サブ師匠、排水パイプからワイルドに泥をかき出す

d0035025_18542267.jpg夕方、サブ師匠が来てくれた。「午後見に来て、水詰まりの原因を突き止めたよ」だって。第一に、我々が掘ったつもりの水路の深さが足らないこと。第二に、西側道路際の水路につながるパイプ(写真)に泥が詰まっていること。「両方とも手で(!!)泥をかき出したら、やっとちょろちょろ流れ出したけどさ」と。なるほど、確かに水が流れ出ている。
先日、細腕三人で「これ、な〜に」と首をひねった地中のあの塩ビのパイプは、先人達の苦労の跡だったのだ。

よって、明日からまた交替でドブさらいが始まる、ギャア! 手で泥をかき出したという親方方式を、即座に名付けて「ワイルド農法」ーー私たちのは、まだまだ半端農法のようだ(詠嘆)。
[PR]
by midori-net21 | 2005-05-04 18:57 | 農的生活・喜怒哀楽
<< 5月上旬 畦で見つけた植物  明日は雨ー−大丈夫だろうか >>