田んぼの水元 三分一湧水に出かけ、水温を計る!

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

d0035025_18582433.jpg
 古代米組田んぼの水は、八ヶ岳南麓に数ある湧き水の中でもよく知られた三分一湧水から来ます。さんぶいち、と読みます。さんぶんのいち、と言うと「あ、余所者」とすぐ分かります(笑)。十数年前は素朴で幽玄な雰囲気の漂う静かな場所でしたが、今はよくある感じの親水公園になっています。
 今日は近くの湧水館に用事があって来たので、ついでに湧水に親しむことにしたわけ。

   

 公園内には、左画像のような場所も残ってはいます。ごく僅かですが。
 右画像が、三分一湧水。案内板によると、「名前の由来は、その昔、湧水の利用をめぐり長年続いた水争いを収めるため、三方の村々に三分の一づつ平等に分配できるように工夫したことからきています。
 湧水は、利水権を持つ地区住民で組織する管理組合や地元住民によって管理され、農業用水として重要な役割を果たしています。
 湧水量は、1日8,500トン、水温は年間を通して摂氏10℃前後を保っています」


d0035025_1911403.jpg
 と言うわけで、田んぼ番^^;は計ってみた。えーと、ええっ、なんと8℃……冷たすぎるではないか、我らの可愛い田んぼには!
 
d0035025_1919195.jpg
 だから、みんなこうして工夫をこらすわけなのだ。三分一からの帰り道を下りながら、あちこちの田んぼの前で停まり、観察したり、水温を計ったりで大忙し!?

   

左画像。三分一から100mほど下れば噂の古代米組田んぼ。今日は温かく、用水路の水が20℃あった。田んぼ内も場所によっては30℃ほど。午後はもっと上がるでしょう。
右画像は、突然現れた田んぼ番^^;に驚いて飛び上がったニッポンアマガエルくんでした。ごめん!

[PR]
by midori-net21 | 2008-07-19 19:32 | いろは田圃の稲パワー!
<< 事件発生! トウモロコシを喰ら... 庭に咲く花 シデシャジンとガク... >>