カテゴリ:うまい 美味い 巧い!( 53 )

ありがとう! 今年最後の野菜たち・・・♡

d0035025_18121174.jpg
 なんで、自分の家の中で走らなきゃいけないんだろ? という風に雑事、雑用にはたっぷり恵まれた秋の日々が続いている。ほんまもんの田舎暮しなら、午後のお茶をゆっくりいただき、枯葉舞う雑木林をシャカシャカお散歩といくのだろうが、いつまでも何処までもビンボー性のはたけ番には、そのひとときは未だに居ない居ないバア〜してて……。

 初霜も降り、晩秋から初冬に移り変わりゆく今日この頃、正午近くにビッグ・サプライズ発見! 玄関のドアを開けると、そこにはこれ ↑ が待っていた、というわけ。

 実のところ、今年はいろいろな計画が3月のあの日以来大番狂わせで、畑プランも出たとこまかせになってしまった。家の中のことなら隠せるが、田や畑はそうはいかない。以来いつ見ても呆れるような状態で推移し、今や泣きたくなるほどの結果がそこに……。そんな日々、何度もこうやって、さりげなく元気づけてくれたのが家庭菜園家の先輩Mさん。森の中にお住まいで、開墾から始めた菜園を毎年きちんと営み、野菜のデパートと自称するほどに多品種栽培を試みている方だ。

 先日我が家では、「これで今年の夏野菜は終りだね」とひねこびたピーマンを食したばかりなので、このフレッシュな野菜にはふわ〜っと感激した。近くで同じような栽培条件のはずなのに、この差はいかなることか? なんて難しいこと考えずに、今宵はひとり、昨日の残りの白ワインでキールをつくって、ふふふ、むしゃむしゃやってしまった。新鮮な野菜は美味い、そして何たる贅沢! 

 今年も残すところあと二ヶ月余。鬼が笑うのを承知で言おう。八ケ岳高原では、農の季節の始まりまであと数ヶ月は待たなければならない。でも、その日まで、この地域、この県、この国が今のまま存在するならば、の話なんだと。
 さあ、今夜は静かに微笑って幸運を祈ろう。ニッポンよ、無事で♬ 愛するニッポン人よ、長いまどろみから目醒めよ♫
[PR]
by midori-net21 | 2011-10-28 18:55 | うまい 美味い 巧い!

風吹く冬日 ずっしり重いカリンの実で何つくろうか?

d0035025_1712064.jpg
毎年今頃になると目につく花梨の実。ずっしり重そうな黄色い実が青空に映える。
d0035025_1712829.jpg
公共の場所だが、ほら、誰も拾わないと見えてたくさん落ちている、ふふっ。
d0035025_10193828.jpg
というわけで、今年も有難く我が家の窓辺におさまった。さて、カリン酒? それとも蜂蜜漬け? どちらも喉によいと言われる。自分で作る時のコツは、種も必ず使うこと。種のエキスが効くのだから。 
 ▶こちらのかりんのハチミツ付けサイトは、作り方の説明が親切。ご参考まで。

未明からやつ颪が吹き荒れた一日。西の甲斐駒一帯は高ぁい雲の屏風に暗ぁく覆われている。冬本番だ! 

では、ここで食前酒。熱いカリン酒の登場ということに。はい、いただきます♫
[PR]
by midori-net21 | 2010-11-29 17:37 | うまい 美味い 巧い!

今年最高のお弁当に感激!

d0035025_20414397.jpg
我が家の弁当といえば、農のイベント日にせかせか用意するおむすび2個と前の晩のおかずの残りものと決まっている。自分でつくる弁当って驚きがないしつまらない、と常々思っていたので、ジャ〜ン! このように手づくり、心のこもった家庭の味が丁寧に盛られて出されると感激してしまうのだ。
食材はすべて地元産という。大いに宣伝したいところだが、食べるのに夢中で説明を聞き逃してしまった。いつか詳しく紹介したいものだ。では、取り急ぎ。
 (注)左下、ラップの下はおこわと花豆。右横の野菜の天ぷらの下は普通のご飯。凝ってます。

[PR]
by midori-net21 | 2010-11-25 20:58 | うまい 美味い 巧い!

日曜日には 薄紅色のルバーブ・ジャムを

   夏以来何度もつくったジャム。今朝のがいちばん綺麗に仕上がった。
d0035025_13422658.jpg

午後の散歩。道端には、もう終っちゃった感じの子、まだ元気な子、いろいろです。あ、今年もぬばたまが覗いている。 
d0035025_12291859.jpg

このアザミは? う〜ん、アザミの判別は難しい。いつか、ヤツガタケアザミにお目にかかれる日があるかな。
d0035025_12322193.jpg

      山梨NPO情報サイト いろは菜種クラブが発足します♫
     
      ♭♬♭♬♭  midori-net21 on youtube ♭♬♭♬♭

   _______________________________________

[PR]
by midori-net21 | 2010-10-03 13:41 | うまい 美味い 巧い!

どんより寒い日には レモンバーベナを

 やれやれ、助成金申請書類がほぼ整った。気持もどんよりしてしまう寒い日にも青々と元気なのは、これ! 葉っぱに鼻を寄せてくんくん……。 2010年2月17日撮影 
d0035025_21132448.jpg
 秋口に畑から鉢に引っ越したレモンバーベナ。真冬でもレモンの香りを持つ葉っぱがつんつん出て来る。春になったら、どうなるのだろう?
d0035025_21134624.jpg
 外の空気が冷たすぎる日には身を寄せ、鼻をつけて仲良くしたい植物たち。お蔭でリフレッシュできて、ありがとう。明日天気にな〜れ!


 
[PR]
by midori-net21 | 2010-02-17 21:28 | うまい 美味い 巧い!

ロンドンのバラ・マーケットって楽しそう! 5/5

d0035025_2034839.jpg
 トマト屋さんだろうか。ちょっとメタボ系のおにいさんが、「可愛いトマトだろっ」なんて威勢良くしゃべってる感じ。右手には、 美味しいチェリートマト、Piccolo ピッコロがどっさり並んでいる。その左隣は、判読できる日までお待ちください、

 
 左は、セミハード系のチーズ屋さん。この他にも、実に豊富なチーズのお店が出ている。中央は、パン屋さん。イギリスでは、カリッと焼けた薄いトーストが美味しかったことを思い出してしまう。右は、チョコレート屋さん。そう言えば、日本ではまもなく熱いバレンタインの日が来るなぁ……。

 ロンドンでのバーチャル・ショッピングもそろそろおしまい。農のいろはブログが終わりに近づいた今、ステージを風吹く八ヶ岳の麓にもどさなくては。明日25日は、野菜畑と古代米田んぼの合同イベントの日である。コープやまなしとの共催で、親しみ深いお米がテーマなので、どうぞお楽しみに!
[PR]
by midori-net21 | 2009-01-24 20:45 | うまい 美味い 巧い!

9月のバラ・マーケット 4/5  季節が香るきのこ屋さんにて

                      写真提供 スタッフのS(ホオノキ)さん
d0035025_17214278.jpg
 きのこ屋さんで見つけた英語、"PLEASE DO NOT TOUCH"ーー誰でも分かる表現だが、この大きめでふわっとした感じのビーフステーキ・マッシュルーム(キロ14ポンドーー昨年9月なら、£1は¥200くらいか?)に、触って確かめたがる人が多いのだろう。このビフテキもどき・きのこって、ちょっと食べたくなる魅力があると思う。どなたか、味わった感想をお聞かせください!

 さて、その後ろの列にもたくさん並んでいる。
・まず、左から Chanterelle(シャンテレル うすたけ)、キロ18ポンドとは高い! 二つ置いて右の Girolle (ジロール、うすたけ)とは同じアンズタケ科で、ほんのり甘い香りがするそうだ。値段に差があるのは、高い方がずっと美味しいからか。
・その右は、Shitaki(シタキ)、キロ10ポンドとは、買いやすい値段ーーと思って、よく見ると、「しいたけ 椎茸」なんですね(笑)。
・そのお隣の Pied de Mouton(ピエ・ド・ムートン、英語名 Wood Hedgehog)は、知る人ぞ知る貴重なきのこらしい。値段もキロ18ポンド。

 その後ろの列にも、日本でもお馴染みのエリンギやマッシュルームのようなきのこが並んでいるが、写真では判別が難しい。かく申すはたけ番mizki^^;、山梨に来るまでは自生するきのこを採って食べた経験がほとんどない。こちらに来て、初めてハナイグチ(この地域ではジコボウと呼ぶ)だのクリタケだのに毎年お目にかかるようになった。
 山梨日々新聞社発行の「山梨のきのこ」という本によると、県内には185種ほどのきのこがあるそうだ。先ほど登場したアンズタケについては、「日本ではあまり利用されないきのこだが、味は良い。おまけに、乾燥させると、アンズに良く似た芳香がある」とのこと。「あ、あれね、そうそう」という方、どうぞ感想と食べ方を教えてください。

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-18 18:14 | うまい 美味い 巧い!

9月のバラ・マーケット 3/5  どさっと積まれたアーティチョーク

                      写真提供 スタッフのS(ホオノキ)さん
d0035025_18234642.jpg
 あれ、どこかで見かけた変な植物……とお思いかな? そう! 4年前の夏に、我らがいろは塾のキッチンガーデンでボリュームある花 をつけていた、あの アーティチョーク である。  
 フランスやイタリアでは食卓の人気ものだし、9月のロンドンでもこうやって売られている。日本の気候はアーティチョークの生育に適さないと言われ親しみがないせいか、味にしても、少々手間のかかる料理法にしても、「うむっ、これが噂のアーティチョークね。でも、それほどのもん?」と首を傾げる方が多いようだ。
 しかし、目の覚めるような美しい花は一度見たら忘れられない。畑の傍を通りかかる人によく、「あのー、あれは何の花でしょうか?」と聞かれたっけ。そーね、今年も植えてみようか?
d0035025_21275139.jpg
  3年前の9月に撮ったゴージャスな花。この姿がないと八ヶ岳の畑は寂しいかも……。団子より花、か!?

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-15 18:47 | うまい 美味い 巧い!

ロンドンのバラ・マーケットって楽しそう! 2/5

                      写真提供 スタッフのS(ホオノキ)さん
d0035025_170016.jpg
 ロンドンの Borough Market(バラ・マーケット)では、値段は決して安くはないけれど、野菜に限らず、イギリス産に限らず、ヨーロッパ大陸からの多種多様な食品も販売されている。特に買い物しなくても、こういう雰囲気の中をぶらついたり、気に入った食べ物屋さんに入ってみたりするのが楽しそうなんだな。
 イタリアからのグリーン・オリーブ、ブラック・オリーブなどの漬け物・ピクルス類、ギリシャ・チーズもあるでよ!  
d0035025_1701476.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-13 17:14 | うまい 美味い 巧い!

ロンドンのバラ・マーケットって楽しそう! 1/5

                      写真提供 スタッフのS(ホオノキ)さん
d0035025_1722590.jpg
 ロンドンブリッジの傍に、ロンドン最古のーーここの場所で250年 ーー食料品市場 Borough Market(バラ・マーケット)がある。特に土曜日は美味しいものを求める人々で賑わうそうだ。今年の秋口にロンドン在住の息子さんを訪ねた "ホオノキ" さん(「農のいろは塾」スタッフ)から届いたたくさんの写真を、農閑期に入った今、ぼちぼち紹介することにしたい。

 ロンドンだろうが、パリだろうが、中国だろうがーーどこでも市場というものはオープンで、活気があって楽しい。昨年末に訪れた築地場外市場にもたくさんの野菜が並んでいたが、上の八百屋スタンドもすごい。わくわくするような野菜でいっぱいだ。どれも "オーガニック" マーク付き。  
 手前右端に見えるのは、"レッド ヨーク公 " というロースト向きのよく知られたジャガイモ。その左には、セロリアック(根セロリーーそこに一個ロマネスコも)。その左はコールラビ……。読みにくい札を目を凝らして見つめてしまうのは私、はたけ番mizki^^;だけではないでしょう
d0035025_1723696.jpg
 

[PR]
by midori-net21 | 2009-01-11 17:49 | うまい 美味い 巧い!