カテゴリ:庭・畦・小径でこんにちは( 46 )

庭の片隅の福寿草に ほれぼれ♫

d0035025_15471747.jpg
  なぜか今年は福寿草にばかり眼が留る。この子たち、朝のうちは寝坊で、夕方も早くからうとうとしちゃうんだけれど、陽射しの中でパッと輝くときの目覚ましさったらない。春先にはなぜかこの黄色が恋しくなるようだ。
[PR]
by midori-net21 | 2011-03-03 16:14 | 庭・畦・小径でこんにちは

秋が散った庭に賑わう常連の野鳥たち

d0035025_16471869.jpg
     客人が去ったテラスに、ヤマガラ、シジュウカラが訪れる朝
d0035025_16393999.jpg
             ヤマモミジが散って行く。

[PR]
by midori-net21 | 2010-11-23 17:09 | 庭・畦・小径でこんにちは

大寒 北巨摩に降る雪に真夜中の散歩者の置き土産 発見!

                     下の画像は1月12日(月)撮影のもの。
d0035025_17372655.jpg
 閑話休題。タイトルとして、「北杜(ホクト)市に降る雪・・・」じゃ、まるで天気予報になってしまう。由緒と地域色のある「北巨摩」でなくっちゃ! 
 はたけ番mizki^^;が住んでいるのは、5年前の秋に町村合併する前は北巨摩郡と呼ばれるひなびた(?)地域だった。それが、なぜか「北巨摩市」にならなかったという不透明ないきさつがあり、だからこそ将来道州制が導入される暁には、信州側と合併して「八ヶ岳市」(フリガナいりませんよね)になるのでは…、と期待する人も決して少なくないはず。ふふっ。
d0035025_1738588.jpg
 今朝はどんよりして、いかにも降りそうだったが気温はやや高めで、いくら見上げても何も降って来なかった……。さて、雪が降った後に辺りを見回ると、日ごろ見かけない足跡がいっぱいだ。いや、ヒトの足跡じゃないでしょ、これは。
d0035025_17383486.jpg
 ズームアップして見るまでもなくヒトのよりも遥かに小さいし、決して長靴の跡には見えない。時としてお土産も残されていたりするーー犬のものとは違うそれをご覧になりたい方、います?

 去年の夏、田んぼで悩まされた彼らが健在であることをしっかり確認できた真冬の朝。今年の田んぼの行く末を思うと武者震いが止まらないのである。ぶるぶるっ。

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-20 18:29 | 庭・畦・小径でこんにちは

秋の日のトンボの気持、シカの気持、ヒトの気持……

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_17313053.jpg
 トンボたちが威勢良く飛びまわる田んぼ道を歩いた。この夏アカネは、だいぶ前にシカの食害を受けた畦マメの茎のてっぺんがお気に入りらしい。「葉っぱなんてない方が具合がいいやぃ」って感じ?
d0035025_17425316.jpg
 すぐ上の田んぼ、悲惨! とうとう畦まわりの稲まで倒伏してきた。これじゃ、鎌で刈る方が早そうだ。
 さて、ここでシカたちに謝罪しておきたい。確かに田んぼに入り込んだ形跡はあったが、こう派手に稲が倒れた原因は「過肥料のせい」と古代米の尾形講師を含む数人に指摘されたのだ。シカさん、濡れ衣着せてごめんね……。でも、畦マメの葉っぱを食べちゃって、枝豆を味わう楽しみをヒトから奪ったのは君たちだよね。
 
d0035025_1822332.jpg
 刈り取りを待つソバ畑に今日も日が暮れかかる。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-23 18:05 | 庭・畦・小径でこんにちは

八ヶ岳南麓 カメムシご一行様に立ち向かう午後の畑

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18415678.jpg
 カメムシは面白い虫だと思う。過去にもフェンネルに群がる連中について記事を書いている。ひょっとして九月はカメムシが多く発生する月なのだろうか?

 しかし、昨日ダイコンの惨状を見て以来、ただの「面白い虫」では済まされなくなった。うーむ、菜ガメめ、あっという間に全部食い尽くすなんて、貪欲すぎるというものだ。今日の昼前、「除草剤かけられたみたいにひどい!」と昨夜送った写真を見てびっくりした "どんぐり" 畑リーダーがやって来た。自分の眼でしかとカメムシの群れを確認したそうで、いかにもがっくりした表情である。

 そして曇天の午後、ひきつった表情のはたけ番^^;は畑へと向かった。21日に迫った9月のいろは塾に、カメムシ様ご滞在跡を見せるだけなんて侘しすぎるじゃないか! 標高の高いこの地域では、ダイコンの種蒔きはきっちり9月中旬まで。15日の今日はぎりぎりっなのだ。
 そもそもーーと、そこで思い起こすのは黒キャベツの悲劇。夏中元気にしていたのに、9月に入ってハッと気づくと下の画像のようになっていたのだから……。
d0035025_18421014.jpg
 まるで菜ガメたちの宴会場。近場だし、「イタリア野菜の後はあっさり系のダイコンもいいね」なんてはしゃぎながら飛んで来たのかもしれないね。やれやれ。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-15 19:14 | 庭・畦・小径でこんにちは

八ヶ岳南麓 夕陽の中を乱れ飛ぶ赤トンボ

はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_17412212.jpg
 夕方外出先からいつもの道を登っていくと、空には赤トンボが群れ飛んでいた。アキアカネ(秋茜 Sympetrum frequens トンボ科・アカネ属)である。画像は、ゴーヤのカーテン越しの八ヶ岳。

d0035025_17413267.jpg
 「田んぼのめぐみ 150 生きもの調査・初級編・2008」によれば、アキアカネは米づくりに適応してきた代表的なアカネ科のトンボだそうだ。かれらのほとんどは田んぼで生まれる。私たちの田んぼでも、ね。

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-09 17:56 | 庭・畦・小径でこんにちは

ソバの花が咲き出すころ、畑のトウモロコシ再び受難……!

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18283141.jpg
 急に冷え込んだ小雨の朝、目覚めると予報通りどーんより秋の空。ハッキリしないこういう天気には先制攻撃しかないと、さっさといつもの道を上ることに決める。二週間ほど前は小さな芽が出ていたソバの丈がぐんぐん伸びて、愛らしい花が咲き始めている。
d0035025_18404281.jpg
 ほどなく畑に到着。そして、そこで見つけたものは……。涙のトウモロコシィ

 約1ヶ月前「事件発生! トウモロコシを喰らった奴は、カラスか、タヌキか、それともシカか」と嘆き、県環境カウンセラーの月例会で騒いで以来の事件である。ショックで手も心も震えてしまいこの画像では分かりづらいのだが、いくつかのトウモロコシの穂の周辺が齧られ(または突かれ)ている。大事な穂がなくなっているって、どういうこと?! 
 前回は、「だれ? こんなことするの」と主にシカを疑ったのだが、被害があまりに小規模だったので、「ひょっとしてハクビシンか」という結論に近づいていた。環境カウンセラーの皆様お騒がせしました(T_T) 。それにしてもこの半端な突っつき方はどうだろう。ひょっとしたら、今回は悪名高きカラスなのか?

 今年は、余所では平年並みだったのにいろは畑のトウモロコシは出来が悪かった。それに加えてこの被害! どうせなら、余所の美味いトウモロコシを狙ってくれればねぇ、という嘆きのはたけ番^^;の気持ちはーーそう、秋雨のブルース♩

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-23 18:55 | 庭・畦・小径でこんにちは

八ヶ岳南麓 あちこちの田んぼで稲の花が満開!

d0035025_16142888.jpg
 昨夕うちの畑の一段上の田んぼが花盛りだった。お田植えが我らの古代米組より1ヶ月程早かったと思う。ここには何年も通っているのに、今まで花に気づかなかったとは! 自分で農業体験してみることの大切さを痛感する。 
d0035025_16203635.jpg
 昨日登場したミソハギと同じ頃に咲くオミナエシ。マルハナバチがぶんぶん飛びまわっている。
d0035025_1622134.jpg
 レタスの残り葉にたかる派手めな幼虫ーーこの子、何の子?どなたか知っていますか?

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-08-15 16:27 | 庭・畦・小径でこんにちは

今年も堂々 畑にジョロウグモ登場す!

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_2023569.jpg
 見えますか、毎年今頃になると必ずお出ましになるジョロウグモ(女郎蜘蛛または上臈蜘蛛 Nephila clavata クモ綱クモ目アシナガグモ科)の勇姿。虎のパンツが目立ち、手足が長く、せっせと紡ぎ出す蜘蛛の巣が非常に大きい! 歩いている時に蜘蛛の巣がベタッと髪や顔にまとわりつくのが大嫌いなぼんやり者のはたけ番^^;としては、夏は要注意の季節である。
 ここは、畑の隅にあるオレガノのコーナーで、開花とともに蝶や蜂など昆虫のたまり場となっている。それをどうやって嗅ぎ付けるのか、いつの間にかジョロウグモが現れた。(ヒトにとっては)なんとも不思議な自然の摂理である。

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-04 20:48 | 庭・畦・小径でこんにちは

カワラナデシコ 夏の畦に咲く万葉の花

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18451950.jpg
 畑の土手など日当りの良い場所でカワラナデシコ(河原撫子 Dianthus superbus var. longicalycinu ナデシコ科 ナデシコ属の多年草)を見つけると、夏の盛りが近づいたことを感じる。地方によっては絶滅が危惧されているようだが、ここ八ヶ岳では当分その心配はなさそう……。とは言っても、いろは塾では、きちんと土手草刈りして生育条件に気を配っていますけどね。
 山上憶良によって秋の七草の一つに数えられたという花が、21世紀の今も、夏のある日、ふいっと身近な場所に咲き出すのはうれしい。

[PR]
by midori-net21 | 2008-07-22 19:01 | 庭・畦・小径でこんにちは