事件発生! トウモロコシを喰らった奴は、カラスか、タヌキか、それともシカか?

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
d0035025_19284894.jpg
 今日は、甲府に出かけるため早朝畑に行き、妙な予感がして(ウソ!)いろは塾の畑に降りてみると、端のトウモロコシがよろっと傾いており、実の一本が食いちぎられ、地面には食べカスだけが残っていた。むむっ、穂を残してきれいに食べてある。カラスじゃないな、では? 混乱したはたけ番^^;は、地元生まれの<どんぐり>さんに相談した。

 「タヌキも(カラスも)皮は食べないけれど、シカだと何でも食べるから厄介です! 畑全部を囲わないと」これを聞いて、かなり気落ちしたはたけ番^^;だが、とり急ぎ甲府に向かう。今日は環境カウンセラーの定例会で、その目玉は「鳥類を主とする山梨の自然」(山梨大学名誉教授 中村司さん)がテーマの講演だった。やがて鳥類以外にシカの話も登場した時には、全身が耳になってしまったのは当然である。

 ニホンジカ (日本鹿 Cervus nippon  偶蹄目シカ科) と ニホンカモシカ(日本羚羊 Capricornis crispus 鯨偶蹄目ウシ科)の違いと共通点とはーー
 ・ニホンジカは群れて、ニホンカモシカは単独で暮す。
 ・足跡はよく似ている。
 ・シカは歩きながら糞をする。カモシカはため糞をする。

 というわけで、甲府からの帰りに長坂駅前の図書館で「山と田畑をシカから守る」(農文協)という本を借り、「シカだ、シカ! 足跡と糞をチェック」と、一目散に畑にもどり、心静かに観察したのだが、なんと足跡もなければ、糞も見当たらない。穂だけ残ったトウモロコシが朝の状態のまま転がっているだけ……。
 はてな? 人間でないことは、98%ほどは確かなのだが。夜も謎のままである。

[PR]
by midori-net21 | 2008-07-20 20:11 | 庭・畦・小径でこんにちは
<< キンレンカ 畑に植えてよかった... 田んぼの水元 三分一湧水に出か... >>