5月の農のいろは塾 今年も工夫とチャレンジを続けます

    〜 画像の左下に紺色帽子を冠った謎の人物がいます。だーれだ? 〜
d0035025_13561819.jpg
 目が覚めるほどの五月晴れだった去年にはおよばないものの、5月18日は風もなく穏やかな一日だった。昨日は強風、今日は雨なので、天気がずれていたら悲惨だったかも。
 さて、今回の作業は以下の通り。
 1. ジャガイモの手入れ(芽かきと土寄せ)
 2. ネギの手入れ(土寄せ)
 3. トマトの植付け6種(ミニトマトアイコ、レッドオーレ、大型寿福ほか)
 4. コンパニオンプランツ(トマトとニラ)
 5. ピーマンとトウガラシの植付け
 6. スイカ2種とマクワウリの植付け(ビニールトンネルかけ)
 7. トウモロコシ 苗の植付けと種蒔き
 8. 落花生の植付け

   
 左画像は2。ワラを用いるのが師匠のやり方  右は3。去年はノビルを用いたが、消えてしまって効果のほどが不明だった。今年は畑に植えてあったニラでチャレンジ。
 5月のおやつ 
d0035025_1251534.jpg
 待ちかねていたお茶の時間。高原で飲む熱いハーブティー(カモミール、レモングラスとミントの二種類)は格別です。
    おやつは、ルバーブジャム添えクラッカー。
はたけ番^^;が、畑のルバーブでつくったもの。繊維が残り見かけは悪かったが、味は好評。 「2〜30人分をつくるには、ルバーブ一株では足らないなぁ^^;」

 
こちらが、謎のおばあちゃん。

 彼女は、20年間低農薬・有機手づくり野菜のスタンドを営んでいたプロである。昨年11月に夫を亡くし、今年は自家用の畑に専念することにしたため、エネルギーが余っている。というわけで、夫の息のかかった「農のいろは塾」に飛び入りーーそう、亡き師匠の奥様、八重子ばあちゃんなのだ。
 ばあちゃんは始めのうちは座って眺めていたが、段々作業現場に近づいてきて、遂にもう我慢できないっとばかりにクワを握って働き出したのにはびっくり。腰は曲がっていても元気いっぱい! 八重子ばあちゃん、これからも、よろしくお付き合いくださいね。 




   ・   ・   ・   ・     ・   ・   ・   ・   
[PR]
by midori-net21 | 2008-05-20 13:00 | いろは塾 2004ー2009
<< イタリア野菜に悩む トスカーナ... 農のいろは田んぼで古代米体験 ... >>