「六ヶ所村ラプソディー」が北杜市にやって来る!


チラシは八ヶ岳オリジナル版。サイト 六ヶ所村ラプソディー in 八ヶ岳

昨年から全国各地で上映会が行われているこの映画をご存知ですか。
私が見たのはちょうど一年前のこと。東中野の小さな劇場(客席数97席)は
ほぼ満員でした。多くの有機、自然農の団体が応援しているそうで、劇場入口
(下の写真)に新鮮野菜を売るスペースがあったのがいい感じでした。

当日行われた鎌仲ひとみ監督のトークも本音モードで、「前作の『ヒバクシャ』
の時とちがってメディアが全然取り上げてくれないんですよ、本当に参りました
よぉ」と。それを聞いて、「北杜市でも上映会ができばよいけれど、難しいか
なぁ」と、やや悲観的な感想を抱いた私でしたが……。

今夏、まるで入道雲が湧きあがるように、この北杜市で上映の企画が持ち上がっ
たと聞いて驚きました。それも甲府に先がけてというのですから! 
主催者は八ヶ岳音楽倶楽部。そこのヨハナ・エリザベートさんが
お友達の歌手、UAさんと意気投合して一気に上映にこぎ着けたのだそうです。

 日時 10月12日(金) 上映 13:00  16:00   17:30
    (鎌仲監督のトーク&UAミニライブ 15:00  18:15)
 会場 長坂コミュニティホール(定員440名)
 前売り1000円 当日1200円、高校生300円、中学生以下無料

そういう訳で、ささやかながら緑のネットワーク21も協力しています。
でも、前売り券の売れ行きが予期したより伸びていないらしいのが気がかりで……。
監督のトークと歌が聞けるまたとない上映会ですよ。北杜市民がんばってます! 
ぜひお出かけください

_________________________________________

d0035025_16492651.jpg^^; マスコミはあまり報道しないようですが、六ヶ所村の核燃料再処理工場が昨年3月から試運転を始め、放射性物質を海や大気中に放出しています。
  青森県の農水産物の種類と生産量は全国でもよく知られていますが、汚染域は三陸沿岸だけでなく北海道から千葉まで広がると言われています。
  今年7月に起きた新潟県中越沖地震の後、11月に予定されていた本格稼働が来春に延期になっていますが、青森三陸の農海産物を安心して食べたい人は、無気力、無関心に陥ってはいけない。
この映画を見て、何が実際に起きているのかを知ってみませんか。

過去記事 農産物への影響は?  六カ所村ラプソディー上映会

[PR]
by midori-net21 | 2007-10-09 16:53 | 地域のイベント レポート
<< 八ヶ岳南麓で「六カ所村ラプソデ... 秋晴れ わが町の体育祭に行きました >>