11月30日の「もみすり」を無事に行うためにすべきことって?

d0035025_18264959.jpg
 世に田舎暮しをしている人は多いが、「田んぼやってます」という人は案外少ないかもしれないし、どんどん減っているかもしれない。田んぼは、畑のように個人の好みでやり通せるものではないーーと学んだことが、はたけ番mizki^^;にとっては今年一番の収穫だったかもね。

 10月の稲刈り、11月初旬の稲こき(脱穀)と進んで来た今、残る作業は「籾すり」だけとなった。でも、「もみすりって、なーに?」と頭真っ白な未熟者ゆえ、尾形講師さんに言われるままに揃えたのが上の画像の品である。
 地元のホームセンターで5キロの米袋を20、封印するためのテープ1、Tハンズ新宿店で見つけたコメの小分け用LUNCH BAGなるもの20。(あ、右上にちょこっと見えるマメは手作業で選別したダイズ、来年の種です。)
 実は、米袋なんてものを買ったのは、田舎暮し歴10年を越えても初めてのことだ。袋に「種類 水稲うるち精白米」と印刷してあるが、私たち古代米組の場合は、「種類 赤米(または黒米)○○米」と訂正しなければならないーーのだと思う、おろおろ……。ねー、もみすりって、なーに?

 30日、いろは古代米組晴れのフィナーレがなんとか無事に済みますように! 


  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-11-24 18:53 | いろは田圃の稲パワー!
<< ど〜んより雲がかかる午後 今週... 景気低迷の折 めでたい千両の実... >>