ソバの花が咲き出すころ、畑のトウモロコシ再び受難……!

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_18283141.jpg
 急に冷え込んだ小雨の朝、目覚めると予報通りどーんより秋の空。ハッキリしないこういう天気には先制攻撃しかないと、さっさといつもの道を上ることに決める。二週間ほど前は小さな芽が出ていたソバの丈がぐんぐん伸びて、愛らしい花が咲き始めている。
d0035025_18404281.jpg
 ほどなく畑に到着。そして、そこで見つけたものは……。涙のトウモロコシィ

 約1ヶ月前「事件発生! トウモロコシを喰らった奴は、カラスか、タヌキか、それともシカか」と嘆き、県環境カウンセラーの月例会で騒いで以来の事件である。ショックで手も心も震えてしまいこの画像では分かりづらいのだが、いくつかのトウモロコシの穂の周辺が齧られ(または突かれ)ている。大事な穂がなくなっているって、どういうこと?! 
 前回は、「だれ? こんなことするの」と主にシカを疑ったのだが、被害があまりに小規模だったので、「ひょっとしてハクビシンか」という結論に近づいていた。環境カウンセラーの皆様お騒がせしました(T_T) 。それにしてもこの半端な突っつき方はどうだろう。ひょっとしたら、今回は悪名高きカラスなのか?

 今年は、余所では平年並みだったのにいろは畑のトウモロコシは出来が悪かった。それに加えてこの被害! どうせなら、余所の美味いトウモロコシを狙ってくれればねぇ、という嘆きのはたけ番^^;の気持ちはーーそう、秋雨のブルース♩

[PR]
by midori-net21 | 2008-08-23 18:55 | 庭・畦・小径でこんにちは
<< 上野千鶴子さん講演会「おひとり... 夏の終わりの午後 トンボの指定... >>