田んぼの畦マメの発芽が悪い理由とは?

    田んぼには青空が、土手には可愛い畦マメが。みんな芽生えてくれれば仕合せなのに……。
d0035025_16454729.jpg
 古代米組のお田植えはマメ蒔きで始まったのだが、以来慣れぬ水管理に振り回され、水、見ず、みず見ばかりですっかりお豆さんのことを忘れていた田んぼ番^^;に講師の尾形さんから連絡があったのは、土砂降りの6月29日の夜のことだった。
 「稲の生育は良いですよ(明るい声)。でも畦マメの発芽にかなりムラが(暗めの声)」と。「天気の良い日にでも蒔き直ししまぁす」と二つ返事をしたのだが、詰まる予定、すぐれぬ体調、マメさがし(ラッキー! まだ食べていなかった)する有様で、やっとこさ実行したのが昨夕と今朝にかけて。水際をよーく見れば、出て来たばかりの芽もあるようだが、念のためあちこちにノコ鎌使って蒔いておく。「えー、オレんとこだけ、なんで枝豆できないんだヨ」という嘆き組がいたらお気の毒だからね。
 
 この田んぼ愛が次の作業日には実を結ぶといいなぁ♪ と願いながら仰いだ八ヶ岳。
d0035025_17122453.jpg
  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 

d0035025_1717459.jpg 

畑では、6月第2週に蒔いた大豆がすくすくと生育中。

去年と同じくらい好調である。

あの時「大豆講座」に通っといてよかった、今年じゃ駄目だ。

※チャンスを逃さないはたけ番^^;

[PR]
by midori-net21 | 2008-07-02 17:14 | いろは田圃の稲パワー!
<< ポコちゃんに聞く 南の魔女の田... 畑からテントウムシダマシが消え... >>