八ヶ岳南麓 〜人類の宝とは〜 ある塾生のガーデン訪問記

d0035025_1091258.jpg
 先日見事に晴れ上がった日の午後、図書館に行くついでにある塾生のお宅に立ち寄りました。高台にあるその家は陽光がさんさんと降り注ぐ恵まれた立地条件にあります。坂を上って庭に入ると西側にはこの通り。トマトには、農のいろは塾での実習を活かした雨よけがしっかり立っていました。しかも竹を用いたお手製です。

   

 左画像は、軒下から地中へと取り付けられた豆用の支柱とそれを支える短めの支柱。右は、植木鉢に取り付けられた輪支柱。これら全て天然素材の竹。この塾生のご夫君は建築家ですので、計算から生まれる無駄のない機能美が感じられますね。
 ^^; こーいうのを見てしまうと、はたけ番の雨よけなぞはちょっと表舞台には出せないなぁ(汗)と感じながら美味しいお茶をいただいて、帰路につきました。
 「あ、ホームセンターに寄るんなら、手前の田んぼに立ってる看板見てね。頼まれて書いたものよ。ま、感想聞かせて」と言われて5分ほど走り、見つけたものは……。
 
d0035025_1029841.jpg

 平和を愛する塾生らしい立て看板でした。こんもりとした小山を背に風にそよぐ青い稲田、きれいに手入れされた畦、すいすい飛ぶムギワラトンボーーこういう心安らぐ平和な風景がいつまでも続いてほしいものです。
 さて、下欄ではこの周辺から見える八ヶ岳の写真をお目にかけましょう。いつもとちょっと感じが違います。どれが赤岳か、すぐ分かりますよね?




  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
北杜市長坂町長坂上条付近から見える八ヶ岳です。
d0035025_10374983.jpg

[PR]
by midori-net21 | 2007-07-28 10:43 | 八ヶ岳の里山を歩けば…
<< 7月2回目のいろは塾 メインは... 梅雨の晴れ間に畑に行こう お山... >>