12月のいろは塾 風も雲もない真っ青なフィナーレ! 2/3

d0035025_16412024.jpg
 11月の実習で刈ったカヤがここでも登場する。下の畑からワッサワッサと運び上げられるカヤ束。千葉出身の常連参加者さんが、「近々実家で屋根の葺き替えをするんですよ」とおっしゃる。地域でたった一軒残る茅葺き屋根なのだそうだ。きっと古くからの農家なのだろう。見学に行ってみたいが、八ヶ岳から房総まではなんとも遠過ぎて……。
d0035025_16413377.jpg
 堆肥を仕込む前に、亡き師匠に教わったやり方で枠をつくる。「これで4度目ですから」と、慣れた手つきでてきぱきと竹を組み立てていくのは、頼もしいサポーター会員のAFさん。
d0035025_16414573.jpg
 今回の堆肥は、シンプルにワラと枯れ葉とコメぬかと水で仕込んだ。それを人間が踏んでは積み、踏むの繰り返しが作業なのである。氷点下の朝でもあり、時期的に用水路が涸れていることが多いのに、この日は、「落ちたら流されそう」と、怖いくらいの水の勢いで、思わず「青空と水に恵まれて、なんてラッキー!」と叫んでしまった。
 画像手前では、3人により堆肥場の屋根(ふた)作りが着々と進行している。
d0035025_16415615.jpg
 どんぐりさん特製の心を込めたおやつは、甲州名物の "アズキほうとう" である。「ほうとうは、その時々の旬の野菜でつくるもの。いつもカボチャ入りというわけではないですよ」との説明にうなずく参加者たち。どうか、この味をお忘れなく!
 いろはの畑で採れたアズキを用いての忘年ほうとうは、熱く、ほどよい甘さで、寒さををいっとき忘れさせてくれた。さて、次に控えし作業は?
                            ー つ づ き ま す ー

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-12-08 17:41 | いろは塾 2004ー2009
<< 12月のいろは塾 風も雲もない... 12月のいろは塾 風も雲もない... >>