秋の研修は社会教育 長野から小布施へ

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_16511897.jpg
 夏の終わりに農業体験学習の研修のために原村に出かけたのがつい昨日のようなのに、瞬く間に11月に入ろうとしている。これじゃ、漬け物づくりもまたまた失敗しそうだ。うーむ、来年はもう少し余裕がほしいなぁ……。
 画像は、ガイドさんがみっちり案内してくれた定額山善光寺(じょうがくざん ぜんこうじ)。来春には七年に一度の御開張が行われるそうだ。

d0035025_17282068.jpg 今回再度信州を訪れた目的は、10月29日から開催された第50回全国社会教育研修大会への参加である。この分野では新人のはたけ番^^;なので、基調報告、記念講演ともに深い感銘を受けた。歴史の長い大会だけに、全国から1200人を超える参加者が集まって盛会だった。
 地方では、「地域づくり」、「地域再生」が一大テーマであることを実感する。

d0035025_16522499.jpg
 翌30日には分科会に出席し、昼過ぎには長野を後にして小布施に向かう。昼食は、やはり栗おこわ。画像は、一軒の蕎麦屋の前の、たわわに実った林檎の樹である。

[PR]
by midori-net21 | 2008-10-31 18:04 | 地域活動の現場 レポート
<< 里の秋 収穫された大豆の山を見つけた 初めての稲刈りとハサがけ 黒米... >>