クローズアップ古代米田んぼ お田植え後2日目

 6月24日(火)。朝5時に起きて、田んぼに出かける。なんだかイヤな予感がーーいや、全然しなかった。太陽を浴びて歩くのは久しぶりだから。

d0035025_1119821.jpg  
いつも「素晴らしい景観だったのに、電柱が惜しい……」と感じる曲がり角である。
古代米田んぼはここから至近距離にある。

(注)野菜畑はそこをさらに登った地点。

d0035025_11252093.jpg 


昨日尾形講師が苗をいくつか植え直してくれていたので、気楽な散歩気分で到着した途端、眼を疑う!
 
溝にはまだ水があったが、田んぼが紅茶色の土となって日光浴していたのだ。



 田んぼ番^^;仁王立ちになったまましばし固まる。数十秒後正気に戻り、頭真っ白のまま近くのKさんの家に飛んで行く。「よう、早いじゃんか」たまたま畦の上に立っていた彼に泣きつく。「あそこのこたぁ、分からんな」と言うのをせかす。仕方なく現場に駆けつけ、用水路に降りて取水口近くの石をゴトゴト動かすKさん。どこのこともちゃんと分かっているのである。
 しばらくして用水路に水の塊がすいすい流れてきた時には狂気した。我田引水に徹し、石を工夫する。そのまま放って帰宅してーーやれやれ、朝ご飯だ。
 ほんとに有難う、Kおじちゃん。きっと自分の田んぼの水をチェックしていたんだね。
  

(左)畦まで冠水 撮影時刻10:09 (真中)撮影時刻14:57 (右)苗代のあった畝の土に高低があり、要注意。


  はたけ番mizki^^; ブログランキングに参加中。1日1クリックをお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  
[PR]
by midori-net21 | 2008-06-24 16:19 | いろは田圃の稲パワー!
<< クローズアップ古代米田んぼ お... クローズアップ古代米田んぼ お... >>