また一難が去って…もう大丈夫?

d0035025_11361439.jpg明日から天気が崩れるとの予報。朝8時から畑レスキュー隊員3名がジャブジャブと泥をさらった。去年はセリの宝庫だった辺りだが、今年はこうやってかき出すしかない。西の道路際の水路もしばらく使われていないために土や枯れ草が積もっている。ここもさらわなければーー黙々と励むうちに小一時間が経過し、排水パイプへ流れ込む水音が聞こえ出して、ワ〜イ (^_^)v
田んぼが休耕になるとどうなるか、(特に田んぼにとって大切な)水とどう付き合うのかーー身体で学習できたのは貴重である。ポイント獲得!
[写真 疲れて看板に寄りかかっている私たちではなく、役立ってくれたすぐれモノの道具たち]
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-05 11:56 | 農的生活・喜怒哀楽
<< ここの畑に多様な植物が見つかる理由 5月上旬 畦で見つけた植物  >>