秋晴れの一日 高原で見つけた青い実 3.

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_1855047.jpg
 ソヨゴ(戦 別名フクラシバ モチノキ科 Ilex pedunculosa Miq.)の実。雌雄異種だが、実がつくまでは見分けるのは難しい。寒さに強い常緑広葉樹として庭木に用いられるが、信州木曽山中などに多く自生しているそうだ。「ソヨゴっておもしろい名前だな」と思っていたら、葉が風にそよそよ音をたてること、つまり戦(そよ)ぐから来ているという。 *ネット検索すると、和名は「冬青」となっているのを見かけるが、私が調べたのは、北隆館の「原色樹木大圖鑑」である。

 日がよく当たる場所の実は、下の画像のようにそろそろ赤みを帯びてきた。これが冬には真紅となる。それを見るのが待ち遠しいような、そうでもないような……。まだ9月なのに、寒さに向かってまっしぐらという気配だから。
d0035025_1829155.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2008-09-27 18:37 | 八ヶ岳の里山を歩けば…
<< 祝 北杜市市制施行四周年記念式... 八ヶ岳南麓 秋雨が止み、空がう... >>