11月のいろは塾 カヤ刈って、畑片付けて、風除けつくって、お茶!

 11月18日。今は亡き小林師匠に黙祷を捧げてからスタートした。
d0035025_10355120.jpg
 快晴の朝、風花が舞う中いろは畑から徒歩で数分ほど下ったカヤ畑に向かう。ぶ〜ん、ぶ〜んと刈払機で、ざっ、ざっと鎌でカヤ刈りをした。軽トラに積込みロープがけ作業をしていると、しみじみ「冬が来たなぁ」と感じる。

d0035025_1036916.jpg
 いろは畑にもどって、ネギ、大根、人参など最後の収穫をする。ぼやぼやしていると凍り付いて引き抜けなくなってしまうのだ。

d0035025_10362781.jpg
 最後に八ヶ岳おろし対策。先月播いたホウレンソウの可愛い芽のためにカヤで風除けをつくる。この日の夕方にはぱらぱらと霰のような雪が舞った。初雪だ!

     
 この日のお茶うけはデラックスだった。メインの栗の渋皮煮のほかに差入れの栗の砂糖漬けと奈良漬けもあった。5分間発表は"どんぐり"さんが甲州小丸(柿)で干し柿づくりのコツを披露した。紐でくくった後、熱湯につけるのが秘訣。

 うちの庭の富有柿は今年は250個くらいの実をつけたので、家人が先週がんばって吊るしてある。富有柿を選んだのは植木屋さん。「百目柿の方が大きくてよかったのに……」と今更仕方ない文句を言うはたけ番^^;である。

[PR]
by midori-net21 | 2007-11-24 11:00 | いろは塾 2004ー2009
<< 農のいろは塾 竹の野焼きと自然... 農のいろは塾 畑の冬支度  >>