ポコちゃんに聞く 南の魔女の田んぼ水管理当番の心得とは・・・

 できれば南の魔女になって、水管理をフイフイッと思いのままにしてみたい……。
d0035025_1811461.jpg
 うかつにも朝寝坊……。田んぼまで飛んで行き、水の具合をボ〜ッと眺めていると、キキキッと軽トラが止まって畑の隣人Kさん(先日のKさんとはちがう方)が降りて来た。
「お早う、頑張ってるね。でもさ、逆やってるよ、ここんとこずっと……」同じ農道を通ってご自分の田畑に通っているKさんは、新米田んぼ番^^;の水管理ぶりについて気にしてくれていたらしい。逆? 逆って?
 
 「"朝止めて、夕かける" さ。この辺の水温は低いからね、そうすれば、昼のうちに水はあったまるから」(むむっ、ここんとこずっと "朝かけて、夕止め" ていたぞっ。あの "魔の朝" 以来。なんだ、逆やってきたのか、おぉ、のぅー!)

d0035025_18322328.jpg
 打ちのめされた田んぼ番^^;は、お昼を八重子おばちゃんとご一緒した後、気分
転換に仲良しポコちゃん(亡き師匠の愛犬)と散歩に出かけた。
「ねえ、ポコ、師匠がこりゃ愉快、わははと大笑いしてるって感じるけど、どう?」
しかし、忠犬ポコはそっぽ向いて、「へっ、あったりまえだワン」という顔で草をむしゃむしゃするばかりであった。


  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
[PR]
by midori-net21 | 2008-07-03 18:41 | いろは田圃の稲パワー!
<< ぐるり、と古代米田んぼを回って... 田んぼの畦マメの発芽が悪い理由とは? >>