八ヶ岳南麓に「農のいろは塾」が生まれるまで

 あー、朝から雨になってしまった。昨日パソコンしごとがやっと終わり、夜明けとともに外に飛び出たかったはたけ番^^;としてはブータレている。そうかと言ってこの忙しいのに不貞寝もはばかられる。そこで、じーーっと最近再開したばかりのブログを見つめてみると、あることに初めて気がついた。それはなにか? ーー「いろは塾」が始まった2004年についての記載がまるでないことだ。なぜか? ーー哀れ、はたけ番が畑通いプラスその他もろもろに心身のエネルギーを使い果たしてしまい、かなり血の巡りがスローになっていたからにちがいない。

 それでは、時をさらに遡り、「農のいろは塾」が生まれるまでのお話をひとくさり、生みの親であるはたけ番^^;が歌い、物語ります ♫♬
d0035025_14425853.jpg
 今どこでも市民農園が大人気というが、12年前に八ヶ岳の麓に引っ越してきたはたけ番夫婦も平凡ながら野菜づくりに憧れていたわけだ。そこで地元の知り合いに頼んで畑を借りたのが2002年春。小型管理機を借りて、喜々としているこの勇姿ーーこれは、はたけ番夫。毎日喜々としてくれればよいのだが、東京ベースで仕事をしているため、なかなかそうなってくれないのが困りもんである。
 実は、この畑は石ころだらけ、スギナだらけという代物だった。まちがった畑に管理機をかけちゃったため、いいですよ〜、ここで、と借りちゃったもの。だから、そこでは豊かな実りの記憶なぞない。戦前戦後の開拓者たちの苦労を偲びながら、経験もなく、知識もなく、頭も腕も悪いはたけ番^^;は、「あの〜、なにか植えるんですかい?」と近くの人に聞かれるほど、年がら年中石取りとスギナ抜きに追われるうちに、はっと気がつくと、汗と涙の二年が過ぎようとしていた〜♪

 雨よ有難う、こうして来し方、行く末をじっくり考えることができたのも雨さまのお蔭。雨よ、降れ降れ、でも21日夜には止まってね……。 ^^; おしゃべりは続きます。
[PR]
by midori-net21 | 2007-04-16 15:21 | いろは塾 2004ー2009
<< 八ヶ岳南麓に「農のいろは塾」が... 農のいろは塾 八ヶ岳の麓で4年... >>