2007年 はたけ番の十大ニュース 7. 勉学の秋には研修に出かけた!

d0035025_20283961.jpg

 研修旅行の目的地は飯山市と大津市でした。どちらも初めての訪問です。上の画像は飯山市での昼食、天ぷら蕎麦。蕎麦の舌触りが滑らかなのはオヤマボクチの葉を挽いて混ぜ込んであるためだそうです。信州蕎麦を満喫しましたが、グルメ研修ではありません、念のため(笑)。

10月3日(水)長野県飯山市「千曲川・花の里山風景街道」の視察へ
 飯山市は奥信濃にある、面積202.32k㎡、人口約2万5千の小さなまちです。映画「阿弥陀堂だより」の舞台になった美しい風景の残る土地と言えば、「あ、あそこか」と分かってもらえるでしょう。
 信州と甲州はお隣同士ですが、さすが新潟と県境を接する奥信濃は遠く、日帰り研修は少々きつかった。この研修は八ヶ岳風景街道の会によるもので、長く景観づくりに取組んでいる大先輩の飯山市を視察するのが目的でした。
 行ってみての感想はーー詳しくは、こちら八ヶ岳風景街道ブログ長野県飯山市・視察報告に詳しいので、ぜひご覧ください。素敵な写真もたくさんあります。
 私にとって特に印象に残っているのは、(春には菜の花が咲く)フラワーライン(電柱やガードレールなど人工的工作物のない)と、対岸の「阿弥陀堂」へ登る小道や手づくりの棚田、そしてゆったり蛇行する千曲川の眺め。コンクリート護岸を自然の風景にもどしたという河原が心懐かしかったです。もっと長く居たかった "いいまち" でした。

 ^^; 人工的風景や工作物が多いのは、田舎にとって何の自慢にもなりません。周囲から浮き上がって見えるものは景観上問題があります。都会を志向する中途半端なまちづくりが日本中に多くなりましたが、「田舎の何に旅人や都会の人が惹かれるのか」「自分たちが受け継いできた良いものを変えずに活かせないのか」など身内以外の人々の視点に興味を持ってほしいものです。 [参考サイト] 日本風景街道〜シーニック・バイウェイ・ジャパン〜。2007.12.17付けで日本全国から91ルートが登録され、その中の関東地方13ルート中に八ヶ岳風景街道も入っています。

d0035025_950394.jpg
 11月2日(金)男女共同参画宣言都市サミット参加のため滋賀県大津市
 上の画像は、2日目の琵琶湖クルーズ(記念事業)の一幕です。 (下欄へつづく)




 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 午前の分科会は「みんなで話そう・男女共同参画って?」に、午後は「フルートとピアノの演奏」に参加しました。日本最大の湖、琵琶湖(湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。法律上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、正式名称は「一級河川“琵琶湖”」であるーwikipedia)。クルーズはーー湖がない北杜市民にとってはーー旅行情緒を満喫させてくれる時間でした。
d0035025_17295550.jpg
 上の画像は、熊本県天草市、福岡県八女市、福岡県那珂川町、埼玉県北本市、三重県四日市市、福井県敦賀市、滋賀県大津市の首長たちによる「全国男女共同参画宣言都市サミット in おおつ」での共同宣言(平成19年11月2日)発表。下記が共同宣言からの抜粋です。

1. 男女の個人としての尊厳を重んじ、性別による差別的取り扱いを受けない社会をめざします。
1. 女性の社会参画の拡大を図るため、男性も女性も一層の意識改革をすすめます。
1. ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を図り、女性の更なるチャレンジによって社会に活力を創出します。
   ___________________________________
はたけ番^^;のコメントを少々・・

 ◎ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは、今あちこちで耳にする言葉で、来年早々開催される北杜市男女共同参画フォーラムのテーマにもなっています。私の理解では、これは男性の働き方を問う意義も大きく、生き方に "更なるチャレンジ" を期待されているのは、男性でもあるのです。
 ◎大津市訪問を前にわくわく期待していたのは、かの嘉田由起子県知事のお姿を拝見することでした。しかし、来賓席から祝辞を述べに現れたのはーー代理の方とあって、一同、ざんね〜ん!

[PR]
by midori-net21 | 2007-12-28 09:51 | 地域活動の現場 レポート
<< 2007年 はたけ番の十大ニュ... 2007年 はたけ番の十大ニュ... >>