4月のいろは塾 5. 今年初めてのお茶うけは何でしょう

  農のいろは塾では、2年前から休憩時間に「地域のお茶うけ」の紹介をして「田舎風お茶のひととき」を楽しんできました。最初の年は余裕がなく、ただのあめ玉とか煎餅だったような記憶があります、ははは。
 この2年間は、地元生まれで大の料理好きの"どんぐり"さんが調理を担当してきたのですが、今年はテーマを「季節のお茶うけ」とちょっと変えてみました。(そうすれば、新住民の出番ができるというもんだ。メニューも国際的になりうる!ーーただし、新住民全員が料理好きというわけではない、念のため)。
 というわけで、今回は "ホオノキ"さん(美術作家)が担当。つくったのは、今が旬の生のキクラゲ入り卵焼きと割り干しダイコンの酢漬け。("どんぐり"さんが、ツクシの炒め煮をつくってサービス……だから、季節プラス地域のお茶うけ、ね)。
 
d0035025_1813566.jpg

 画像は、お茶の前にポリタンクの水で手を洗う行儀のよい塾生たち。
 あの〜、卵焼きと酢漬けと炒め煮の写真はって? スミマセン。食べるのに夢中で、カメラの存在すら忘れきっていたというありがちなお粗末……。「あ、もう卵焼きないの?」という声も出たように、そういうスタンスでないと食べ物にありつけないほどの多人数であったことを、言い訳がましく申し添えておきます。 




  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
 せめてものお詫びに、今朝の撮りたて「森の妖精」を載せることにしました。でも、食用ではありません、念のため。(クリックすると拡大します。よく見てね)。

    

 ヒトリシズカ(一人静) Chloranthus japonicus センリョウ科 センリョウ属
 ワチガイソウ(輪違い草) Pseudostellaria heterantha ナデシコ科 ワチガイソウ属
[PR]
by midori-net21 | 2007-04-30 18:37 | いろは塾 2004ー2009
<< 5月2日は 八十八夜 4月のいろは塾 4. 種苗について >>