初めての稲刈り ウシの組み立て方を教わる

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_17495810.jpg
 稲を鎌でしゃきっ、しゃきっと刈っていくのは壮快だった。束にまとめてワラで結わくのは少々苦心が要る。稲束を所定の位置に運ぶのはおチビちゃんでもできる。お手伝い、有難う!
d0035025_1750128.jpg
 次の難関はーー借りて来た(松の木製の)棒を組み立てること。水分を含んだ稲は相当重いので倒れないことがポイントだ。立てる位置を決めた後、棒に重力がどのようにかかるのかについて順序よく念の入った説明を受けた。
d0035025_17502971.jpg
 次に、バランスを考慮しつつ、組み立て位置に置いた棒を荒縄で所定の順序で縛る。縛り方も決まっている。
d0035025_184885.jpg
 組み立て終了! おチビが乗っても、ママがぶら下がっても決してびくともしない我らのウシである。いろは塾野菜畑や古代組田んぼでお百姓の知恵の伝承を試みる度に、その合理性には感服するばかりだ。
 亡き師匠からは習えなかったこの技を、こうして教わることができて大満足……。尾形講師さんに多謝!               〜 次 回 に 続 き ま す〜

[PR]
by midori-net21 | 2008-10-27 18:19 | いろは田圃の稲パワー!
<< 初めてのハサ掛け 白糸で最後の... 古代米田んぼで初めての稲刈りをする! >>