そろそろ終わり 「将来有望」のダイコンソウ

(写真はクリックすると拡大します)
   

私たちが借りている畑の周辺はコンクリートの圃場整備が行われなかったので ーーあぁよかったよかった (^^)、先人による手作りの田んぼが残り、畦などに本来の自然が息づいています。それを「意識して大切にしよっ」というのが、今年のいろは塾の目的の一つでもあります。
なかなか野菜に気を取られて難しいのですが、入口付近に野草コーナーをつくり、マメに草取りをするようにしています。

左写真は、先日まで夕陽を浴びて咲き誇っていたダイコンソウ。右は一昨日のもの。
ダイコンソウは、バラ科ダイコンソウ属。明るい黄色がいつまでも眼に焼き付きます。花言葉が「前途洋々」というのもうなずけますよね。
[PR]
by midori-net21 | 2006-07-09 15:10 | 庭・畦・小径でこんにちは
<< 上見て「あ〜あ」、下見て「あ〜... 緊急! 講演会「キューバ都市農... >>