台風去った野菜畑で見つけた秋

   

 心配させられた台風が行ってしまうと、日射しはすっかり秋の色になっていた。
気になって午後遅く出かけたのは、6月の農業体験で豆撒きをした隣町の大豆畑。畑の中にしゃがんで見上げると、かなりの大株に育っている(左画像)。葉もよく繁って頼もしい。両手で葉をかき分けて覗いて見ると、ほら、実がこんなについている(右画像)。7月に一度草取りと土寄せをしたが、8月は雨で作業中止となった。その間先生と担当者がせっせと働いてくれたのにちがいない。畑にはプロの趣が漂っていた。

 その足で我が畑にもこわごわ寄ってみた。あちこち倒伏したマリゴールドやらナスやら何やらが目立ち、アマの趣濃厚である。隣のいろは塾のトマトの雨除けはさすが無事だったが、手抜きしたうちのはーー惨めにクシャクシャッ。すぐ取り去ってしまったので、写真はありませんよぉ……。
 秋の日は短い。ウロウロしていたら、いつの間にか日が落ちていた。上の田んぼの稲さんたちは、こんなに元気。また明朝来ますからね、おやすみなさい。

d0035025_18474611.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-09-07 18:54 | 季節と天気と生きものと
<< 9月のいろは塾 日曜の朝、畑に... 秋の風 土手草刈ってハーブテ... >>