カテゴリ:地域のイベント レポート( 18 )

快晴の日曜日 ファーマーズ マーケットに行ってみた♪

 〜 田舎に暮すのも いいもんだ♪ 〜
 麗しの皐月は、忙しなく移ろう。総会だの、カッコウが鳴いたら豆撒きだの、お田植えだの(今年は低温続きのために全体的に遅れ気味)、庭の手入れだの、なんだのかんだの。下の画像は、私たちの苗代のトンネルの中。ケラによる食害と戦いながら満月モチの苗がすくすくと生育中です!
d0035025_20174796.jpg
 田圃の見回りを済ませ、午後3時からの実習の準備をしてから、ウキウキとお出かけ。週末に花苗や野菜苗などの生産者が開く第3回「ファーマーズ マーケット」@三分一湧水館駐車場まで、ひとっ走りです。

d0035025_20184521.jpg
 会場の入口付近にある本部のテント。「東日本大震災における花と緑の支援活動」写真展も開かれていて、責任者のNさんが親切に解説してくれた。昨年から被災地に出かけて、支援活動をしていること。プランター野菜がとても喜ばれていること、花を一緒に植え付けること。北杜市からも、大勢の市民が東北へ支援に駆けつけていること。最近出かけた石巻では、ガレキがかなり少なくなってきたそうだ。
 会場では、生産者、消費者の別なく何人もの知り合いにバッタリ。人口密度が低い土地柄で、ご近所でも滅多に出逢わないから、おしゃべりにも花が咲くというもの。(北杜市は、面積602.89平方キロ、人口約4万9千人)。
d0035025_211329.jpg

 「北杜市ってどんなところ?」と聞かれたら……、「マイナーだから楽しい場所。避暑地と言っても、東京の出店とか大手チェーン店がほとんどなく、パン屋さん、蕎麦屋さん、木工やクラフト、花苗屋さん、ペンションなどの個人事業者が創意工夫して頑張ってやっているところ。アーティストも多い。でも忘れちゃいけないのが、農業! 梨北米(りほくまい)ブランドよ」が回答でしょうか。あっ、もちろん行政も、議会もそれなりにやっているのでしょうが、どちらかというと、市民の頑張りでもっているコミュニティ、というのが正直な感想です。 
 ダイハツのエコカーのCFに登場したのも、山梨県中西部で展開しているスーパー。元気のいい社長が、地域のお年寄りが歩いていける距離に店舗を、という方針で展開していると聞く。そのCFを見て、「あっ、須玉のヤマトだ」「どれどれ、あ〜っ、ほんとっ!」とネット上で騒ぎになったりしたのも北杜市らしいかもw。

  さて、はたけ番のこの日の買い物は、畑の入口に植えるナスタチウム(金蓮花)などの食用花だった。収穫もあったし、久しぶりの大しゃべりでせーせーしたしね、「ここに住んで20年近く。もし、引っ越す羽目にでもなったら、随分寂しい思いをするだろうなぁ……」なんてしみじみしながら、南の遠い富士山に向かって坂道をのろのろ下って帰宅したのであります。
  *午後3時からの田圃実習(バイオダイナミックの調剤散布)については、また別の日に〜♫
[PR]
by midori-net21 | 2012-05-27 21:02 | 地域のイベント レポート

地球交響曲第7番と「ネイティブ・サイエンス」としての田んぼ

   悪天候だったが、八ヶ岳やまびこホールには大勢の人が集まった。
   いろは田んぼのご縁で親しくなった NPO法人「環」悠遊塾ふぁみりぃ
   ウエマツ自然療養センターが主催する地球交響曲第7番の上映会。この作
   品で紹介される三人三様の生き方の通奏低音となるのが「霊性の原風景」。
   と言っても、ややこしいもんではない。日、月、木、火、水、山、川、田
   など自然界に宿る神々への崇敬、つまり神道・・が妙に新鮮に感じられた。
   
    今年は田んぼしないので、暮しにぽっかりと穴が空いたような気分。
    そう、コメづくりで学んだことは実にたくさんあるのだ! 

   311以来人と環境すべてが以前とは変わって見える落ち着かない日々を
   過ごしているが、自分を育んでくれた大自然への畏れを失い、人間の手に
   負えない災害をもたらす原子力発電を崇敬するようになった「同胞たち」
   が過去も現在も強力なスクラムを組んでいることが恐ろしい。

   力を合わせて復興って、何を? 一丸となれないじゃんね、ニッポン。
d0035025_17502385.jpg
上映に先立ち、NPO法人代表の湊さんがお仲間山口さんへ追悼と感謝を捧げた〜
[PR]
by midori-net21 | 2011-04-09 18:14 | 地域のイベント レポート

木枯らし吹く文化の日 地区文化祭から田園までの時間

d0035025_1802295.jpg
 町村合併して4年が経過した。市長選、市議選を前にして「あーだ、こーだ」と喧しい中を地区文化祭に出かけた。昨年同様に長坂中学吹奏楽部の元気のよい演奏でスタート! 合併前からずっとコーラス、大正琴、詩吟、舞踊などに励んでいらっしゃる方々の晴れの発表会だが、どのジャンルでも女性の活躍が目立つ。男性だって、文化が苦手というわけではないでしょうけれどね……。
 画像は、オオムラサキ少年少女大合奏団と成岡女声アンサンブルの合同コーラス「松本てまり」。プログラム中去年との相違は、「北杜讃歌 (北杜市民の歌)  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-11-03 18:36 | 地域のイベント レポート

祝 北杜市市制施行四周年記念式典 ハイライト♪

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_97161.jpg
 北巨摩の地に住んで14年。" 人と自然と文化が躍動する環境創造都市 " 北杜市になって4周年。秋晴れの今日、祝賀式典に出席した。世の中に堅苦しいセレモニーが好きな人間はあまりいないと思うが、今回は "見逃せない、聞き逃せない" 本邦初演のプログラムがあったため、それを心待ちにしていた参加者が多かったと思う。私もその一人。

 北杜市の歌、「北の杜讃歌」・混声合唱組曲「YATSUGATAKE」を作詞家村田さち子さんの朗読、作曲家池辺晋一郎さんの指揮で、小学生から中高年までの約150人から成る北杜市の歌記念合唱団が熱唱した。組曲は、「山嶺の祭壇 〜山のこころ〜」、「春告げ鳥が歌いだすと」、「おかやん」、「山々に抱かれて」の四曲で構成され、最後の曲が「北の杜讃歌」として選ばれた。
 平成18年7月の地域委員会市政報告会後に池辺さんの講演会があり、駄洒落まじりの軽妙なお話に吹き出しながら、組曲完成の日を楽しみにしたものだ。
d0035025_973595.jpg
 作詞家、作曲家と市長によるトークの模様。♪ 西に甲斐駒 北に八ヶ岳 東に茅・瑞がき 南にはるか 富士の山……。八ヶ岳を初めとする四方の山に囲まれた北杜市の魅力と歌が生まれるまでのエピソードが楽しく語られた。

 合唱団は公募され、オーディションもある狭き門だったと聞く。約一ヶ月後の市長選・市議選を控え、時として熱い風が吹いてきたりする中、多くの参加者は、親しみやすく格調高い歌に人心を浄化するような力を感じたのではないか。私もその一人。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-28 20:42 | 地域のイベント レポート

郷土資料館で「長坂駅は90歳 !! 展」を見る

「JR長坂駅ができたのは、大正7年。90年前のことでした。明治にできた日野春駅小淵沢駅はトップダウンで国がつくった駅。大正にできた長坂駅は「駅がほしい!」と住民がつくった駅。つくったのは駅だけではありません。駅前を「峡北の中心に!」と、当時の日本でも珍しい「都市計画図」に基づき、10年計画の商店街形成を押し進めたのです」(北杜市長坂郷土資料館 第20回企画展 チラシより)
d0035025_20551068.jpg
 〜駅とともに歩んだ商店街〜 という副題がいい。現在は(全国地方都市の多くの駅同様に)かつての賑わいはないものの、東京は私鉄沿線の駅前商店街に馴染んで育った私には、お店が並ぶ長坂駅は好きな駅の一つだ。今日、前回同様企画展の終了近くになって、やっと駆けつけることができた。
d0035025_21114586.jpg
 展示品は、長坂小学校児童が描いた「長坂駅物語」や開駅当時の商店街駅前計画図、商店看板、「よくとっておいたな」級の商店チラシなどの他に、昭和初期の「ガラス窓広告」(上の画像)がレトロな雰囲気を醸し出している。(佐藤定男・故人蔵)

d0035025_21263893.jpg 隣室で、この木製表示板を見つけた時には「あ、ここにあった!」と、大声になる。長い間「どこに消失してしまったのか」と嘆いていたものだ。
 かなり前に投稿した新聞記事はこちら。今も問いたいーー駅名から日本語を追い出したのは、何故だ?


はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-09-25 21:37 | 地域のイベント レポート

上野千鶴子さん講演会「おひとりさまの老後を支えるしくみづくり」

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18503082.jpg
 昨年7月の出版以来75万部を越えるロングセラーになっている「おひとりさまの老後」の著者、東京大学大学院教授上野千鶴子さんの講演会が北杜市須玉ふれあい館ホールで開かれた。上野さんは北杜市の大泉町に仕事部屋をお持ちなのだが、市内で講演会が開かれるのは今回が初めて。甲府市に先駆けたこの催しが、市の図書館文化講演会として開催されたことに、長年(旧町以来)男女共同参画に携わるはたけ番^^;としてはある種の感慨が湧いてしまう。
d0035025_19145236.jpg
 朝から小雨、昼過ぎには本降りとなった中をバイクで出かけたのだが、頭の中にピピッとインプットされた刺激的なお話がたくさんあり、雨でも槍でも行ってよかったぁ……である。中でも我が身に引き付けて言えば、「当事者主権」や「安心は自分の手でつくりだす」はもちろんのこと、「適度な人間ストレスが良い。引きこもりは良くない。人間関係があることの大切さ」に何故か感じ入ってしまう。[画像は講演後のサイン会]

 「わたしはここに住みつづけることができるか?」 北杜市に対する上野さんの問である。北巨摩に移り住み、ほいほい住民登録しちゃった者としては、自分が何をよりどころとしてこの地に住みつづけたいのか、問い直してもよい時期かもしれない。
 そう言えば、合併後新市になって初めての市長選、市議会議員選が間近に迫りつつありますよぉ! あなたにとって、「住みつづけたいまち」ってどんな "まち"?
d0035025_19291590.jpg
 雨上がり、オオマツヨイグサの中でちゃっかり雨宿りしていた虫くん。そうだ、明後日には男女共同参画推進委員会が開かれる。新人研修のための講演会も楽しみな内容だ。もう8月最後の週。今年も夏休みは瞬く間に過ぎ去ってしまった。あ〜あ。

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-24 19:50 | 地域のイベント レポート

清春へ 芸術家村から郷土資料館へは歩いて一分

d0035025_1663821.jpg
 ここは、北杜二十四景の一つに選ばれたという清春芸術家村。お花見の頃は早朝から人が詰めかけますが、梅雨時はひっそり静かです。さて、この前を通って向かったのは、長坂郷土資料館です。ぼやぼやしているうちに最終日が13日に迫った展覧会を見に行きました。
d0035025_16154838.jpg
 いわく「北杜市は、山梨県有数の米どころです。すでに江戸時代、北杜市域の米は、甲府城下の商人の手を経て、甲斐国内に広く流通していました。とくに釜無川沿いの一帯は、南アルプスを源流に持つ良質の水と、稲作に適した砂が多い土壌に恵まれ、食味に優れた米の産地として有名です・・・」。(注)食味に優れた米とは、武川(むかわ)米として知られています。
 「稲作の北進 標高1000mの村の稲作」という展示は、いろは塾や古代米組田んぼがある旧小荒間村について。「北杜市域で最も高地にあった村の一つ。村は、湧水に恵まれていましたが、寒冷な気候のため、江戸時代初めは、水田がまったくありませんでした。しかし、小荒間村の人びとは、米作りに果敢に挑みました」。
 八ヶ岳から吹き下ろす強風には集落周囲に松を植えて防風林としたり、稲は早生種を選んで作付けするなど、冷涼な気候を克服する努力を重ねたのだそうです。
d0035025_1632184.jpg
 犂(スキ)、鍬(クワ)、唐箕(トウミ)等様々な古い農具も展示されていていましたが、田んぼ番^^;にとって、最も興味があったのは、何といってもこれーー水田用除草機です! 「明治の代表的農具発明の一つとされる」そうで、種類の違うものが数点展示されていました。
 郷土資料館の熱心な学芸員Sさんによれば、「昔は自分の体格に合わせて手づくりしたもの」とのことでした。いよいよ明後日に迫った田んぼの草管理には、まさかこういう道具が登場したりはしないでしょうね。してほしい気持もちょっぴりありますが(笑)

[PR]
by midori-net21 | 2008-07-11 17:03 | 地域のイベント レポート

2007年 はたけ番の十大ニュース 10. 女性議会で中部横断自動車道について一般質問に立つ!

d0035025_21322031.jpg
 11月14日(水)北杜市初の女性議会が開催されました。
 模擬議会ですが、一般質問に対する行政からの回答は本物の議会と同等に扱うと説明されており、全42名の議員のうち特に一般質問に立つ10名は大張り切り。はたけ番^^;もその一人です! 前もって議会傍聴他の研修とリハーサルが行われたのですが、本番の日のテンションはかなりのもの。議場では、市長を始めベテランぞろいの部課長たちからもそれとなく緊張感が伝わって来たような……。

 最も印象的だったのは、議長です。柔らかい雰囲気ながらはきはきと全体を取り仕切り、清潔感あふれていて好感が持てました。いえ、男性議長が不潔感に満ちているというわけではないですが、ははは。
 傍聴席には、市の女連協や男女共同参画委員会委員、議員さんたちが詰めかけていて満席。上の画像は、ある女性の議員さんから頂いたものです。傍聴席数に限りがあるためか、一般市民には事前に広報されなかったのが不評でした。当日は、TV局や新聞社の取材も入っていました。私たちは皆質問内容を十分に準備したせいか、内部からは「格調高かった」との評も寄せられたのですが、夕方のニュースでどのように報道されたかーー想像できますか? それに対するコメントは、いずれ「後日談」として記す機会を見つけたいと思います。

 長〜い一日が終わっての感想は、「本物の議員さんの大変さがよく分かった」や、「本物と違って再々質問の時間が設定されていなかった。模擬議会とはいえ残念だ」、そして、「本物の議員は給与をもらっている。私たちは報酬ゼロでもやるもんね」など。いずれもポイントをついているかも


 さて、以下に北杜市女性議会全一般質問を掲載します。はたけ番^^;は、13番議員で、二つ質問をしましたが、スペースの都合上 (2) のみ掲載します。大晦日というのに何とも長〜く固〜い記事ですが、今年の10大ニュースの最後にこれが来てしまったのでご容赦を!


More(一般質問一覧と後日談などなど)
[PR]
by midori-net21 | 2007-12-31 20:41 | 地域のイベント レポート

小海線に乗って清里へ カンティフェアがオープン!

d0035025_16332423.jpg
 先週末は久しぶりに清里のカンティフェア(ポール・ラッシュ祭)に出かけました。アメリカ、ケンタッキー州との国際交流事業も今年で20周年だそうです。晴天とあって、芝生に思い思いにシートを敷いてくつろぐ人々、子どもたちや犬たちでいっぱい! 山並みを背景にしたステージではバレエが演じられていました。
 なんといってもこのフェアの魅力は、いかにも高原らしい広々とした牧草地を利用した会場、そして山々を望む景色のよさ、♪ブルーグラスが流れる大らかで明かるいケンタッキー風の雰囲気です。今回はあまり寒くならないうちに引き上げましたが、来年はもっと厚着して、夕暮れまでコンサートを愉しみたいものです。
 
   

 これは、世界初のハイブリッド鉄道車両です。甲斐小泉駅にたまたま停車していたもの。貸し切りとのことで、写真撮影だけしてみました。これにも、次回はぜひ乗ってみたい。このカンティフェアが終わると、八ヶ岳南麓には冬が急ぎ足で近付いてきます……。さびしいっ。
 
d0035025_16461167.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-15 17:01 | 地域のイベント レポート

八ヶ岳南麓で「六カ所村ラプソディー」満員御礼!

d0035025_17405985.jpg
 「監督のお話とUAさんの歌が聞けて1000円はお得です!」とあちこちでチケット売りに励んだこの一ヶ月。本日最初の回、特にトークは満員でした。きっと夜の部まで大勢の人が詰めかけることでしょう。よかった! 子育て世代が多いスタッフのチームワークもよく、会場で配布された資料も(チラシ同様)特製で、上映会スタッフが知恵をしぼったエコ・カルタ(下記にいくつか紹介)が面白い。重いテーマでも愉しみを見つけながら行動するのは賢いですね。
 自ら利用する新宿駅の改札口には歩く振動で発電するエコ装置が設置されていると語り、ドイツ製発電バッグ JUICE BAG を使っているという鎌仲ひとみ監督のお話にも、「みんなの意識が変われば、生活の中から変えていけることが沢山あると気づいてほしい」という希望のメッセージが込められていました。



 想いのこもるボーカルの余韻を感じながら暮れ残る道をお家に向かいました。上映会に関わった皆さん、お疲れさまでした。来月の甲府上映会(11月25日(日)山梨県立文学館講堂)の成功を祈ります。


 __・__・__・__・__・__・__・__・__・__・__・__・
エコカルタを紹介します(抜粋)
便座カバー あればいらない 暖房便座  掃除機の かわりにほうきと 雑巾を  
電気ポット そんなにお湯が いつもいる?  湯たんぽで 電気使わず あたたまろう  
天ぷら油で トラクターを 走らせる  刈った草 稲わら米ぬか 役に立つ  
自販機を 半分減らせば 原発4基

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-12 18:17 | 地域のイベント レポート