カテゴリ:農的生活・喜怒哀楽( 77 )

5月のいろは塾 3. トマトのコンパニオンプランツを試す

 朝からの雨で、白い花をたくさんつけたミズキの枝が重そうです。こんな日は^^;はたけ番雨のバラードの続きと行きたいのですが、先日のいろは塾の報告をしなくちゃいけないーーあぁ、つらい!
    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・    

 今年のテーマの一つとして、コンパニオンプランツを試すのを公約? いや、公言しているため「どーする、どーする?」といろは塾得意の泥縄的思考の結果決まったのが「トマトと○○○」だ。さて、何でしょう?
d0035025_12294879.jpg

 正解はどこにでも生えているノビル。園芸家で畑リーダーのどんぐりさんのアイディアなのだ。「トマトにはネギ科、ネギ類の野菜が共栄効果があると言われていますが、自分でやってみた結果ノビルを選んだ」とのこと。
 コンパニオンプランツって洒落た言葉のようだが、昔農薬がなかった時代に、お百姓さんの知恵として地域に伝わっていたやり方ーー野菜や植物同士など自然の力を利用するもの。共栄作物と呼ぶより、いま風かもしれない。"スローライフ"の扱いにちょっぴり似ているかも……。みんな、面白そうに植付けている。いろは塾特製のコンパクトな木の立て札、いいでしょう?

   

 <つんつん立っているのは仮に立てたカヤ。支柱は次回6月に立てる予定である>
[PR]
by midori-net21 | 2007-05-25 12:54 | 農的生活・喜怒哀楽

初夏に台風みたいな強風が吹けば・・・あれ〜っ!

d0035025_185519100.jpg

 昨日は夕方から急激に冷え込み、「もう五月だけど暖房つけたいな、もう年だしぃ……」的気分になりましたが、夜が更けるにつれて、まるで台風通過のような大荒れとなりました。戸外でギシギシ、ごんごんという音が始終していたのはーー庭の樹々の悲鳴だったのでしょうか。
 さて、一夜が明け、一連の用事をすませてから恐る恐る畑に出かけてみるとーーいい日、いい勘! ご覧の通りの有様でした。前回立てた柵がものの見事にひっくり返り、こともあろうにカリフラワー様、ブロッコリー様御用達のトンネルの上に堂々とごろん! していたのです(な、涙)。

 八ヶ岳がこれほどよく見渡せる土地というのは、山から吹き下ろす風がとてつもなく激しいっということでもあります。はい、よーく知っております。過去において何度も経験したのですから、まるで年中行事ーーと、ひとり肩を落として畑を後にしました。
 「明日はキャンセルできない約束があるしね、どうしよっ!」 悩める一夜がまたやって来ようとしています。
[PR]
by midori-net21 | 2007-05-11 19:17 | 農的生活・喜怒哀楽

八ヶ岳南麓 畑の隅に完成した自然素材の厠(かわや)

 4月21日(土)午前9時いろは塾有志が畑に集合してホンモノのかわやの設営作業をしました。はたけ番^^;は余所で集まりがあったため欠席(ペコリ!)しましたが、静かでよかったという声も……。
 右画像は、風景に馴染む手づくり厠が完成して歓ぶスタッフ。お疲れ様でした。

   

  そこを通りかかったあるお方に「ありゃ何ですか、避難小屋ですか」と訊かれて「はい、トイレ付きの」と答えたスタッフがいたそうな。まぁ、間違ってはいないけど。

More(追加写真1点)
[PR]
by midori-net21 | 2007-04-22 17:32 | 農的生活・喜怒哀楽

ナスの苗床づくり 植付けはまだまだ先・・・

 
d0035025_16464730.jpg
 先週の金曜日街なかで用事を済ませた帰りに師匠の家に立ち寄ると、近くの畑で八重子おばちゃんがせっせと働いているのを見つけた。「ナスの苗床さ、こうやって堆肥を入れて」と説明してくれる。おばちゃんは、自家用の他に別の畑でも野菜をつくり、販売スタンドを営むプロなのだ。あの無駄のない柔らかい動き、いつの日か真似できるだろうか (*.*)
d0035025_16465999.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-04-20 17:02 | 農的生活・喜怒哀楽

今年の畑は、特製竹のかわや作りで始まる

d0035025_1043581.jpg


 去年使っていたかわやは、いろは畑の北東の隅にさりげなく立っていました。竹の支柱を市販のヨシズで囲んだものでしたが、二年を越すとさすがにダラ〜ッとしてきたため、暮れに古竹を野焼きした際、一緒に燃してしまいました。
 というわけで、今年は新品のかわやが登場することになります。仲間のお連れ合いが建築家ですので、「う〜む、あの畑に似合うかわやかぁ」と頭をひねって設計してくださったのが、これ! 縄文っぽい感じでしょう? これは模型ですが、21日の土曜日には、いろは塾有志がせっせとホンモノを設置する予定です。つかい初め?ーーさあ、誰が執り行うことやら(笑)。
[PR]
by midori-net21 | 2007-04-19 16:00 | 農的生活・喜怒哀楽

春の行事 石灰まき終了!

4月4日(水)朝9時、仲間4人が畑に集合して恒例の石灰まきを粛々と行いました。今年は風があまりなく順調に終了。「物足りない、もっと働きたい……」という感じでした。
d0035025_1046476.jpg

ところが午後から夕方にかけて急に冷え込んで雪がちらちらーー予報通りとは言ってもびっくり。我が家の二階のベランダの巣箱の屋根にもちょっぴり積もりました。「農のいろは塾」オープニングの22日は、だいじょうぶかなぁ。
d0035025_10573298.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-04-05 11:02 | 農的生活・喜怒哀楽

平日の畑 追加作業に大勢集まった

(写真はクリックすると拡大します)
   
 
今朝9時、前回5月21日 できなかった「竹の柵づくり」追加作業のために畑に集合しました。終了時に「7日にやりますよぉぉ」と軽く言っただけでしたが、今朝の畑には「早く働きたいよォ」という感じの参加者が数名待っていてびっくり。

二年前、たった3人の会員でしょぼくれて立てた始めての柵。夏の終りには台風でズデ〜ンとひっくり返ってしまったごつい柵 ーー 今回の人手にはうれしいやら、たのしいやら(^^)! 
みなさん、有難うございました。お裾分けのカリフラワーとブロッコリーは、どのようにして召し上がりましたか?

More(完成した柵はこちらです)
[PR]
by midori-net21 | 2006-06-07 22:45 | 農的生活・喜怒哀楽

北西の風の強い日には 畑でなにかが起きる!

(クリックすると拡大します)  

今週の水曜日(26日)昼、ちょっと見回りに行ったところ「ぎゃぁ〜」でした。正確には植付け以来二度目の叫び声です。竹を活用し、ネットの裾は土や大きめの石で何箇所もとめてあるのですが、さすが名高い強風には、この通り。防虫の役目にはまったくなっていないこの現象、なんとか乗り越えなければ!
[PR]
by midori-net21 | 2006-04-29 13:36 | 農的生活・喜怒哀楽

堆肥場の蓋をおそるおそる開く

(写真はクリックすると拡大します)
   

日曜日を前に、今日は畑の区割り、ラフな作付表づくりをしました。今年の「いろは」のテーマは、以下の通りです。がんばるぞぉぉ (^_^)v
 1. 多品種野菜 食べ比べ・味比べ
 2. 珍しい野菜にチャレンジ!
 3. 美しい 農の景観づくり(ハーブと野草)  

冬に乾燥続き だったため心配して 苦心のおくるみ をした堆肥の出来具合は、右の写真の通りです。
玉手箱よろしく、こわごわ蓋をはずした時の胸のときめきよ……。みんなの苦労の甲斐あって、丁度よい具合となりました。中がほっこり温かかったのか、ネズミの巣も見つかりましたよ! 
堆肥を前にみんなニコニコ。これで日曜日も快調にスタートできそうです。
[PR]
by midori-net21 | 2006-04-14 14:10 | 農的生活・喜怒哀楽

なぜこんな日にまくんだ、石灰? 

(写真はクリックすると拡大します)
     

2日の日曜日は一日中雨。夕方には春雷もピカピカッゴロゴロッと賑やかでした。
朝のうちに判断して石灰まきを翌日に延期したのですが、いやな予感が……。そうですよ、翌朝は、びゅ〜びゅ〜と吹くの吹かないの名物の風……。
集まったメンバーは、こうやって我慢強く一人一袋ずつ頑張って撒きました。石灰が目に入ってしょぼしょぼしていたコンタクトのはたけ番 (T_T) の分もまいてくれた人、有難う!

トラクターかけを頼みに行った近くのおじさんが怒鳴った。「なんでまたこんな日にまくんだよ!」ーーきっと、きっと、苦労した分いい畑になることを信じよう。
[PR]
by midori-net21 | 2006-04-04 13:28 | 農的生活・喜怒哀楽