古代米栽培 11日のわくわく観察会を前にのぞき見

d0035025_17465950.jpg
 おっかなびっくり種モミを播いたあの日から1ヶ月が過ぎ、今は風薫る5月。一年で緑が最も綺麗に見える季節です。11日には「稲の成長をどきどきしながら見る会」が、25日には畦や土手の初めての草取り会が行われます。
 ずっと辛抱強く待っていたのですが、連休最終日の今日はあまりにお天気が素晴らしく、好奇心に負けて、こっそりタフベルをめくって覗いてしまいました。ふふふ、こうやってツンツン生育中であることを確認。よかった〜っ! 
 ニューフェース田んぼ番mizkiのレポートでした。

[PR]
by midori-net21 | 2008-05-06 17:59 | いろは田圃の稲パワー!
<< 新緑の農のいろは塾 夏野菜の準... 八ヶ岳南麓 道ばたや庭にも春爛漫 >>