秋深し サツマイモにかすかな哀愁が漂う夕べ

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_1825204.jpg
 今年はサツマイモの当たり年なのかどうか、いろは塾でもうちの畑でも見事な芋がごろんごろんと収穫できた。「この辺(寒冷地)の農家には保存のノウハウがない。スーパーが一番の保存場所(ニヤリ)」という亡き師匠の言葉をよーく覚えているので、採れたらせっせと食べなければ! となると、ストーブ内蔵のオヴンでつくるシンプルな焼き芋が一番の好物であーる。

 振り返れば、サツマイモのツルを無駄にせず、炒め煮にすることを教わった日は遠い。田畑に立つときも、離れているときも、単なる技術論を超えた哲学の持ち主、我らのカリスマ百姓が逝って一年が経とうとしている今、畑に流れる夕べの空気はひどく冷たい。

[PR]
by midori-net21 | 2008-10-20 18:41 | 農的生活・喜怒哀楽
<< 秋の夕暮れ 散歩ともだちと一緒... 秋晴れの畑で 収穫と実技の習得... >>