八ヶ岳の日の心温まるお茶会

d0035025_22192688.jpg
 八ヶ岳の日は、連日の雷様に見守られながら明けました。昼下がりに頃合いを見計らってミソハギ咲く小道を数分上ると、ナツアカネがのんびり出迎えてくれました。
d0035025_22174791.jpg
 お茶会。遠州流とは、武家茶道。はたけ番は、遠い昔山口県の海辺のまちに住む祖父母を訪ねた時に祖父のお茶室で遊んだことをよーく記憶しているため茶道に親しみを持っていたものですが、年頃になると、それが「花嫁修業」のために在る(当時はそういう時代)と感じて、気持ちが離れてしまったというわけ。
 ところが、八ヶ岳に住んでン年の後、いろは田んぼ組を始めたことで茶道と不思議な再会をすることに……。実は、こちらのお茶会に参加するのは三度目。いつも一服するなり、亭主の心遣いを感じる余裕もなくお作法を忘れてしまうという有様で、これが祖父なら「もう子どもじゃないんだから」と、厳しい言葉が浴びせられるにちがいありませんが、田んぼでご一緒したこちらの先生は忍耐強くお優しい方で ほっ♪
d0035025_2242343.jpg
 この日は、東日本大震災の被災地に思いを寄せるというのが趣旨でした。上のお菓子は、日本に勇気を与えてくれたあのナデシコが添えられた特別なもの。掛け軸、生け花、茶器、菓子など全てに細やかな配慮がされているのをしみじみ感じながら嗜むのが茶道の極意なのですよね、どきどき。
d0035025_2249148.jpg
 こちらは、女主人のSさん。いつもお洒落で、コスモポリタン的雰囲気いっぱいの方です。下の赤糸刺繍の布は、何年か前にチェルノブイリ事故の被災地ベラルーシュ慰問のために訪れた時に子どもたちからプレゼントされた思い出の品だそうです。 
d0035025_23121940.jpg
 こうして、お茶室の外にもさりげなく特別な一日のための配慮がされていることに心温まり、その日の雷様のご機嫌を伺いながら、農の道を下って帰宅しました。

 Aさん、いつも素敵なひとときを有難うございます。いつかまた(性懲りなく)気持ちを引き締めにお伺いできれば仕合せでございます。 
                 まずは略儀ながら、御礼まで。 かしこ
[PR]
by midori-net21 | 2011-08-10 23:16 | はたけ番 お出かけの巻♬

羽田国際空港 時空をトリップしたウィークエンド

d0035025_21531386.jpg
小学校の同期会が5年ぶりに開かれた先週末。翌日思い切って出かけたのが、ここ。
d0035025_21532058.jpg
東京は大田区育ちですから、羽田空港は子どもの頃から身近な異空間だったわけ。 
d0035025_21533077.jpg
21世紀の今、すっかり江戸調に生まれ変わって……、ファンタスティック!
d0035025_21534124.jpg
いいね、江戸情緒! 東京はついに自分らしさを見つけた・・のかもしれない。
d0035025_21534923.jpg
       久しぶりに乗ったモノレール。久しぶりに見た海。
     ふるさと東京には帰る場所がなく、目指すのは八ヶ岳の麓。
          湾 の 彼 方 に 富 士 山 が 見 え た。
[PR]
by midori-net21 | 2011-02-03 22:21 | はたけ番 お出かけの巻♬

お祝いのドライフラワーリースを抱えて東京へ

d0035025_1091232.jpg
  赤ん坊の時から知っている友人の息子が年末に結婚したとか、
  同期生に孫が6人もいるとかの話を聞くことが多い今日この頃
  である。めでたい話は大いに結構! 明るい気分になれるから。
   
  さて、これから東京へ日帰りの旅に出かける。   
  元の職場の同僚が定年退職する日と聞いて、仕事一筋だった
  彼女の第二の人生を祝福してあげるために!

  八ヶ岳産 花遊び さんの特注手づくりリースがプレゼント。
  私がパーティーに行くことは、まだヒミツ……。
  

More(当日の画像はこちらをご覧ください)
[PR]
by midori-net21 | 2011-01-07 10:26 | はたけ番 お出かけの巻♬

2010年クリスマスの旅 終着駅は代官山

d0035025_21585493.jpg
   代官山でサロンとアトリエを経営するデザイナーA子さんが、苦手なPC相手に
   頑張ってこの画像を送ってくれた。特大サイズだったけれど、無事着信。 
   新しいクリスマスが目の前に広がった。悪くないね、東京も!  
  
   というところで、堂々巡りのこの旅は代官山アドレスでジ・エンド。
   A子さん、ありがとう。皆さま、おやすみなさい……♬
[PR]
by midori-net21 | 2010-12-25 22:15 | はたけ番 お出かけの巻♬

フランス 小さな街のノエルは静かに暮れていく 2.

      〜画像は、ブルジュのカテドラル。りんご姫さんによる撮影日は昨夜〜
d0035025_16211867.jpg
   私がフランス(パリとその近郊の街)に住んでいたのは1970年代前半
   で、すでに大昔のことだ。故郷日本は遥か彼方に想うもので、モノも情報
   もほとんど手に入らなかった時代(があったとは……)。
   貧乏学生にとっては旅行は贅沢だから、今回登場するブルジュへは行った
   ことがない。でも、どことなく懐かしさを覚えるのは何故だろう。夜のミ
   サ、街の静謐さなどの雰囲気がまったく変わっていないせいだろうか。
d0035025_1953218.jpg
   元来は「冬至の祭」とか「宗教行事なのに」とか指摘されても、クリス
   マスはすでに日本でも年中行事の一環としてしっかり根付いている。
   クリスマスマーケットやディナーとか、相変わらずモノやグルメは私たち
   の好奇心をかき立てる。

   でもね、明日26日にはせかせかと飾り付けを取っ払い、さっさと正月
   ムード一色に切り替える日本独特の風習って、なんだかな〜。
   クリスマスも正月も同じようなあしらいって? とブルーっぽくなった
   2010年わたしのクリスマス。それでも、やっぱりメリー クリスマス!

   そうだ、次は代官山をのぞいてみよう。この旅は終りそうにない(笑)。
[PR]
by midori-net21 | 2010-12-25 17:41 | はたけ番 お出かけの巻♬

フランス 小さな街のノエルは静かに暮れていく

    どんよりしたクリスマスの朝。お山には雪が静かに降っている。
d0035025_12464311.jpg
   街にとけ込む静かなノエルが恋しくなって、ふいっとひとっ飛び
   してふわり着地したのが、フランス中部にあるブルジュの旧市街。
   見覚えがあるこの店は、そう、チョコレート屋さん
d0035025_2063051.jpg
   石畳が続く街。店々のノエルの飾り付けはシックさが基調だ。 
d0035025_13305061.jpg
   あっ、トナカイに乗ったサンタさんもいる! 
   フランスの子どもたちもプレゼントを待ちこがれているからね。   
   街はひっそりしているけれど、ノエルは、日本の正月と同じく
   家族で祝うもの。じいちゃま、ばあちゃま、親戚も集まって賑や
   かにご馳走を食べ、プレゼントの交換を楽しむ。
d0035025_14112428.jpg
   フランスはカトリックの国だから、見逃せないのがクレッシュ。
   聖母マリアと夫のジョゼフ、 羊と羊飼い、馬、ロバ、そして東方
   の三博士など、イエスの生誕にまつわるものだ。[参考]クレッシュ
   
   画像のクレッシュは、ブルジュ近くのサンセールの焼き物だそうだ。
   今回もりんご姫さん、ご協力ありがとう!   ー つづきますー
[PR]
by midori-net21 | 2010-12-25 14:56 | はたけ番 お出かけの巻♬

クリスマスツリーが似合わない場所

d0035025_13251930.jpg
あちこち電飾ばやりの世の中だから、師走の日本列島に輝くクリスマスツリーは星の数ほどあるのだろう。
画像の撮影日は11月20日。満月前夜。闇がうごめき始める時刻。蕎麦屋にツリーは似合わない。魚屋にも寿司屋にも、ね。

きっと皇居にも……。今日は天皇誕生日。
[PR]
by midori-net21 | 2010-12-23 13:57 | はたけ番 お出かけの巻♬

街が活き活き 神楽坂で年忘れ昼食会

d0035025_2185261.jpg
師走。冬景色の八ヶ岳から東京に到着すると、鮮やかな銀杏にはいつも感嘆する。あ、銀杏は「東京都の木」でしたっけね。
d0035025_2175550.jpg
忘年ランチをせむと神楽坂に集まった。ちょっとアングル悪いなぁ。左にフレンチ、右にジャポンの居酒屋……。入ったのは左です。レストランはほぼ満員。
d0035025_2183934.jpg
新宿駅前で思い切って買ったのよ。
パワー凝縮、一枚に賭けたところを盗み撮りされる(笑)。
d0035025_2172217.jpg
やさしく見送ってくれた銀杏の葉。あんた、マンガの味方? それともS太郎元作家都知事の方? バ〜イ、次回は正月明けかな。
[PR]
by midori-net21 | 2010-12-20 21:49 | はたけ番 お出かけの巻♬