5月下旬 畦で見つけた植物

d0035025_1994347.jpgシロツメクサ
丸い花は、たくさんの小さな花の集まり。アカツメクサも含めて、英名クローバ。ともに、枯れ草が江戸時代に輸入したギヤマングラスの梱包用に使われたので、詰草(ツメクサ)の名がついた。明治時代以降は牧草として繰り返し移入され栽培されていたという。
♧ ちなみにわたしは、この花のアレルギー。花を良く見るとかわいいので、数本コップに挿してキッチンに置いたら、くしゃみと鼻水。かつて、庭にいっぱい咲いていた過去があるからか。<フキノトウ>
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-27 18:48 | 庭・畦・小径でこんにちは
<< 北日本は低温注意 5月の畑 ボリジの花が咲いた >>