突風でトマトの柵が倒れる季節 畑で活躍したいろはサポーターたちに感謝!

 夏休みが始まってすぐの7月27日夕方の突風が、全国各地で被害をもたらしたのには驚いた。てっきり八ヶ岳周辺のミニ現象かと思っていたのだ。
 翌日の天気も不安定で、畑に出かけたのは夕方になってからだった。そして、そこに被害を発見した時は、「あれぇ〜!」と気を失って倒れたいほどだったが、足を踏ん張って持ちこたえる。
d0035025_2059072.jpg
 「あれぇ〜!」とは、過去5年の同じ時期、同様の事件に見舞われた時のやわな柵へのやわな反応である。今回のは、去年専門店で調達した本格的な雨除けだ。さすがに経験を積んだので、トマトを支える竹組みに何も問題はなかったが、外枠のパイプが一本曲がっているのを発見ーー風で相当強い力がビニール天井にかかったに違いない。風下にある保育所を見つめて、「飛ばされなくてよかった……」とため息をつく。
 
d0035025_21152331.jpg
 こういう突発的な事故のケアの人集めには苦労する。今回も来れたスタッフははたけ番^^;とどんぐりさんのみ。だから、昨夜メールを送ってお願いしたサポーター会員が4人も駆けつけて、テキパキと働いてくれたのには感激であった! 
 (^^)そうさね、スタッフ(正会員)は要らんかも、有能なサポーターがいればいいじゃんね ← だれ?
d0035025_21272353.jpg
 小一時間ほどの働きで、雨除けは、台風でもなんでも来い! と蘇った。ギラギラとした陽射しを浴びて、ふらふらと役に立たなかったはたけ番^^; だが、今宵は彼らに熱いハートで送りたい、多謝!
 

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-07-29 21:52 | 農的生活・喜怒哀楽
<< 平和な八ヶ岳南麓の朝 道端でオ... 7月2回目のいろは塾 嵐の前の... >>