切り返した堆肥、だいじょ〜ぶ?

(写真はクリックすると拡大します)
    

快晴つづき。でも八ヶ岳おろしが吹きすさぶ日は肩を怒らして畑に出かけます。堆肥場は、ご覧のとおり、12日に頑張ったみんなの工夫でシートにしっかりおくるみされていました。中が発酵しているかどうかーーじーっと透視してはみたけれど、なんにも見えませんでした(笑)。でも、ね、ね、きっと大丈夫!

(写真左 南側下方に見えるのは小泉保育所 | 写真右 東遠くの方に見えるのは秩父の山々) 
[PR]
by midori-net21 | 2006-02-18 10:04 | 農的生活・喜怒哀楽
<< 雪の前日 芝焼にブルルッとする 2月12日 青空の下、堆肥の切... >>