ピンポン玉のような雹(ひょう)が降った翌朝

(写真はクリックすると拡大します)
  

いやぁ、昨日は驚きました。「落雷で交通網打撃、国道に土砂流出 JRダイヤ混乱
県内、降ひょうで果樹に被害も」と 8月13日付山梨日々新聞 記事にもあるように、「上空に寒気が入り込んだ影響で雷雲が発生し、各地で一時激しい雷雨になった。(中略)北杜市や富士河口湖町の一部などで、大雨に交じってひょうが降った。北杜市ではブルーベリー園の実が落ちるなどの被害が出た」のですよ!

いろは畑があるのは北杜市の北部。誰が暴れているのかと思うほどバタンバタンと大きな音がし始め、テラスを見ると小さい水晶の塊に混じってピンポン玉も落ちてくる! 「こりゃあ、トンネルも残りのスイカもやられたな」と覚悟したものです。近場で暴れていた雷も相当怖かったですが(以前モデムとパソコンもやられた!)、ひょうにはびっくり。この地に住んで12年になりますが、あんなの初めてです。やはり、高原ならではの現象なのでしょうね。

写真左は<丈夫な向日葵と朝から働き者のハチさん> 右は<丈夫さで競うアーティチョークの花> スイカが一つパックリした他は、大きな被害はありませんでした。
いろは塾の奇跡か!  <報告者 はたけ番>
[PR]
by midori-net21 | 2006-08-13 11:03 | 季節と天気と生きものと
<< 雹(ひょう)の後 カラスの大暴... 真夏の恋の花 アーティチョーク  >>