7月のいろは塾 2. 古老の鎌使いにご注目!

d0035025_17452763.jpg
 
 勝負はこの月! というわけで、7月はいつも小林師匠の「鎌の話(鎌の種類、選び方、使い方)」からスタートします。今回は、"どんぐり"リーダーが夏風邪で倒れたため、師匠にはお話だけでなく老骨に鞭打つ(あ、失礼!)実技もお願いしました。それから草取りの実習へ。鎌なんか持ったことないという多くの参加者がサッサ、サッサと無心の境地で鎌を動かす様子は、ちょっと感動的でした。

     
 (左画像)この日は、前回の復習としてトマトの芽かきと誘引。初心者には脇芽がどれだかよく判らず大騒ぎ。(右画像)ニンジンの間引き。皆さん、ニンジンはこの通りしっかり握ってお持ち帰りです。サラダにも良し、かき揚げにも良し、まさに生産者ならではの楽しみです。

   

 (左画像)ネギの土寄せ。まずワラまたは干し草を寄せてから土を。これは師匠に伝授されたやり方です。(右画像)あ、生ってる、生ってる! という声があちこちに上がったスイカ。3本仕立てにしました。他には、ピーマンの芽かきと支柱立て、インゲンの柵立てなど。

d0035025_18134823.jpg

 最後の作業は、在来種のマメ、シモシラズの種蒔き。その前に「えいやっ」っと蓋を開けて、冬場にみんなで仕込んだ堆肥を取り出します。いろは塾では肥料を用いないで野菜を育てていますので、まさにこの堆肥が頼り。7月ともなると、こうしてかなり減ってしまいます。
 八ヶ岳は一日姿を現さなかったけれど、どしゃぶりの雨の中を決行した昨年の7月と比べれば、途中日射しがきつくなったものの何とも穏やかな一日でした。
 
 あ、お茶うけ! これなしには終わらないいろは塾ですが、ご紹介はまた次回に……。
 
[PR]
by midori-net21 | 2007-07-12 18:31 | いろは塾 2004ー2009
<< 7月の農のいろは塾 3. 季節... 7月のいろは塾 またもや好天に... >>