里山整備・市民のためのフットパスづくりに励む

d0035025_17112926.jpg
 森を歩く、というと「森林浴か、いいなぁ」と言われそうだが、心和む木洩れ日の小径、静かな神社の参道、せせらぎーー田舎では、地域の住民たちがそれらを維持するために勤労奉仕していることを忘れてはいけないと思う。
d0035025_17324994.jpg
 この日は、誰でも歩けるフットパスづくりのために何人かで草刈りをした。人がちょっと手を入れるだけでみるみるうちに森が活き活きしてくるのが分かる。
夕方主催者から、「あの道で犬を連れた人たちが散歩しているのを見かけた」という報告が入った。うれしい。
d0035025_17331114.jpg


  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-11-06 17:39 | 地域活動の現場 レポート
<< 農業体験学習養成講座がおもしろい! 小春日和 里山整備・フットパス... >>