梅雨たけなわの朝 水管理よりも草管理に気ぃつけろ! の巻

  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 7月9日朝、古代米組田んぼの前でなにやら真剣に話し込んでいる二人がいた。しゃがんでいるのが以前登場した八重子ばあちゃんである。
d0035025_19464810.jpg
  「ふーむ、問題は草だぞ、ほら見ろし」「日曜日に全員集まって草の扱いを習うからずっとよくなるはずだけど」「それにしてもなぁ……」と、八重子ばあちゃんの表情は暗い。「これじゃ、真夏には(稲は)草に負けちまうぞっ」
ちなみに背後に広がる管理の行き届いた田んぼの持ち主は、「この辺りで一番の働き者だ」とのこと。(むむっ。うちだって懸命に働いてんだけどぉ!)
d0035025_11464254.jpg
 それから、おばちゃんの関心は水に移り、水温が低い問題に集中する。水口からちょっと離れた辺りにどん! とブロックを置けと言い、そして、「ここはこう! そこもこう!」とテキパキ働き始めるのだった。さすがの年期!
d0035025_18133413.jpg
 ところで田んぼの入口では、田んぼ番^^;の夫が黙々と働いていた。ブロックや石をいろはフィーリングで組み合わせるのでなく、誰でもできる「水管理の目安」としての木製の堰を何枚か作って(先日お散歩中のカップルから受けたアドバイスに基づき)オーバーフロー式にしたいという。
 午後から再び雨脚が激しくなったため、その効果のほどは明朝点検しにいくことになっている。どきどき…。 はい、来週からは草管理も頑張ります! 
 (注)ばあちゃんの古典的水管理の画像は下欄へどうぞ。




    ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  
d0035025_11581633.jpg

 しゃがんで、自分の田んぼを見つめる八重子ばあちゃん。ーーなに想っていたの?
d0035025_1245464.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2008-07-09 20:20 | いろは田圃の稲パワー!
<< 古代米栽培 今は水管理だけを考... 畑のトウモロコシよ、頑張って自... >>