八ヶ岳南麓 道ばたや庭にも春爛漫

d0035025_18135724.jpg
 里に春が来た、来たぁと感じるのは、道ばたや林や庭の片隅に "常連さんたち" がふぃっと現れる時です。「今年も会えてよかったね」と握手はできないけれど、声に出したくなるほどうれしい! 上の画像は、4月28日夕方ころのニリンソウ[Anemone flaccida]です。

d0035025_18263043.jpg
 毎春、出会う度に見とれてしまう楚々としたヒトリシズカ[Chloranthus japonicus]さんたち。

d0035025_18291889.jpg
 この花が道ばたに咲き乱れていた頃もあったという伝説のサクラソウ[Primula sieboldii]。地域の愛好家からのいただきものです。小さな萌葱色の蕾、見えますか?

d0035025_18303198.jpg
 日が沈みかかる時刻、西の窓から見えたリョウブ[Clethra barbinervis]の若葉。その輝きは、忙しかった一日へのご褒美かな。「おつかれさん、また明日!」と。

 今日30日は、ここ八ヶ岳でもクルマがガソリンスタンドに押し寄せ、いつも行く JAのスタンドには「レギュラー、ハイオク、売り切れ」との張り紙が……。こうして4月は去っていく。万事受け身の一般大衆にとってなんだか侘しくないですか、2008年春・道路特定財源、ガソリン暫定税率をめぐる大騒ぎって。
[PR]
by midori-net21 | 2008-04-30 18:35 | 八ヶ岳の里山を歩けば…
<< 古代米栽培 11日のわくわく観... 冷たい春雨 ひっそりと咲く富士... >>