農のいろは塾 家庭菜園で思いっきり夏野菜の手入れを!

d0035025_9207.jpg
 森では郭公が、野では雉が啼き、心地よさが目から耳から飛び込んでくる季節。八ヶ岳南麓の野菜畑からグリーンなお知らせをお届けします。
 昨日の朝のこと、畑の片隅で草むしりをしていたら、コゴミやウドの下に隠れて可愛いミョウガが生育しているのを見つけました。うっとうしい季節とはいえ、植物にとっては恵みの時。夏野菜は今から梅雨どきにかけての手入れが大切です。
 今回も、いろは塾の師である "お百姓さん" の教えを活かして、トマトの芽かき、トウモロコシ・スイカの手入れなど夏の収穫に向けたいろいろな作業をします。

 また、イタリア野菜のパープルカリフラワーやとんがりブロッコリー(ロマネスコ)は収穫時期を迎えます。4月に植付けたリーフレタスもすっかり大きくなりました!
お茶の時間には目に楽しいボリジやキンレンカ(ナスタチウム)の花のサラダを味わいます。どうぞ奮ってご参加下さい。

 日時  6月8日(日) 9時〜13時ころ
 会場  北杜市長坂町小泉保育所駐車場から徒歩10分の畑
 参加費 1,000円(カップル料金1,800円)
 持ち物 弁当、飲み物、作業のできる服装

 〜 昼食は、作業中にゆっくり確認できないような疑問点や質問、野菜栽培情報の交換などのための時間です。ぜひお弁当持参でご参加ください 〜

[PR]
by midori-net21 | 2008-05-29 09:23 | いろは塾 2004ー2009
<< ある女王蜂の死 農のいろは田んぼで古代米体験 ... >>